総力取材記事

日本のトップブランドみかんと西日本有数の漁業を誇るまちから生産者が胸を張る逸品をお届け!

日本のトップブランドみかんと西日本有数の漁業を誇るまちから生産者が胸を張る逸品をお届け!

日本のトップブランドみかんと西日本有数の漁業を誇るまちから生産者が胸を張る逸品をお届け!

愛媛県の西側、宇和海に面する八幡浜市。海も山もすぐ近くにあり、まちからは美しい景色が楽しめる

自然もレジャーも特産品も魅力満載のまち・八幡浜市

有人離島の大島で人気を呼ぶエンジェルロード。タイミングが良ければ地大島(じのおおしま)の東端から貝付小島(かいつきこじま)に繋がる道が浮かび上がる

四国の西の玄関・愛媛県八幡浜市は、豊かな恵みを誇る宇和海に面した港町。明治時代から関西や九州などを結ぶ海上交易で栄えてきた歴史があり、現在も八幡浜港には大分県の港との間を3千トン級のフェリーが一日に何度も往復。まち全体で暮らしや産業の流れを支えている。

産業では海に面していることから古くから漁業が盛ん。水揚げされる魚はタイ、タチウオ、イカ、アジ、ハモ等々で、その種類はナント200超!しかも、高度衛生管理型の魚市場があり、より鮮度と質の良い魚の出荷が可能に。東京・豊洲市場をはじめとする全国各地で八幡浜産の魚は人気を集めている。

そして、忘れてはならないのが全国トップの生産量とブランドを誇る柑橘だ。「真穴」「日の丸」「川上」など日本でその名を知られるブランドみかんは八幡浜で生産されており、近年は「甘平」「紅まどんな」「せとか」といった中晩柑も盛んに栽培され、人気が定着している。

今回は、そんな八幡浜の海の味覚と柑橘を存分に味わえる、グルメな返礼品に注目する!

柑橘王国・愛媛の中でもトップクラスのブランドみかんを栽培。この地に暮らす人にとって柑橘は欠かせない存在だ
道の駅「八幡浜みなっと」に登場する約2万個の温州みかんで造られた、高さ2.8m、直径7mの巨大みかんオブジェ(例年は12月中旬~年始まで展示)

名物〝削り〞かまぼこ⁉これぞ八幡浜のソウルフード

人気の品や最上級の品がセットになった贅沢な内容

愛媛県南予地方の名物といえば、新鮮な魚で作るかまぼこやちくわといった練り物だ。四国の中でもトップの生産量を誇る「八水蒲鉾」は、もともと家業で練り物を製造していた8軒が集まり、昭和32年に創業した会社で、家業の歴史を含めると130年以上にわたって、練り物作りの伝統を受け継いでいるという。そのこだわりは八幡浜港に水揚げされた新鮮な魚をふんだんに使うこと。そして、時期によって異なる気温や湿度に合わせて職人がすり身の状態を確かめながら作る手仕事と、HACCP(※)に基づく徹底した衛生管理を両立させながら、安心安全で確かな味を作り続けていることだ。

返礼品で人気を集めているのは7種の商品が入った「八水詰合せセット朝顔」。紅白のかまぼこや極上のちくわのほか、小魚を骨ごとすり身にして油で揚げたソウルフード「じゃこ天」も魚の種類が異なる2種が入って食べ比べが楽しめる。また、明治36年にこの地で生まれた「削りかまぼこ」は、その名の通りかまぼこを薄くスライスしたもので、〝裏ソウルフード〞ともいえる逸品だ。地元ではお吸い物やサラダの具として使ったり、子どもの運動会には削りかまぼこをたっぷりまぶしたおにぎりが定番となっている。

蒸す、焼く、揚げる、削る……ひと口に練り物といっても製法によってそれぞれに個性が引き立っている。じんわり広がる濃厚な魚の旨みを味わいながら、八幡浜の練り物文化に触れてみよう。

かまぼこ、ちくわは食感が良くうま味もしっかり。ご飯のおかずやお酒の肴にも合う
削りかまぼこをまぶしたおにぎり。魚の旨みと程よい塩気がお米と相性抜群!
HACCPに基づく厳しい衛生管理体制で製造する工場
新鮮な小魚を丸ごとすり身にして揚げるじゃこ天はカルシウムもあって子どものおやつにも最適

一度食べたら忘れられない!日本トップのブランドみかん

柑橘王国・愛媛の中でもトップクラスのブランドみかんを栽培。この地に暮らす人にとって柑橘は欠かせない存在だ

八幡浜の山は、木が段々になって植えられているような独特の景色を広げている。それこそが、日本トップのブランドみかんを育む柑橘畑だ。実際にその畑へ行ってみると驚くほどの急斜面に無数の柑橘の木が植えられており、歩くだけでもひと苦労する。

「八幡浜のみかんは三つの太陽があるからおいしくなるといわれています。それは空にある太陽と海からの照り返し、そして畑の周囲にある石積みからの反射光です。農作業をするにも険しい環境ですが、ここでなければおいしいみかんは育たないんです」

そう語るのは、柑橘の名産地・真穴地区にある「杉本果樹園」の杉本勇一さん。自らは汗だくになりながらも、果実にはストレスを与えないように一つ一つ大切に育てて収穫。選別作業中も果実をクッションで守るなど、まるでわが子のように愛している。

空・海・石積みからのいわゆる「三つの太陽」を存分に浴びることができる段々畑
あたたかな人柄も魅力的な杉本果樹園の杉本勇一さん(右)と妻・寿江(としえ)さん

そんな同園で注目の返礼品は、愛媛県独自の品種「甘平」だ。同園では冬のあいだ果実を袋に包んで育て、通常の収穫時期をわずかに遅らせて木成り完熟させており、その実は一度食せば忘れられない甘さを誇る。また、温うん州しゆうみかん100%のストレートジュース「八寿」もぜひ味わってみてほしい。温州みかんを完熟になってから収穫し、果実が新鮮なうちに搾汁。その際、果皮と果汁分を分離して充填するインライン搾汁製法を行うことで、外皮の油分が混入せず、ジュースになった際に雑味となる苦味やえぐみをカットできるという。その味はとにかく濃厚で、コクのある甘さと心地よい酸味のバランスが良く、口の中が幸せで満たされるのを実感できる。

勇一さんの母・八重子(やえこ)さんと、愛妻・寿江さんの名から一字ずつ取って名付けたオリジナルブランドみかんのジュース。愛媛県主催のジュースコンクールでGOLD AWARDに選ばれた
薄い外皮に甘い果肉がギッシリと詰まっている。申込受付は11月上旬から翌2月頃までを予定

そして、八幡浜を代表するブランドみかんもチェックしておこう。明治24年から129年にわたって栽培されている真穴地区のみかんの中でも、特に人気が高いのが「真穴みかんひなの里」だ。真心を込めて、一つ一つ丁寧に育てられた真穴みかんの中から、見た目や味の厳しい検査に合格した高品質なものだけが「ひなの里」となる。柔らかい皮の中には、とろけるような果肉が詰まっており、「一度食すとやみつきになる」との声も多い。八幡浜の自然と生産者のこだわりが生む味を堪能しよう。

まるでみかんのようにオレンジ色に染まる夕焼け。生産者はこの景色を眺めながらおいしいみかんを育てている
一玉ずつセンサーでおいしさを検査して箱詰めされているのでハズレがないのも魅力
真穴地区は大きく2つの集落で構成され、真網代(まあじろ)と穴井(あない)という集落の地名が由来となっている

目利きと鮮度がちがう!八幡浜の海の恵み

最後に紹介するのは鮮魚!八幡浜は宇和海、豊後水道、瀬戸内海に囲まれ、種類豊富な海産物が獲れる好漁場で、しかも、複雑な地形を泳ぐ魚はその身が引き締まり、抜群の味と食感を誇る。

そのおいしさを遠く離れた場所にある食卓にも届けようと取り組んでいるのが「えひめシーフードサービス」の社長であり、ベテランの仲買人でもある宮本洋志さんだ。良い海と確かな目利きは当たり前……だからこそ、宮本さんがこだわったのは冷凍技術。

「マイナス60℃で急速冷凍することによって細胞が壊れることなく、いわば身を〝冬眠状態〞にすることができます。解凍すると身の味・食感・色・香りなどがほぼ生の状態に戻るので、八幡浜で食べるのと遜色ない魚を味わっていただけます」

八幡浜の伝統的な漁・トロール漁業の船。2隻で一つの網をひく方法で魚を獲る
えひめシーフードサービスの宮本博志さん

そう語る宮本さんがおすすめする返礼品は、その時期・そのときの一番おいしい魚介を厳選して詰め合わせる「愛媛八幡浜産・天然魚介セット」。実は宮本さん、魚のソムリエともいわれる「シーフードマイスター」の資格を持っており、魚の食べやすさにも気を使っている。活〆の天然真鯛やブランド魚・媛(ひめ)っこアジなどは調理しやすい刺身用柵で、イサキは焼き物や煮付けにしやすい形に加工してから真空パック。意外と調理しやすいアワビなどはそのままの姿で届くので、子どもたちが見て楽しむこともできる。

4人で食べても大満足のボリューム。きれいに盛り付ければさまざまなお祝いの食卓にもぴったり
食べやすいよう加工し、急速冷凍した魚をセットでお届け
袋のまま冷蔵庫に置くか、流水で解凍すれば鮮度の良い状態で楽しめる

また、「天然真鯛を食べつくす鯛めしセット」は八幡浜でおなじみの鯛めしの出汁までセットになっており、切り身と一緒に炊飯器で炊くだけで本場の味が楽しめる。鯛の繊細な旨みがちゃんと伝わる上品な味わいに仕上がるのは、八幡浜の海と魚を愛する宮本さんらしいこだわりだ。

じんわり旨みが広がる鯛めし、ホクホクしっとりの身がおいしいかま焼き、身がもっちりとした刺身……至福の鯛づくしだ
八幡浜流の上品な味わいにした鯛の出汁もセットに

八幡浜市のお礼の品のクチコミ

愛媛県八幡浜市

上杉農園 「 マドンナ 」 3kg(10,000円)

2022年12月6日 09:04

オレンジさん

マドンナと言う品種は初めて食べたのですが、皮が薄く身はプルプルでとっても美味しかったです!みかんともデコポンとも違うのですが食感も良く又食べたいですね。

参考になった

愛媛県八幡浜市

長岡農園の「せとか」3キロ(10,000円)

2019年5月7日 08:50

いちごさん

「せとか」と言う蜜柑が美味しいと噂を聞き、こちらにしました。蜜柑より一回りくらい大きいものでした。切ってみると、とてもみずみずしく甘い香りが。そして、蜜柑より味が濃く、舌にガツンとくる甘酸っぱさ、とても美味しかったです。素晴らしい品種だなと思いました。

※現在、受付期間外の恐れがあります(編集部注)

参考になった

愛媛県八幡浜市

真穴、杉本果樹園の八寿みかん 5kg(10,000円)

2019年1月29日 10:22

マグカップさん

大きさは小さいですが甘さはバツグンでした。酸味のバランスも良く美味しく頂きました(^^)

※現在、返礼品内容が変更している可能性がございます。

参考になった

自治体情報

愛媛県八幡浜市(やわたはまし)

こちらの自治体詳細

バックナンバー

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...