総力取材記事

本場のフグをお魅せします。令和最初の猛烈ラインナップ!

本場のフグをお魅せします。令和最初の猛烈ラインナップ!

フグ刺しとフグ鍋の両方が楽しめるセット。下関だから用意できる、特別なお礼の品だ

本州の最西端、関門海峡・周防灘・響灘と三方が海に開かれている下関市。豊かな海の恩恵を受け、たくさんの海産物が水揚げされる。その中でも、やはり真っ先に名前があがる海産物といえばフグだろう。
その昔、フグを食べて中毒死する者が相次いだため、安土桃山時代から明治時代までフグ食禁止令が出されていたが、明治21年、当時の総理大臣・伊藤博文が禁を解いた。そのきっかけが、下関の老舗料理店「春帆楼」にてフグ料理を食したことであった。春帆楼はフグ料理公許第1号となり、フグ食文化が下関に広がったのである。
フグの旬は秋の彼岸から春の彼岸までと言われており、毎年9月から本格的なシーズンを迎える。もっともおいしくなるのは産卵期前の冬だ。コリコリとした食感がたまらないフグ刺し、出汁いらずの旨みたっぷりフグ鍋、どちらも一生に一度は食しておきたい絶品である。「バラエティーに富んだフグメニューをお礼の品に取りそろえました。この冬、ご家族やご友人たちとおいしい『下関ふく』を楽しんでください」(下関ふく連盟宮田裕二事務局長)
美食の宝庫・下関市はフグだけではない。近代捕鯨発祥の地とも言われており、鯨食文化が根付いている。お礼の品には、刺し身に焼き肉セット、カツ、ベーコンなど、普段あまり目にすることがないクジラ料理が並ぶ。さらに、アンコウ(水揚げ量日本一)はほとんど捨てるところがなく、部位によって違う味と食感が楽しめる。淡白でコラーゲンたっぷり、栄養満点なのに低カロリーなところも魅力だ。他にも、日本屈指の水揚げ量を誇るのどぐろなどたくさん!「下関には、海産物の他にも優れた地場産品がたくさんあります。ふるさと納税を通して、皆さまと下関市の繋がりを大切にしたいです」(下関市役所企画課西村さん)

どっさり1㎏ 分の鍋用切り身が届く。セットには、フグ料理に合うポン酢「ふくしょうゆ」やもみじおろしの他に、ヒレ酒用の焼きヒレも入っているのが嬉しい
市内ではクジラ料理のフルコースを味わえるお店がある
アルコール漬け瓶詰めウニ発祥の地として有名
イカの王様・最高級の「下関北浦特牛(こっとい)イカ」。肉厚でやわらかく、甘みのある身が大変美味
「 下関ではフグは『不遇』に通じると考え、濁らず『フク』と呼称します。ぜひ、下関のフクを食べて幸福な気持ちになってください」(協同組合下関ふく連盟 理事長見原宏さん)

下関市のお礼の品のクチコミ

クチコミはまだありません。

自治体情報

山口県下関市(しものせきし)

こちらの自治体詳細

バックナンバー

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...