総力取材記事

流氷と海産物だけじゃない!よつ葉バターや昆布締め牛肉、レザークラフトなど銘品いっぱい

流氷と海産物だけじゃない!よつ葉バターや昆布締め牛肉、レザークラフトなど銘品いっぱい

新型ガリンコ号の就航で、ますます盛り上がる流氷観光

北海道オホーツク海沿岸の港町・紋別市。ホタテやカニ、サケ等の漁業や、酪農畜産業を中心とする農業、それらを原料とした食品製造業が地域経済を支えている。流氷が見られるまちとしても知られ、毎年国内外から多くの観光客が訪れる。今年の1月には3代目となる「ガリンコ号Ⅲ IMERU」が登場。

写真奥が「ガリンコ号Ⅱ」、手前が「ガリンコ号Ⅲ IMERU」。並ぶとIMERUの大きさが際立つ。Ⅱも引き続き運航されるので、ぜひ乗り心地の違いを楽しんでほしい

新型の魅力について、実験号から乗り続ける初代にして唯一のガリンコ号船長 山井茂さんに話をうかがった。
「IMERUは2代目よりも速度が速くて馬力があるから、2代目だと割れにくい厚い氷も砕くことができるんだ。それに最近は温暖化の影響で流氷が減っているけれど、スピードが出るから遠くまで行けて、流氷に出合える確率が高まる。やっぱり流氷の中をガリガリって運航するのが楽しいよ。お客さんにもその楽しさを味わってもらいたいんだよね」
IMERUは客席も増えた。1階は流氷を一番近くで見られる席、2階はバリアフリー席、3階は客席がすべて窓に向いた席。山井船長がおすすめする場所は……?「流氷を見るならデッキに出るのが一番。寒い中で見る流氷が最高なんだ」。

タカラトミー製のチョロQ。流氷を砕く「アルキメディアンスクリュー」もしっかり再現されている

昔ながらの製法で作った、口当たりなめらかなバター

オホーツク海に面した紋別市は「漁業のまち」というイメージだが、内陸では酪農も盛んに行われている。「よつ葉乳業オホーツク北見工場」にはオホーツク地区から生乳が集められ、脱脂粉乳やバター、バターミルクパウダー、スキムミルクなどを製造している。中でもバターは単一工場で全国トップクラスの生産量を誇る。「よつ葉乳業が全国に占めるバターの生産割合は約24%。そのうちのおよそ半分をこの工場で作っています」(よつ葉乳業オホーツク北見工場 豊嶋英之さん)

10万平方メートルを超える広い敷地内に製造施設や生乳タンク、倉庫等が立ち並ぶ

大きな特徴のひとつが、連続的に生産できるバターマシンの他に、「チャーン」と呼ばれる昔ながらの伝統的なマシンを使ってバターを製造していること。チャーンはステンレス製のサイコロ型の機械で、ぐるぐると回転することでバターを製造する。

後ろの大きな機械が「チャーン」。ぐるぐると回転させてバターを作る

よつ葉乳業の中で「チャーン」を備えているのは、オホーツク北見工場のみだ。
「チャーン製法はとても手間がかかりますし、熟練を必要とします。でもチャーンにしか出せない『口当たりの良さ』があるんですよね。特に、乳酸発酵したクリームから作る『発酵バター』はベタッとしていなくて、口当たりがいい。味もバターそのものの甘さに加えて、ヨーグルトのような爽やかな後味があります」と豊嶋さん。
紋別市のお礼の品の中でも、たくさんの寄付者から選ばれている「よつ葉パンにおいしい発酵バター10個セット」。

ホイップされているためやわらかく、パンに塗りやすい。焼き立てパンにたっぷり塗って召し上がれ!

パターがホイップされているのでやわらかくてパンに塗りやすく、口溶けが良い。発酵バターのおいしさをダイレクトに楽しめる。
もうひとつ注目したいお礼の品が、オホーツク北見工場で作ったバター5種の詰め合わせ「よつ葉北海道バターオールスターセット」である。北海道限定発売の「北海道よつ葉バター」と「北海道発酵バター」は、前述のチャーン製法で作られており、なめらかな口当たりを楽しめる。この2つは「パンにおいしい発酵バター」と同様にカップ入り。「発酵バター」は料理やお菓子作りに使うのもおすすめ。クッキー作りに発酵バターを使うと、サクサク感が全然違うのだとか。瓶詰めの「伝統造りバター」と「発酵バター」も使いやすいと好評。
「北海道産の生乳を使って手間を惜しまず丁寧に作りました。一度食べてもらえれば違いがわかると思います。ぜひふるさと納税をきっかけに、よつ葉バターのおいしさを知ってください」(豊嶋さん)。

海とお肉のコラボに驚き!紋別新名物・昆布締め牛肉

地元の人はもちろん観光・ビジネスで紋別市を訪れる人たちがこぞって足を運ぶ焼肉店「焼肉酒庵 仲川」。上サガリや牛タンが人気で、お肉の品質の高さと店主の親しみやすさが多くの人をひきつけている。5年前の開業から現在に至る道程は、決して順風満帆といえるものではなかった。
「開店して2週間で隣接店舗からのもらい火事で全焼してしまったんです。でもやり直す以外考えられなくて、8〜9ヵ月かけて立て直して今の形で再オープンしました。数年かけてようやく軌道にのったところで、今度は新型コロナウイルス感染拡大です」(焼肉酒庵 仲川 店主 中川康太さん)

「地元に根づいた親しみやすいお店でありたいと思っています。ぜひ紋別に来た時には、気軽に立ち寄ってください」(中川さん)

この状況下でどう戦っていくか考えたとき、中川さんの頭に浮かんだのが「海とお肉のコラボレーション」だった。「オホーツク海の台所・紋別市の海の幸・昆布と、うちの得意分野であるお肉を合体させて作ったのが『流氷昆布締め』商品です。

店主が厳選したA4ランクの国産和牛を使用。昆布の旨みがたっぷり!
紋別市内のお店でも上位人気を誇る牛タンを、紋別産の真昆布で包んで熟成させた逸品

紋別漁業協同組合から直接仕入れた地物の昆布と上質なお肉を使って作っています。昆布の旨みとほどよい塩分がお肉に染み込んで、とてもおいしくなるんです。お肉の余分なドリップを昆布が吸い取ってくれるので、肉が締まって噛んだときにサクッとした食感を楽しめます。紋別は食材の宝庫だと思っていて。本当に質が良くておいしい食材がたくさんあるんですよね。今後もお店で提供する新商品を考えたり、ふるさと納税のお礼の品として全国に発信したり、色々チャレンジしていきたいと思っています」(中川さん)。

確かな味の北海道産米は、あえて「ノーブランド」

市内でお米の仕入れ・精米・宅配を手掛ける「北海屋H・K」。10〜15℃の定温保管、低温精米、つきたて(受注精米)を徹底している。

玄米で仕入れて15℃以下で保管し、注文が入ってから低温精米機で精米している

「銘柄はなくても、北海道の農家さんが作ったお米はおいしいと知ってもらいたい。その思いから、最もベストな保管・精米方法を徹底しています。訳ありとうたっていますが、安心して召し上がっていただける品質ですので、ぜひたくさんの人に食べてもらいたいですね」(北海屋H.K代表 寺田治記さん)。

自然の中の静かな工房で作り出すレザークラフト

市内中心部と海岸線を一望できる紋別山の山頂に、「CAFE&WORKS NAKAJIMA」という素敵なカフェがある。展望塔「オホーツクスカイタワー」に隣接しており、休日には市内近郊の多くの人たちが訪れる場所だ。木のぬくもりがあふれる2階建ての店内は、1階が吹き抜けのカフェ、2階が革製品の工房となっている。

工房の制作風景

この工房でオーダー品を中心に様々な革製品の制作を行う中嶋拓也さん。

カフェを運営する奥様とともに。忙しい時には中嶋さんも店に立つ

奥様とともに2年前に旭川市から移住してきて、お店をオープンした。
「自然を感じられるこの場所がとても好きなんです。ものづくりに没頭するのに、これ以上の場所はないと思います。制作しているのは、カバンや財布、スマホケースなど。基本的にはどんなものでもオーダーがあれば作ります。最近では『斧を入れるケース』というのも。素地はすべてタンニンなめしの革で、ミシンは使わずすべて手縫いで仕上げます。手縫いと機械ではステッチの仕上がりや、強度に違いが出るので」と中嶋さん。
お礼の品のコースターとスマホの充電ケーブルなどを束ねるクリップは、店頭でも人気の商品だ。細部にこだわりが詰まっているので、ぜひ実物を手にして確かめてほしい。

厚手の革でつくることでシンプルながらも存在感のあるコースター
散らかりがちなケーブルをすっきりまとめてくれるクリップ

ひと編みひと編み丁寧に、就労支援施設からお届け

就労移行支援事業所と就労継続支援B型事業所の2つの事業所を構えて市内で活動する特定非営利活動法人「みのり」。就労移行支援事業所とは、障がいを持っている方が2年間で就労に必要な能力を身につける訓練を行う場所。就労継続支援B型事業所は障がいにより企業への就職が困難な人のために、働く場所を提供する事業所だ。主な作業内容は契約企業での掃除やカレンダーの組み立てなど。近年はふるさと納税お礼の品の「カゴ」作りが利用者の大事な仕事となっている。

施設内の至る所で、利用者の方々が作ったカゴが活用されていた

「紙製のバンドを一列一列編み込んで作っています。最初はうまく作れなかった利用者さんも、スタッフに教えてもらいながら作業するうちに上達し、今では主力メンバーとして活躍されています」(みのり 施設長 鍋島満美さん)。
利用者手作りのカゴには、全国各地から申し込みがあるという。施設内には寄付者から届いた「お礼の手紙」が大切に飾られていた。

紋別市のお礼の品のクチコミ

北海道紋別市

35-22 【紋別産本ずわいがに使用】ずわいがにしゃぶしゃぶ 600g ( かに ずわいがに  高品質) (35,000円)

2022年6月4日 16:20

きょさん

初めて寄付しました。お正月にはやっぱりカニは欠かせない我が家。
お正月に実家に持って行き、大人6人、子供2人、赤ちゃん1人でカニ鍋をして頂きましたが、じゅうぶん満足できる量でした!!
しめの雑炊がたまらなく美味しかったです!!

参考になった

北海道紋別市

14-22 オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg)(12,000円)

2022年6月3日 17:02

アザラシ好きさん

テレビで見たホタテと塩昆布の炊き込みご飯が作りたくて、人気ランキング上位なこともあり紋別市さんのホタテを頼みました。

炊き込みご飯はホタテのエキスがしっかり出て、でも濃すぎず、奥行きのある味わいでした。

他にも生で食べたり、バター醤油にしたり、量が多いので色々とアレンジをして楽しめました。

解凍もすごく簡単だったので、またリピしたいと思います◎

紋別市さんはアザラシの保護活動に寄付できるので、アザラシ好きとしても寄付したくなる自治体です。

参考になった

北海道紋別市

12-65 訳あり 北海道ブレンド米20kg(5kg×4)(12,000円)

2022年6月3日 11:07

みとちゃんさん

訳ありということで少し不安でしたが、食べたら本当においしくて感動しました!
普段は小食の娘もモリモリ食べておかわりまでしていました。
炊いた次の日にお弁当に入れて持っていきましたが、次の日でもふっくらもちもちしていてびっくりしました。リピートします。

参考になった

自治体情報

北海道紋別市(もんべつし)

こちらの自治体詳細

バックナンバー

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...