「ふるさと納税」控除額シミュレーション

ふるさと納税という制度では、控除上限額内におさまる寄附であれば、寄附合計額から自己負担額2,000円を差し引いた分が、所得税・住民税から控除・還付されます(その年の所得税から還付され、翌年の個人住民税から控除される)。
控除上限額は収入の形態や金額、家族構成、お住まいの地域によって異なります。
そこで、当サイトでは、収入の形態・金額、家族構成を入力するだけで控除上限額を計算できる簡単なシミュレーションと、社会保険料や住宅ローン控除なども含めて算出する詳細なシミュレーションの2つを用意しました。寄附の目安としてお使いください。
なお、マイページの「控除額シミュレーション」に寄附上限金額を入力すると、あとどれくらい寄附できるのか、ひと目で分かる機能をご利用になれます。

家族構成と年収から算出!

「収入の形態・金額」、
「家族構成」など

書類を用意!

「源泉徴収票」、「確定申告書」の控え、
「特別徴収税額決定通知書
(住民税課税決定通知書)」など

詳細シミュレーション

※当シミュレーションは給与所得者を対象としたものです。

※平成31年1月現在の制度に基づいて試算しております。

※当サイトで算出された金額はあくまで目安です。ご承知おきくださいませ。

※シミュレーションを利用するには、本サイトで会員登録する必要がございます。

※詳細なシミュレーションで算出する際は、「源泉徴収票」、「確定申告書」の控え、「特別徴収税額決定通知書(住民税課税決定通知書)」をお手元にご用意ください。

※当シミュレーションは給与所得者を対象としたものです。個人事業主、年金受給者は「ひと目でわかる、ふるさと納税の上限額 個人事業主編」「年金受給者編」をご参照ください。

ひと目でわかる、ふるさと納税の上限額

給与所得者編

自己負担金の2,000円でできる寄附金額上限の目安を示した表です。家族構成と給与収入をもとに算出しています(仕組みとしては、かんたんシミュレーションと同じです)。

ひと目でわかる、ふるさと納税の上限額 給与所得者編

※表では、次のように略称を用いています。「配控」=「配偶者控除」、「特扶」=「特定扶養家族」

給与収入
(年間)
300万円
350万円
400万円
450万円
500万円
550万円
600万円
650万円
700万円
750万円
800万円
850万円
900万円
950万円
1000万円
1500万円
2000万円
独身、もしくは
配偶の
ない共働き夫婦
夫婦のみ
(配控あり)
夫婦(配控)なし

子(16~18歳)※註1
夫婦(配控)なし

子(19~22歳の特扶)※註1
夫婦(配控)あり

子(16~18歳)※註1
【前提条件1要素
社会保険料率
28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 15%
34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 15%
42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 15%
52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 15%
60,000 52,000 52,000 44,000 40,000 15%
69,000 60,000 60,000 57,000 51,000 15%
77,000 68,000 68,000 65,000 60,000 15%
97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 15%
107,000 98,000 98,000 83,000 77,000 15%
118,000 108,000 108,000 105,000 99,000 15%
129,000 119,000 119,000 116,000 110,000 15%
139,000 130,000 130,000 126,000 120,000 15%
150,000 141,000 141,000 137,000 131,000 15%
161,000 151,000 151,000 148,000 142,000 15%
171,000 162,000 162,000 159,000 153,000 15%
372,000 372,000 361,000 357,000 361,000 12.5%
536,000 536,000 525,000 521,000 525,000 11%

※「共働き」は配偶者の給与収入が201万円を超える場合を指します。

※中学生以下(15歳以下)は還付・控除に影響しません。「夫婦(配偶者控除あり)と子(15歳以下)」の場合、「夫婦のみ(配偶者控除あり)」の欄をご確認ください。
また、「夫婦(配偶者控除あり)と子(16歳以上19歳未満)と子(15歳以下)」の場合、「夫婦(配偶者控除あり)と子(16歳以上19歳未満)」の欄をご参照ください。

※上記の表はあくまで目安です。詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。

個人事業主編

自己負担金の2,000円でできる寄附金額上限の目安を示した表です。「確定申告書」の控え、「特別徴収税額決定通知書(住民税課税決定通知書)」をお手元にご用意ください。なお、下記の表はあくまで目安です。詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。

ひと目でわかる、ふるさと納税の上限額 給与所得者編
課税所得金額=課税される所得金額(⑨-㉕)or第三表⑨ *註1
住民税所得割額=都道府県民の税額控除前所得割額+市民税の税額控除前所得割額④ *註2

課税所得金額
(所得税)
自己負担が2000円で済む上限額
195万円未満 住民税所得割額×23.559%+2,000円
195万円~330万円未満 住民税所得割額×25.066%+2,000円
330万円~695万円未満 住民税所得割額×28.744%+2,000円
695万円~900万円未満 住民税所得割額×30.068%+2,000円
900万円~1,800万円未満 住民税所得割額×35.520%+2,000円
1,800万円~4,000万円未満 住民税所得割額×40.683%+2,000円
4,000万円以上 住民税所得割額×45.398%+2,000円

*註1
確定申告書の控えをご確認くださいませ。

*註2
特別徴収税額決定通知書(住民税課税決定通知書)をご確認くださいませ。

年金受給者編

自己負担金の2,000円でできる寄附金額上限の目安を示した表です。公的年金収入以外にも給与や家賃収入がある方は図Bをもとに計算する必要があります。詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。

ひと目でわかる、ふるさと納税の上限額 年金受給者編 *註3

※表では、次のように略称を用いています。「配控」=「配偶者控除」、「特扶」=「特定扶養家族」

公的年金収入
100万円
150万円
200万円
250万円
300万円
350万円
400万円
450万円
500万円
65歳未満。
独身
65歳未満。
夫婦(配控あり)
65歳未満。
寡婦
65歳以上
70歳未満。
独身
65歳以上
70歳未満。
夫婦(配控あり)
65歳以上
70歳未満。
寡婦
0 0 0 0 0 0
11,000 3,000 5,000 0 0 0
20,000 11,000 14,000 12,000 4,000 6,000
28,000 20,000 22,000 24,000 15,000 18,000
37,000 29,000 31,000 36,000 27,000 29,000
46,000 38,000 40,000 46,000 38,000 40,000
58,000 49,000 52,000 58,000 49,000 52,000
69,000 60,000 62,000 69,000 60,000 62,000
79,000 71,000 73,000 79,000 71,000 73,000

公的年金収入以外にも給与や家賃収入がある場合の上限額

  1. (1)所得金額を算出する。項目Aの合計額が所得金額となる。BはAの計算式です。

    A B
    公的年金 =公的年金収入ー公的年金控除
    民間の個人年金 =年金収入ー必要経費
    不動産所得 =不動産収入ー必要経費ー青色申告特別控除
    給与所得 =給与収入ー給与所得控除
  2. (2)課税所得金額を算出する。(1)の所得金額から、社会保険控除、配偶者控除、扶養控除、基礎控除、この他の所得控除の合計を控除する。

    課税控除金額  = 所得控除 - 所得控除

  3. (3)住民税所得割額を(2)の課税所得金額から算出する。

    住民税所得割額 = 課税所得金額 × 10%

  4. (4)上限額を算出する。(3)で算出した住民所得割額を図2にあてはめて計算する。

*註3
公的年金収入以外の収入がない場合の目安です。住宅ローン控除などの税額控除を受けている方などは異なります。詳細は税理士など専門家にお問い合わせください。

最後に

ふるさと納税ニッポン!では、控除上限額等のご質問には対応いたしかねますのでご容赦くださいますようお願い申し上げます。
正確な控除上限額を知りたい場合は、お近くの税理士や、お住まいの自治体におたずねください。
なお、シミュレーション結果については、あくまでも参考値としてご利用ください。住宅ローン減税などと併用されている方は、上記の計算式では対応できない場合がございます。正確な控除上限額を知りたい場合は、お近くの税理士や、お住まいの自治体におたずねください。
また、控除額シミュレーションで算出された計算結果について、何らかのトラブルや損失・損害などが発生したとしても一切の保証をいたしかねますので、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

\\控除限度額がわかったら、気になるお礼の品を探しましょう!//

オススメのランキング

Loading ...