総力取材記事

新登場のヘルシー赤身牛肉、極寒ブリしゃぶ、生ホッキ貝、白糠は進化を続ける美食のまち

新登場のヘルシー赤身牛肉、極寒ブリしゃぶ、生ホッキ貝、白糠は進化を続ける美食のまち

大自然、アイヌ文化、歴史。映画とともに魅力を発信

美食のまちとして知られる白糠町では、町内各所で撮影が行われた映画『シサム』が今年秋に全国公開を迎える。シサムはアイヌと和人との歴史を描いた人間ドラマ。アイヌ文化の魅力を白糠町の雄大なロケーションとともに全国へ発信するプロモーションとして、白糠町に寄せられた企業版ふるさと納税などが活用されている。

太平洋に面した北海道白糠町。今秋、全国公開予定の映画『シサム』は町内で撮影が行われ、白糠の豊かな自然が舞台になっている

最高の技術を注ぎ、最高のチーズを作る

本誌でも多くの白糠グルメを紹介してきたが、美食のまちの魅力はまだまだ尽きない。

まずは、全国のチーズ好き垂涎のナチュラルチーズから紹介しよう。

「白糠酪恵舎」は町内でとれる搾りたての生乳だけを使ってチーズを作る。搾りたての新鮮な状態をできるだけ保つには、生乳に酸素を入れず、脂肪を壊さないように、振動を与えずに運ぶのが重要だという。運搬をはじめ、製造工程でも、生乳に与えるストレスを徹底的に排除することが、おいしいチーズに直結するからだ。

白糠酪恵舎のチーズ熟成庫。ゆっくり静かにおいしいチーズが育つ

そうして、毎朝運ばれる新鮮な生乳は、白糠酪恵舎の技術と愛情によって、おいしいチーズに生まれ変わる。

白糠酪恵舎 代表 井ノ口和良さん。妥協を許さず心を込めて手作りするチーズは優しい味わいが特徴だ

出来上がったチーズはミルク感あふれる優しい味わいだ。料理に使ったときに、チーズも食材も引き立つイタリアのチーズ作りの理念が白糠酪恵舎のチーズのベースとなっている。

ソフトタイプの「スカモルツァ」、セミハードタイプの「トーマ・シラヌカ」、ウォッシュタイプの「ロビオーラ」。白糠酪恵舎で人気の高いチーズ3種を、各2個ずつセットでお届けする。

ソフトタイプのスカモルツァ、セミハードタイプのトーマ・シラヌカ、ウォッシュタイプのロビオーラをセットでお届け
森の中に佇む直売所

あっさり上質な赤身が自慢、ヘルシー牛肉に注目!

海からも、山からも、魅力的な食材が続々登場するのが美食のまち、白糠の奥深さといえるだろう。昨年、ラインナップに加わったのは、町内で生産される「白糠牛」だ。総合食肉企業の「エスフーズ」と道内老舗の「田村精肉店」が加工を担う。肉質は、脂肪控えめのヘルシーな赤身。あっさりとして、食べやすい口当たりが特徴で、「サシたっぷりの牛肉はどうも苦手」という人にも、「この肉ならたくさん食べられる!」、「胃にもたれにくい」と好評だ。

白糠牛 手切りカルビスライス。まずは王道の焼き肉で楽しみたい。あっさりとした味わいは、胃にもたれにくいと好評で、お子様やご年配の方にもおすすめ

王道の焼き肉で楽しんでほしい「手切りカルビスライス」は、職人の手で丁寧に筋などを取り除いてスライスされている。ご家庭でも、バーベキューでも、たっぷり楽しめるサイズだ。

職人の手で一枚一枚丁寧に加工される「白糠牛 手切りカルビスライス」。赤身×サシの絶妙なバランスの本格焼肉をぜひご家庭でも!

「肩ローススライス」は、ぜひ、すき焼きで楽しみたい。試行錯誤を重ね、肉のうまさが一番に感じられる、ちょっと薄めのスライスにこだわったそうだ。手切りカルビスライスと肩ローススライスをセットにした白糠牛食べ比べセットもおすすめだ。

白糠牛 肩ローススライスは、きめ細かい肉質に加え、風味がよく、程よい食感と濃厚な味が特徴。すき焼き、しゃぶしゃぶで楽しみたい

1㎏とボリュームのある「ウデ・モモ」のスライスと切り落としのセットは、すき焼き、プルコギ、肉じゃがと応用範囲は広く、1パックずつ、必要な分だけ使える使い勝手の良さがうれしい。

肉じゃが、プルコギなど使い勝手は抜群。お助け万能食材として冷凍庫に常備しておきたい「白糠牛 赤身1㎏セット」

スライスは400g入りが2パック、切り落としは200g入りが1パックの合計3パックでお届けする。ぜひ、冷凍庫に常備しておきたい。

白糠の新定番が登場!極寒ブリと生ホッキ貝

近年、北海道でブリが豊漁となっている。荒波を超え、道東へ北上したブリはたっぷりと脂をまとった極上の味わいだ。「イミュー」は、この白糠産ブリを「極寒ブリ」と名付けてブランド化、いち早く全国へ発信している。

すべての極寒ブリは船上で血抜きをし、背骨に沿って神経を破壊する「神経締め」という特殊な処理を行う。こうすることで長時間、鮮度を保つことができるのだ。

鮮度抜群のブリを加工するのは白糠町内に新設されたイミューの加工場。白糠オフィス所長の佐藤 陽さんに話を聞いた。

イミュー白糠オフィス所長 佐藤 陽さん。「地域に貢献しながら白糠の魅力を全国へ発信したい。働く人が誇れる地域や企業にすることが目標です」

「極寒ブリは、鮮度はもちろん脂も旨みも極上の味わい。こだわりの原料と加工がおいしさの秘訣です」と話す。

極寒ブリは9~12月の3ヵ月間の水揚げ。脂の乗った7㎏以上の大型だけを選別する

極寒ブリは、ご飯に乗せればすぐに食べられる「漬け丼の素3種セット」と「ブリしゃぶ」の2種類で紹介している。

極寒ブリ漬け丼の素セット。甘辛醤油だれのりゅうきゅう九州風、白糠オリジナルしそ風味、白糠オリジナル柚子胡椒風味の3種類
極寒ブリはサッとだし汁に泳がせる程度で。だし用昆布、薬味、締めのラーメンもセットされている
一食分ずつ小分けでお届け

もう一つ、新登場したのは白糠産天然ホッキ貝の刺身としゃぶしゃぶだ。

生のホッキ貝の風味を楽しむために、しゃぶしゃぶする際には箸から離さず、湯がくのは数秒間で

「北海道内でも有数の水揚げ量を誇る白糠の天然生ホッキ貝を、珍しい刺身でお届けします。地元と同じおいしさを楽しんでください」と佐藤さん。

1〜5月に水揚げされるホッキ貝は白糠港から直接、イミューの加工場へ届く。一つ一つ手作業で内臓を取り除き、きれいに形を整えたホッキ貝は、生の食感を閉じ込める特別な加工を経て瞬間冷凍される。ご家庭で10分ほど流水解凍すれば、フレッシュな食感と甘みを感じられる白糠産ホッキ貝の刺身が味わえる。「しゃぶしゃぶはサッとお湯にくぐらせて。加熱しすぎは禁物ですよ」と佐藤さんが教えてくれた。

大型の新鮮なホッキ貝だけを選び、一つずつ丁寧に下処理をしている
極寒ブリ、生ホッキ貝を使った返礼品は神奈川県二宮町の「Kai‘s Kitchen」甲斐シェフとのコラボで開発

廃業の危機を乗り越えた!伝統の「本ししゃも」

「大森水産」の本ししゃもは、貴重な白糠産のししゃもに手で塩をふり、串に刺して乾燥させる。一番おいしい乾燥具合を見極めて乾燥機から取り出す製法は、創業以来60年以上変わることなく続く伝統の技だ。こちらの本ししゃもは強めに乾燥させ、旨みを凝縮するのが特徴。弱火でじっくり加熱して、ぷっくりと膨らんだら食べ頃だ。

高い人気を誇る大森水産の白糠産本ししゃも。旨みが凝縮した本物の味わいをぜひ

しかし昨年、後継者不在のため、大森水産は暖簾を下ろす決意をしたという。町内からも全国のファンからも存続を希望する声が上がるなか、伝統の本ししゃもの継承に名乗りを挙げたのがイミューだった。

現在、旧・大森水産社長の大森照子さん指導のもと、ししゃもを加工するのはイミューのスタッフたち。60年続いたおいしさを変えることなく次の世代へ伝える地道な努力が続いている。危機を乗り越え継承された貴重な本ししゃもをぜひ食卓へ届けたい。

大森水産 大森照子社長(右から2人目)と伝統を引き継ぐイミューのスタッフ

一点もののテーブルと手作りスウェーデントーチ

「木の持つ個性と向き合い、一番いいところを活かす物作りが楽しい」と語るのは「工房悠」の石井札造さんだ。

工房悠の石井札造さん。「木のよさをどう活かそうか、考えるのが楽しいんだ」

石井さんの作るテーブルはすべて一点もの。面白い表情や形を持つ材料が入った時だけ製作するというこだわりようだ。

緋桂のテーブル。唯一無二の一点ものだ
味のある木目、木肌の色が美しい

「このローテーブルは赤みのある色合いが美しい、希少な緋桂という木を使っています。自然の中で長い時間を経て増した味わいのある木肌が特徴です。ソファなどの前に置いても、ちょうどよい高さに仕上げました」

もう一つ、人気の返礼品が「スウェーデントーチ」だ。美しい年輪と樹皮を残すため、注文が入ってから製作するという。直径は約20㎝、高さは約30㎝、樹齢25年程度のカラマツなどを使用する。着火後、3時間程度火を保つことができる。また、キャンプ場などへ配送することも可能だ。

スウェーデントーチは着火用チップつきだが、「着火剤(別売り)を使うのもおすすめ」と石井さん

最後に紹介するのは、甘くて濃厚、食感も抜群のオホーツク産ホタテ。水温が10℃以下の、海水に近い塩分濃度の電解水で洗浄し窒素置換包装をしているため、抜群のおいしさと鮮度が長持ちする。さらに250gのパックで使いやすいと好評だ。

水温が低く、流れの速いオホーツクの海で育ったホタテは食感も味も抜群だ

白糠町では、町と事業者が協力し、定番の返礼品に加え、白糠の新しい逸品を生み出す努力が続いている。今後も新しいメイドイン白糠に注目したい。

柴田智広参事(左端)と白糠町スタッフの皆さん。「新たな逸品を探して、今日も町内を駆け回っています!」

白糠町のお礼の品のクチコミ

北海道白糠町

北海道産 白糠牛 手切りカルビスライス(8,500円)

2024年4月10日 13:11

しろちゃんさん

一枚が大きくて、食べ応えバッチリのサイズと歯応えに驚きました。肉の旨みが強くて、ワイルドな味わいです!!★うちは家族全員で白糠牛を楽しめて大満足です。また味わいたいと思うお肉でした。

参考になった

北海道白糠町

ほぐしたらこ 250g×2(4,000円)

2024年3月26日 13:28

もいさん

以前白糠町のいくらとエンペラーサーモンを食べて美味しかったので、今回はたらこを選んでみました。

ほぐされてチューブに入っているので、使い勝手がよく、すごく便利でした。
温めたうどんにバター、麺つゆ、レモン汁と一緒に和えて食べるたらこうどんが最高に美味しかったです。

参考になった

北海道白糠町

エンペラーサーモン(13,000円)

2023年9月2日 14:09

あさのんさん

エンペラーサーモン1Kg
腹、尾、背の部位が小分けの真空パックに入ってました。
キングサーモンを超え、エンペラーと言うのが納得な程、とても甘く旨味も抜群でした。

参考になった

自治体情報

北海道白糠町(しらぬかちょう)

こちらの自治体詳細

バックナンバー

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...