全国の自治体の閲覧数ランキング

  1. 湯浅町

    和歌山県西部に位置する有田郡のまち湯浅町。かつて港町として栄えた同地では、江戸時代に藩の保護を受けてしょうゆ醸造業が栄えた。温暖な気候もあって、柑橘類の栽培も盛んに行われている。

    湯浅町1
    湯浅町2

    湯浅町のお礼の品を探す

  2. にかほ市

    象潟や雨に西施がねぶの花――「東の松島、西の象潟」と並び称される秋田県象潟。同地を訪れ、松尾芭蕉が詠んだ句が冒頭のものだ。「雨にけぶる九十九島象潟。そんな中、雨にしおたれたねむの花は、まるで西施(楊貴妃や貂蝉と並ぶ中国の四大美女のひとり)の寝姿のようだ」。芭蕉も感嘆した象潟は秋田県にかほ市を代表する景勝地だ。
    にかほ市は秋田県南西端に位置し、南に鳥海山、西に日本海を臨むまち。降雪量は比較的少なく、温暖な地域だ。九十九島、鳥海山以外にも、ブナの巨木が群生する中島台レクリエーションの森、鳥海山の北麓に広がる仁賀保高原など観光スポットも多い。電子部品・デバイスの製造業も盛んだが(TDKの創業者である齋藤憲三は同市の出身である)、農業・漁業も盛ん。特に、岩牡蠣は名物として広く知られている。

    にかほ市1
    にかほ市2

    にかほ市のお礼の品を探す

  3. 紋別市

    北海道の最北端・宗谷岬から知床半は島にかけて弓なりに続くオホーツク海沿岸。そのほぼ中央部に位置する紋別市は、流氷が訪れるまちとして知られ、毎年多くの観光客が訪れる。流氷とともにプランクトンなどの栄養が運ばれ、海洋生物たちに多くの恵みを与えるため、オホーツクの海では毛ガニやホタテをはじめ、様々な海産物が水揚げされる。
    オホーツク海の気象や海象、生物分野を観測・調査研究する施設として造られた「オホーツクタワー」は、現在は観光施設としても重要な役割を担っており、大小20近くの水槽にはオホーツクの海で捕獲された海洋生物たちが展示されている。それぞれに丁寧かつわかりやすい手書きの解説が添えられており、見応え十分だ。

    紋別市1
    紋別市2

    紋別市のお礼の品を探す

  4. 4 室戸市

    雄大な太平洋に面する高知県。そのなかでも「海」と密接に関わりながら、産業や観光を発展させてきたまちといえば、ここ室戸市かもしれない。
    まちの海岸沿い約50㎞には、大地が隆起し続けて生まれた珍しい地形や地質が数多く見られ、世界的に貴重な地質遺産「世界ジオパーク」に認定されている。その地質は地球のありのままの姿であり、ダイナミックな光景をひと目見ようと国内外からたくさんの観光客が訪れている。また、イルカと触れあう「室戸ドルフィンセンター」や、室戸沖に生息する魚類などを集めた「むろと廃校水族館」といった海に関する観光施設も高い人気を集めている。

    室戸市1
    室戸市2

    室戸市のお礼の品を探す

  5. 5 姫路市

    姫路市は兵庫県南西部に位置する。瀬戸内海に面し、姫路城や映画『ラストサムライ』のロケ地としても知られる圓教寺など、市内に名所は多い。歴史は古く、大化の改新後に播磨国の国府が置かれて以降、姫路のまちは栄えてきた。江戸時代は城下町として、20世紀以降は工業地帯として、日本の文化と経済を牽引してきた。そして、今、姫路市は2050年までに二酸化炭素の実質排出ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言。ものづくり産業やエネルギー産業が集積する姫路港臨海部で、姫路港カーボンニュートラルポート形成計画の策定に着手し、周辺地域を先導して温室効果ガスの排出削減を推進する。国際化社会において、姫路市の担う役割は大きい。名産品も数多く、全国シェア約7割を占める皮革産業、最高品質を誇るいぶし瓦、上質の米と水を使って作られた地酒などが知られている。

    姫路市1
    姫路市2

    姫路市のお礼の品を探す

  6. 6 弟子屈町

    弟子屈町は、北海道の東部にあって釧路川の最上流部に位置し、阿寒摩周国立公園の56%を占め、世界有数の透明度を誇る「摩周湖」、周囲の峠などから一望できる「屈斜路湖」、噴気口が間近に望める「硫黄山」などを有する自然豊かな農業と観光の町だ。
    弟子屈町内の各地に点在する温泉も非常に豊富で、川湯温泉は『源泉100%かけ流し宣言』をしており、良質な温泉が楽しめる。「カヌー」や「摩周湖星紀行」をはじめとする「体験型観光」も盛んにおこなわれている。
    また、古くから農業の町でもあり、「乳牛」や「肉牛」の生産、「小麦」「じゃがいも」「摩周そば」や「摩周メロン」をはじめとする農産物のほか、近年では、温泉熱を利用した「マンゴー」や「いちご」の生産など、幅広く農産品・加工品が生産されている。

    弟子屈町1
    弟子屈町2

    弟子屈町のお礼の品を探す

  7. 7 石狩市

    北海道中西部、札幌の北隣りに位置する石狩市。日本海に面しており、古くから漁業が盛んなまちとして名高い。タコやヒラメ、ニシンも石狩を代表する特産物だが、石狩といえば、やはりサケ。江戸時代からサケ漁で栄え、現在も年間700トン前後が水揚げされているほど。石狩鍋発祥の地としても知られている同町だが、毎年9月に「石狩さけまつり」を開催するなど、サケ文化と石狩市は切っても切り離せない関係にある。
    近年は、赤と白のストライプが印象的な石狩灯台のある「はまなすの丘公園」、日本海に夕日が沈んでいく様がまさに絶景な「あいロード夕日の丘観光案内所」など、映えるスポットも多数。毎年夏に石狩湾新港樽川埠頭横の特設ステージで開催される「ライジング・サン・ロックフェスティバル」も音楽ファンの注目を集めている。

    石狩市1
    石狩市2

    石狩市のお礼の品を探す

  8. 8 芸西村

    面積は40平方キロメートルに満たず、人口は4000人足らずだが「小さくても元気で輝くむら」を目指し、活力のある村づくりに取り組んでいる高知県芸西村。その基板となっているのが、北・東・西に広がる平野で行われている、ビニールハウスなどの施設園芸だ。年間を通して温暖な気候に恵まれており、ナス、ピーマン、花卉(観賞用の花)など多彩な農作物を栽培。害虫を自然の力で退治する天敵農法などの環境保全型農業にも積極的だ。
    一方、村の南側は太平洋に向かって開けており、壮大な砂浜「琴个浜」が広がっている。どこまでも広がる平野と太平洋を望むレジャー産業も盛んだ。

    芸西村1
    芸西村2

    芸西村のお礼の品を探す

  9. 9 丸亀市

    香川県の海岸線側ほぼ中央部に位置する丸亀市。瀬戸内特有の温暖少雨の気候で、1年を通して過ごしやすい。丸亀城の城下町として発達した同地は、江戸末期には金刀比羅参りの船着場として賑わったという。
    市のシンボルとして知られる丸亀城は「扇の勾配」と呼ばれる美しい石垣が有名。その石垣は高さ日本一を誇り、多くの人たちに親しまれている。
    江戸時代初期に技法が確立され、金毘羅参りのお土産として親しまれてきた丸亀うちわが有名。現代も日本一のうちわの産地として知られている。

    丸亀市1
    丸亀市2

    丸亀市のお礼の品を探す

  10. 10 上富良野町

    上富良野町は、北海道のほぼ中央、十勝岳連峰に広がる自然豊かなまち。初夏に咲き誇るラベンダー畑は、北海道を代表する観光名所として知られ、「ふらののラベンダー」として環境省から「かおり風景100選」に選定されているほどだ。十勝岳の山腹には十勝岳温泉があり、登山の基地として、そしてスキー場としても知られている。 「ふらのメロン」や「かみふらのポーク」など特産品も多いまちだ。

    上富良野町1
    上富良野町2

    上富良野町のお礼の品を探す

  11. 11 佐渡市

    2004年に1市7町2村が合併して誕生した佐渡市。日本海側で最大の島である佐渡島の全域を占めるのが同市だ。市の鳥はトキ。日本産のトキが最後まで生息していたのが佐渡である。近年は人工繁殖させたトキが市内に放鳥され、田で餌をついばむトキの様子を見ることもできる。
    歌川広重が『六十余州名所図会』で描いたことでも知られる佐渡金山が有名。江戸時代には幕府の直轄領だった佐渡だが、佐渡金山から産出された金は幕府の財政を潤したとされる。国内一の金産出量を誇った佐渡金山も1951年に商業採掘が終了。採掘は行われていないが、史跡や記念館などで当時の様子をうかがい知ることができる。
    現在は、定置網や刺網漁業などの沿岸漁業が盛ん。日本海で漁期が一番早い寒ブリは名高い。南蛮エビやアワビ、加茂湖や真野湾で養殖されるカキなど、海産物が多く穫れる。稲作や幻の牛とされる佐渡牛など、特産品も豊富だ。

    佐渡市1
    佐渡市2

    佐渡市のお礼の品を探す

  12. 12 佐世保市

    長崎県北部、日本本土最西端に位置する佐世保市。かつては軍港として栄え、現在も造船業が盛んである。漁業も盛んで、マダイやとらふぐの漁獲高は国内屈指だ。
    近年は観光業にも力を入れており、国内最大級のテーマパーク「ハウステンボス」が有名。九十九島も人気スポットで、毎年多くの観光客が訪れる。
    なお、四ヶ町・三ヶ町アーケードは直線では日本最長の商店街として知られ、たびたび話題になっている。

    【選べる使い道】
    1. 個性と魅力あふれるキラっと輝く“まちづくり”
    快適で安定した生活を支える都市機能と新たな活力を生む産業基盤を整えます。
    ・地域経済を支える地場企業の振興
    ・出逢いと感動の観光まちづくり
    ・地域安全を支える環境づくり
    ・快適で魅力ある街の再生 など

    2. まちづくりを支える“キラっ都輝く“ひとづくり”
    健康に暮らせる福祉のまち、心豊かな人を育む学びのまちを創ります。
    ・健康を支える環境づくり
    ・高年齢の生活を支える環境づくり
    ・子どもと子育てを支える環境づくり
    ・学校教育の充実 など

    3. 恵まれた自然や文化みんなの宝物を“守り活かす”
    自然や文化等の地域特性を守り育て、佐世保の個性と魅力を磨きます。
    ・文化芸術に親しめる環境づくり
    ・多文化交流による国際都市づくり
    ・環境に配慮したまちづくり など

    4.キラっ都輝く“市長おまかせ”
    ふるさと「佐世保市」のまちづくりに活用させていただきます。

    佐世保市1
    佐世保市2

    佐世保市のお礼の品を探す

  13. 13 小城市

    佐賀県のほぼ中央、北に天山山系がそびえ中央に肥沃な佐賀平野が開ける小城市。南部はムツゴロウで有名な日本一の干潟、有明海に面する自然豊かなまちだ。天山山系から流れる祇園川は、佐賀県一の蛍の名所として知られており、「ふるさといきものの里100選」にも選定されている。

    【年内配達受付終了のお知らせ】
    返礼品、「年内配送の受付」は12/16(木)00:00を持ちまして終了しました。以降の受付は2022年1月中旬から順次出荷いたしますので、ご了承頂ければ幸いです。ただしお礼の品の中には、(お届けに1~2ヶ月以上かかる場合もございます。)大変申し訳ございません。あわせて御了承いただきますようお願いいたします。

    ●ワンストップ受付確認窓口(ふるまど)の注意事項
    ※ワンストップ受理確認は、申請書の「受理が完了」したことを確認するものです。書類が到着したかどうかの確認はできません。受理手続が完了次第の確認となりますのでご承知おきください。(1月は受理手続に時間がかかります。)
    ※申請書のダウンロードは、申込即日は行えません。翌営業日以降となりますので、数日あけていただきますようお願いします。

    ●ワンストップ受付確認窓口(ふるまど)を開設
    【できること】
    ワンストップ受付確認
    ワンストップ申請書のダウンロード(https://ogi.furusato-madoguchi.jp/)

    ●<ふるさと納税詐欺・偽サイトにご注意ください!>
    ふるさと納税を割引で取り扱っているように見せかけた詐欺・偽サイトが発見されましたので、十分、ご注意ください。小城市のふるさと納税とは一切関係がございません。

    小城市へのふるさと納税は、下記サイトからお願いします。
    ・ふるさとチョイス
    ・楽天ふるさと納税
    ・ふるなび
    ・au PAY ふるさと納税
    ・ふるさと納税ニッポン!
    ・ANAのふるさと納税
    ・さとふる

    ●ワンストップ申請書の受付済通知について
    ワンストップ特例申請書を当市にご提出頂き、受付を完了後、メールにて受付完了のご連絡をお送りいたします。
    メールでのご連絡がつかなかった方につきましては、文書をお送りいたします。
    また、文書を希望される場合は、別途対応いたしますのでご連絡ください。

    小城市1
    小城市2

    小城市のお礼の品を探す

  14. 14 上毛町

    福岡県の最東端、大分県との県境に位置する上毛町。2005年に新吉富村と大平村が合併してできたまちで、以前あった「上毛郡」にちなんで、その名がつけられました。
    福岡県でも瀬戸内海側に面しているため晴れの日が多く、穏やかな気候に恵まれているのが特徴です。
    大分県境を流れる山国川と山々を中心に広がる豊かな緑、そこに点在する棚田、町の中央を流れる友枝川や里山といった自然資源に恵まれており、東九州自動車道の全線開通、上毛SICの開設及び大池公園の整備等、住環境の良さも有しています。
    町の将来像「みんなが輝くまち上毛」を目標に、住民協働による町づくりを進め、「九州一輝く町」を目指しています。
    このような町を応援していただきたく、皆様の温かいご支援をお待ちしております。



    上毛町1
    上毛町2

    上毛町のお礼の品を探す

  15. 15 倶知安町

    倶知安町は、富士山に似た姿から蝦夷富士とも呼ばれる「羊蹄山」とニセコアンヌプリを主峰とするニセコ連峰に囲まれ、清流尻別川が流れる、自然豊かな町です。
    夏は、尻別川でのラフティング、羊蹄山麓でのサイクリング、登山、ゴルフなどのアウトドアスポーツの人気が高く、近年は夏を涼しく過ごす長期滞在者も増えています。豊富な羊蹄山の伏流水を利用し、じゃがいもやメロン、アスパラガスなどの農業も盛んです。
    「スキーの町宣言」をした倶知安町は、「東洋のサンモリッツ」とも呼ばれるスキーの聖地で、冬になると日本だけではなく世界各国から多くのスキーヤーやスノーボーダーが、上質なパウダースノーを楽しみに訪れます。

    倶知安町1
    倶知安町2

    倶知安町のお礼の品を探す

  16. 16 仁木町

    仁木町は北海道南西部、積丹半島に位置する。道内では温暖な気候であるため、町内を流れる余市川流域を中心に稲作のほか、野菜、果樹などが盛ん。中でもさくらんぼは北海道一の産地として知られ、近年はミニトマトの栽培やワインの生産にも注目が集まっている。観光農園も多く、国内外から観光客が「くだもの狩り」に訪れる果実とやすらぎの里だ。

    仁木町1
    仁木町2

    仁木町のお礼の品を探す

  17. 17 男鹿市

    秋田県西部に位置する男鹿市。男鹿半島の大部分を占める同市は三方を海に面し、脇本漁港・椿漁港、重要港湾に指定されている船川港、県魚であるハタハタの産卵地としても知られる北浦港など、自然環境に恵まれた漁港を有している。それだけに漁業も盛ん。ベニズワイガニ、真鯛、マダコ、ハタハタなど、海の恵みが多く穫れる。
    寒風山や男鹿半島・大潟ジオパークなど観光の名所も多く、潮瀬崎ジオサイトにあるゴジラ岩など映えるスポットにも事欠かない。
    ところで、秋田県といえば「ナマハゲ」が有名だが、ルーツの地は男鹿半島。男鹿市内には、ナマハゲに関する施設やナマハゲにちなんだ行事が今も多く見られる。

    男鹿市1
    男鹿市2

    男鹿市のお礼の品を探す

  18. 18 川越市

    埼玉県の南西部に位置する川越市は、今も江戸の風情が残るまちだ。江戸時代に川越藩の城下町として栄えた同市は「小江戸」の別名で親しまれ、外国人観光客も多く訪れる。
    首都圏のベッドタウンとして栄え、近年は大型商業施設もオープンし、住みやすいまちとして注目を集めている。JR川越駅駅前から北に伸びる全長約2kmの商店街「クレアモール」は活気に満ちあふれる商店街として名高い。サツマイモ、団子、煎餅、武蔵野うどんなど名産品が多く、近年はサツマイモを原料とする地ビールの「COEDOビール」が名物として親しまれている。

    川越市1
    川越市2

    川越市のお礼の品を探す

  19. 19 日進市

    ゆるやかな起伏に飛んだ丘陵地帯に位置する日進市。愛知県の中央にあり、名古屋市と豊田市に隣接することから、住宅地として賑わっている。
    市のシンボルとして歴史ファンからも名高いのが、岩崎城。織田信長の父である織田信秀が築城した城だが、小牧・長久手の戦いで徳川家康軍の勝利に貢献した丹羽氏重の居城としても知られている。現在では、使途の跡地に展望台として天守閣が建ち、日進市を一望できる。
    近年は、200頭もの牛が飼育されている愛知牧場や、名古屋市電が保存される名古屋市市電地下鉄保存館レトロでんしゃ館なども観光スポットとして人気が高い。

    日進市1
    日進市2

    日進市のお礼の品を探す

  20. 20 白糠町

    北海道の東エリア、太平洋に面した白糠町。『シラヌカ』という地名の語源にはいくつかの説があり、現在の白糠漁港に注ぐオクネップ川からシラリカップ川付近の岩磯地帯を見てつけられた地名という説もある。
    かつての炭鉱のまちは、現在では酪農と漁業が盛ん。中でも漁業は、絶好の漁場と自然条件に恵まれているため、同町の活性化を担っている。

    白糠町1
    白糠町2

    白糠町のお礼の品を探す

  21. 21 市川三郷町

    市川三郷町は甲府盆地の南西に位置する。雄大な富士川の清流と美しい自然が特徴のまちだ。
    市川三郷は、火山灰が堆積してできた、栄養分や水分が豊富な肥沃な「のっぷい」の土質。この良質な土壌が育くむのが、特産品の「大塚にんじん」である。
    伝統産業としては、六郷地区の印鑑が有名。明治時代から印章のまちとして発展し、現在でも全国生産の50%を占めるほどだ。そのため、「日本一のはんこの里」とも呼ばれている。
    なお、武田氏の狼煙がルーツとされる花火も有名。江戸時代には日本三大花火のひとつとして賞賛されたという。

    市川三郷町1
    市川三郷町2

    市川三郷町のお礼の品を探す

  22. 22 宇治田原町

    「日本緑茶発祥の地」として知られる宇治田原町。江戸時代中期、宇治田原湯屋谷に住んでいた永谷宗円が青製煎茶製法を編み出し、同製法が日本緑茶製法の礎となったことが、その由来だ。今も茶文化はまちに息づいており、茶摘みや手もみ製茶を実際に体験することができる。
    近年、同町で話題を呼んでいるのが、800年ほど前に創建されたといわれている正寿院。客殿にある猪目窓がSNS映えすると評判なのだ。なぜならば、災いを除き、福を招く意が込められている猪目窓とはハート型の窓だから――今日もSNSで「#正寿院」「#ハートのお寺」とタグ付けされて、紹介されている。
    他にも、猿おみくじが人気の猿丸神社や、アウトドアを楽しめる末山・くつわ池自然公園など、見どころが多いまちだ。

    宇治田原町1
    宇治田原町2

    宇治田原町のお礼の品を探す

  23. 23 可児市

    愛知県との県境、木曾川と飛騨川の交わるところに位置する岐阜県可児市。明智光秀や森蘭丸の生誕地であり、毎年多くの観光客が訪れて城跡巡りなどを楽しんでいる。
    飛騨牛や里芋、日本酒など特産品も多いが、世界に名高いヤイリギターが工房を構えることでも知られている。ポール・マッカートニーやエリック・クラプトン、グラハム・ナッシュらも愛用したヤイリギターはお礼の品で取り寄せることも可能だ。

    可児市1
    可児市2

    可児市のお礼の品を探す

  24. 24 赤平市

    北海道のほぼ真ん中に位置する赤平市。かつては石炭産業で栄えたが、炭鉱閉山後に企業誘致を行い、現在はものづくりのまちとして発展している。炭鉱遺産を保存する事業も活発に行っており、2018年に炭鉱ガイダンス施設をオープン、2019年には市内の炭鉱遺産を含む「炭鉄港」が日本遺産に認定された。

    赤平市1
    赤平市2

    赤平市のお礼の品を探す

  25. 25 湖南市

    湖南市は滋賀県南部に位置し、東西に野洲川が流れる自然豊かなまち。国宝を有する「常楽寺」や「長寿寺」「善水寺」は、「湖南三山」と称され、多くの参拝客が訪れる紅葉の名所。桜の季節には、大型遊具や川遊びが楽しめる公園「じゅらくの里」が、ファミリーに人気のスポットになっている。

    湖南市1
    湖南市2

    湖南市のお礼の品を探す

  26. 26 田野町

    高知県南東部に位置する、四国で一番面積の小さい“田園のまち”田野町。江戸時代は、安芸郡奉行所と藩校田野学館も置かれ、土佐国安芸郡の政治・経済・文化の中心として栄えた。町制度が敷かれたのは1920年のこと。田野町は2020年に町制100周年を迎えた。

    温暖な気候に恵まれていることから、稲作やナスなどのハウス園芸といった農業が盛ん。また、地酒の醸造も活発である。
    歴史ファンには、野根山二十三士の墓もある福田寺、藩主が参勤交代や東部巡の時の本陣として使用していた岡御殿などが有名だ。
    また、11月後半から2月にかけて、水平線に沈む太陽の光が屈折し海面からもう一つの太陽が現れるように見える現象が起こることもあり、「だるま夕日」と呼ばれ親しまれている。

    田野町1
    田野町2

    田野町のお礼の品を探す

  27. 27 留萌市

    留萌市は北海道北西部、日本海に臨むハート型のまち。地名は、アイヌ語で「静かな」を意味する「ルルモウペツ」に由来する。
    江戸時代末期に松前藩領となり漁場が開かれると、まちはニシン漁で発展。「千石場所」(一場所で千石も獲れる、の意)と称されるほどの賑わいをみせた。現在はニシンこそ獲れなくなったものの、沿岸漁業や水産加工業は盛んで、ホッケ、スケソウダラ、イカ、ウニ、ホタテ、タコ、エビなど水産資源に恵まれている。
    留萌市の水産加工業の中でも、数の子は名高く、国内シェアの50%を占めるほど。ニシン加工の伝統と技術は受け継がれ、品質も日々向上し、ブランド化している。

    留萌市1
    留萌市2

    留萌市のお礼の品を探す

  28. 28 輪島市

    石川県能登半島北端に位置する輪島市。古くから港まちとして知られ、中世には「親の湊」と呼ばれ海上交通の要衝として発展した。曹洞宗の大本山「總持寺」があることでも知られている。
    沖合には豊かな天然礁が広がるため、漁業が盛んだが、伝統的な海女漁も盛ん。「輪島の海女漁の技術」は国の重要無形民俗文化財に指定されている。
    特産品として世界的に名高いのが、輪島塗。室町時代から長い年月をかけて確立され受け継がれてきた技は、今も多くの人たちを魅了してやまない。

    輪島市1
    輪島市2

    輪島市のお礼の品を探す

  29. 29 伊勢原市

    神奈川県のほぼ中央に位置する伊勢原市。市のシンボルとしても知られる大山は、古くから山岳信仰の対象として知られ、江戸時代には年間20万人もの参拝客が訪れたという。また、江戸城を築城したとされる太田道灌の墓が市内にあることでも知られている。
    昭和初期に小田急電鉄が開設されたことで人口が増加した同市は、東部になだらかな平野部が広がることもあって、果樹栽培や畜産が盛ん。県内最大の酪農地帯でもあり、地元の牛乳は「いせはら地ミルク」としてブランド化もされている。

    伊勢原市1
    伊勢原市2

    伊勢原市のお礼の品を探す

  30. 30 網走市

    世界自然遺産にも登録されている知床や阿寒摩周、大雪山の3つの国立公園に囲まれた、網走国定公園の中心に位置する網走市。市街地近くには、知床連山を眺望できる名勝天都山があり、緑豊かな市街地を形成している。
    新鮮な魚介類の宝庫であるオホーツク海や、市街地を貫流する網走川、そして、ラムサール条約登録湿地の濤沸湖をはじめとする大小5つの湖沼が織りなす、水と緑の自然景観は一見の価値があるだろう。

    網走市1
    網走市2

    網走市のお礼の品を探す

  31. 31 王寺町

    奈良県の西北部に位置する王寺町。まちの北端には大和川、東部には支流の葛下川が流れ、豊かな自然環境に恵まれている。古くは大和川による水路、明治以降は鉄道が発達・整備されたことで、同地は大阪から奈良への玄関口、大阪圏のベッドタウンとして発展した。聖徳太子ゆかりの地としても知られ、中でも聖徳太子と達磨大師の出会いの地である達磨寺は有名だ。近年は、青色LEDが仕込まれた浮き球を葛下川に流して天の川に見立てるイベント「王寺ミルキーウェイ」も開催され、賑わっている。また、令和2年には、大阪府・奈良県・和歌山県にまたがる和泉山脈や金剛山地を中心に行われてきた修験道、葛城修験をテーマとするストーリー「『葛城修験』ー里人とともに守り伝える修験道はじまりの地」が日本遺産に認定されたが、王寺町の明神山も同ストーリーの構成文化財として組み込まれていることも話題となった。

    王寺町1
    王寺町2

    王寺町のお礼の品を探す

  32. 32 洞爺湖町

    北海道南部に位置する洞爺湖町は、洞爺湖と有珠山と噴火湾に囲まれた自然ゆたかなまちです。2006年に虻田町と洞爺村が合併したことで誕生しました。
    町域すべてを含む洞爺湖有珠山ジオパークは、国内ではじめて「世界ジオパーク」に認定されたことでも知られています。
    北海道内でも比較的温暖な気候で、冬も降雪が少ないため、リゾート地としても有名。洞爺湖温泉には年間200万人以上の観光客が訪れます。
    農業や漁業が盛んで、噴火湾で養殖されているホタテはブランド化しているほどです。

    洞爺湖町1
    洞爺湖町2

    洞爺湖町のお礼の品を探す

  33. 33 中央市

    山梨県の中央南部に位置する中央市。同市の浅利一帯は、かつて「佐奈田与一」「那須与一」とともに「三与一」として名をはせた弓の名手・浅利与一義成が本拠としたことでも知られている。市内には、浅利与一が伽藍を再建し、寺領を寄進した大福寺があり、平安~鎌倉にかけての仏像が多く奉られている。
    釜無川・笛吹川など、多くの河川が流れる中央市は、肥沃な土壌に恵まれ、農業が盛ん。とうもろこし、トマト、なす、きゅうり、シャインマスカット、キウイなど、多種多様な農産物が育つ。

    全国814都市を対象とした「住みよさランキング2017」では、総合で第32位に輝くなど、住みよいまちとしても知られるが、2027年(令和9年)にはリニア中央新幹線の「山梨県駅(仮称)」が中央市に隣接予定。さらに暮らしやすく、賑わいのあるまちへと発展することだろう。

    中央市1
    中央市2

    中央市のお礼の品を探す

  34. 34 湯河原町

    神奈川県南西部に位置する湯河原町。山と海に囲まれた温泉街として知られる同町だが、歴史は古く、その湯は「万葉集」にも詠まれているほど。多くの文人に愛されてきたことでも知られ、谷崎潤一郎や島崎藤村、芥川龍之介が同地を訪ねている。
    現在も風情のある温泉地として親しまれており、国内外から多くの観光客が訪れる。都心からJRで約90分(新幹線を使えば約60分)というアクセスの良さから、温泉を日帰りで楽しむことができるのも人気の理由だ。
    温泉以外にも、秋に紅葉が美しい池峰ハイキングコース、早春の頃に紅梅・白梅が咲き乱れる幕山ハイキングコースなど、散策コースも充実。また、湯河原町といえば、若き日の青木功プロが鍛錬したという湯河原カンツリー倶楽部も人気だ。おとな時間を楽しめる場所。それが湯河原町である。

    湯河原町1
    湯河原町2

    湯河原町のお礼の品を探す

  35. 35 別海町

    北海道東部、根室湾に面する別海町。日本一大きな砂の半島として知られる野付半島は、環境に恵まれており、約260種類の野鳥たちが同地で確認されている。この数は日本で確認されている鳥の約40%に相当。野付湾では冬の朝になると、光の屈折の関係で四角い太陽が見られることでも有名だ。

    別海町は、酪農が盛んで、生乳生産量日本一のまちとして知られている。サケ・マス漁も昔から盛んで、西別鮭は江戸時代に将軍に献上されたという逸話も残っている。大人の掌よりも大きいホタテ貝や、昔ながらの漁法で獲られている北海シマエビなど、海の絶品グルメにも事欠かないまちだ。

    別海町1
    別海町2

    別海町のお礼の品を探す

  36. 36 土佐町

    四国の真ん中に位置する高知県土佐町。「四国の水がめ」として知られる西日本で最大規模のダム「早明浦ダム」や、心癒やされる棚田の絶景など四季折々の豊かな自然と清らかな水に恵まれた里山である。まちの基幹産業は農畜林で、幻の和牛「土佐あかうし」の一大の産地としても知られている。

    土佐町1
    土佐町2

    土佐町のお礼の品を探す

  37. 37 新発田市

    新潟県の北部、日本の穀倉地帯といわれる蒲原平野部に位置する新発田市。
    同市の北西には白砂青松と形容される美しい海岸が広がり、南東の山岳地帯には豊かな自然景観に恵まれた磐梯朝日国立公園、胎内二王子県立自然公園がある。
    同市は、東洋一といわれた堤桜を有す加治川の水系によって潤う肥沃な土地が広がっており、県内有数のコシヒカリの産地としても知られている。
    また、国の重要指定文化財となっている新発田城、清水園等の歴史施設、月岡温泉をはじめとする温泉地など、観光資源にも恵まれているのが特徴だ。

    新発田市1
    新発田市2

    新発田市のお礼の品を探す

  38. 38 西会津町

    福島県の最西端、会津盆地の西部に位置する西会津町。江戸時代には越後街道の三大宿場として栄えた同地は、土地の大半が山林で占められる豪雪地帯である。「野沢の山の神様」として県外からも多くの参拝客が訪れる大山祇神社、会津ころり三観音のひとつ鳥追観音、酒造りの神様を祀る松尾神社、国指定の重要文化財である円満寺観音堂など、仏教・神道が深く根付いているまちとしても知られている。

    西会津町1
    西会津町2

    西会津町のお礼の品を探す

  39. 39 南山城村

    京都府東南端に位置し、滋賀、三重、奈良の三県と隣接する南山城村。京都府下ではたった1つの村だ。
    村内にある恋志谷神社は後醍醐天皇にゆかりがあることで知られる。鎌倉時代末期、後醍醐天皇に想いを寄せる女官が命を絶ったという言い伝えが残っている。
    幕末に煎茶の輸出が盛んだったことから、茶畑が村内に広がり、宇治茶の栽培が盛ん。木津川に近く、朝霧が立つ環境にあることから、香りの良いお茶に仕上がるのだという。

    南山城村1
    南山城村2

    南山城村のお礼の品を探す

  40. 40 広尾町

    北海道・十勝のもっとも南に位置する広尾町。西に日高山脈がそびえ、東に太平洋を望む。まちを貫く黄金道路(国道336号)、広尾岳を含む日高山脈襟裳国定公園など、ダイナミックな景色は感動的な美しさだ。
    町内では、まちづくり人材育成「ひろお未来塾」や高齢者学習講座「すまいる元気塾」などを開催。町民が元気になれる事業を積極的に進めている。
    1984年、同町はノルウェーのオスロ市から国外初のサンタランドに認定。その活動の一貫である「サンタメール事業」では、申込者へサンタクロースからのクリスマスカードを贈る。このサンタメールは1万円以上のふるさと納税寄附者にも届ける。支援する人もまた、笑顔になれるまちなのだ。

    広尾町1
    広尾町2

    広尾町のお礼の品を探す

  41. 41 甲州市

    山梨県北東部に位置する甲州市。日本百名山の大菩薩嶺や嵯峨塩渓谷などの広大な山岳地帯と渓谷に囲まれた自然豊かなまちである。ぶどう・いちご・桃・さくらんぼ・ころ柿などの果樹栽培が盛んで、1年を通して様々な果物が収穫される。
    また、甲州市勝沼地区は日本におけるワイン醸造発祥の地である。明治時代に始まったワイン作りは今もなお盛んに行われており、市内にある40社以上のワイナリーで国産ワインの25%が醸造されている。

    甲州市1
    甲州市2

    甲州市のお礼の品を探す

  42. 42 南国市

    高知県中心部にある南国市は、空の玄関である「高知龍馬空港」と、陸の玄関である「高知自動車道南国IC」を擁し、全国各地と高知を結ぶ玄関都市としての役割を担っている。市内には温暖な気候を生かした園芸施設「西島園芸団地」など、人気の観光スポットが点在。加えて、その昔に四国統一を果たした武将・長宗我部元親の故郷ということもあり、歴史ファンも多数訪れるなど観光地としても人気が高い。
    また、ふるさと納税の寄附金を活用し、健康福祉や子育て・教育の充実、産業振興、地域コミュニティづくり、文化・スポーツ振興といった事業に取り組み、住みよいまちづくりも目指している。移住地としても幅広い年代から注目を集めるまちだ。

    南国市1
    南国市2

    南国市のお礼の品を探す

  43. 43 朝来市

    兵庫県のほぼ真ん中に位置する朝来市。移住者や子育て支援をはじめとするまちづくりが評価され、「2016年版住みたい田舎ベストラン
    キング」で、全国1位に選ばれた。
    観光名所には、「天空の城」「日本のマチュピチュ」と呼ばれる「竹田城跡」がある。同所が雲海に包まれた姿は見る者を魅了する。また山陰随一の規模を誇る白井大町藤公園には、500mもの藤棚がある。5月の「藤まつり」では、花が咲き乱れ、幽玄な空間を創りだし、訪れる人の目を楽しませている。

    朝来市1
    朝来市2

  44. 44 鰺ヶ沢町

    青森県の西海岸に位置する鰺ヶ沢町は、北は日本海、南は世界遺産「白神山地」と秀峰「岩木山」に面する。さらに、白神山地を源流とする「赤石川」と岩木山を源流とする「中村川」「鳴沢川」の3河川が海にそそがれており、ぜいたくなほどに「海・山・川」の恵が三拍子揃ったまちだ。例えば、鰺ヶ沢町随一の名所「くろくまの滝」は落差85m幅15mの威風堂々とした瀑流で、そのスケールは青森県内最大級。こうした自然が織りなす四季折々の美しい景色同様、その恵みから生み出された名産品は他に類を見ないほどシンプルでオンリーワンなものばかり。
    「白神山地の水」もその一つ。日本で初めて世界自然遺産となった白神山地は、人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ林が世界最大級の規模で広がっている

    鰺ヶ沢町1
    鰺ヶ沢町2

  45. 45 厚岸町

    北海道の南東部、釧路市根室市のほぼ中間にある厚岸町は厚岸湾とそれに続く厚岸湖を抱くような地形を持ち、海沿いに市街地が広がる。
    厚岸といえば思い浮かぶのは「牡蠣」。養殖が行われる厚岸湖は厚岸湾に繋がる汽水湖。別寒辺牛湿原から流れ込む川の栄養と、海からのミネラルが豊富だ。水温が低いと牡蠣はじっくりと時間をかけて育つ。厚岸には恵まれた環境に加え、大正時代から続く長い養殖の歴史がある。おいしい牡蠣は環境と生産者の努力が生む宝物だ。
    だが、厚岸町は牡蠣だけではない。アサリや昆布、サンマや北海シマエビなど海の幸が目白押しだ。陸側に目を向ければ貴重な動植物の宝庫、広大な別寒辺牛湿原が広がる。ここでは、カヌーツアーやバードウォッチングなどで年間を通して大自然を楽しめる。さらに6月下旬には「あっけしあやめまつり」、7月には「厚岸夏まつり」、そして10月には最大のイベント「あっけし牡蠣まつり」がなんと10日間にわたり開催される。町外からも多くの人が集まり自慢の牡蠣に舌鼓を打つ。1年中、見どころもうまいものも尽きない厚岸にぜひ来てみてほしい。

    厚岸町1
    厚岸町2

  46. 46 天城町

    鹿児島本土から約470km、奄美群島のひとつ徳之島の北西部に位置する天城町。美しい海や砂浜はもちろんのこと、日本最大級の水中鍾乳洞「ウンブキ」、「犬の門蓋」の奇岩・断崖、ムシロを敷き詰めたような巨岩が連なる「ムシロ瀬」など、自然が作り出したユニークな景観も多く、訪れる観光客を楽しませている。
    暖かい気候を活かしたマンゴー栽培が盛んで、奄美以南の限られた地域でしか実現できない「完全無加温栽培」が行われている。マンゴーのような南国の果物は、冬の寒さで枯死しないように、ビニールハウスの中でボイラーをたいて加温しなければならないのだが、天城町は年間平均気温が高いため、その必要がなく、無加温で栽培できるのだとか。

    天城町1
    天城町2

  47. 47 有田町

    佐賀県の西端に位置する有田町。日本で初めて磁器が焼かれて以来、ドイツの「マイセン」にも影響を与えるなど、磁器生産の長い歴史と高い技術を誇る。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された有田内山地区には、登り窯の廃材でつくったトンバイ塀や、古い建物が点在。「日本の棚田百選」に選ばれた岳地区の棚田に代表される自然も豊かで、そこで生産される農畜産物も全国区になりつつある。

    有田町1
    有田町2

  48. 48 池田町

    北海道の南東、十勝平野の中央やや東よりにある池田町。1963年、全国で初めて自治体主体でワイン造りを始めたワインのまちだ。
    製造施設であり観光拠点でもある「池田ワイン城(正式名称:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)」は現在、改修工事が行われており、本館は休館中だ。オープン予定は2020年4月下旬。新生ワイン城では、町民と観光客との交流などを通じ、まちのワイン文化をより豊かに体感できる。

    池田町1
    池田町2

  49. 49 石巻市

    宮城県北東部、北上川の河口に位置する石巻市。三陸・金華山沖は世界三大漁場の一つ。リアス式海岸や点在する島々のおかげで多様な魚が集まる地形となっている。観光スポットも石ノの森萬画館、東北随一の猫島「田代島」、海産物の競せりを見学できる石巻魚市場など多数ある。
    東日本大震災から10年、壊滅的な被害から着実に復旧・復興が進み、ふるさと納税などを通して、多くの応援メッセージが届いている。

    石巻市1
    石巻市2

  50. 50 稲美町

    平成から令和へと改元し、新元号の典拠となった『万葉集』のゆかりの地として注目の稲美町。同町の「いなみ野万葉の森」には、令和の典拠となった『万葉集』の歌碑も30年以上前からある。また、稲美町はため池が多いことでも知られる。雨が少ない地域で、古来より田畑の水の確保にため池を造った。今でも88ヵ所のため池があり、田畑との調和した景観は独特。人々の暮らしの原風景になっている。

    稲美町1
    稲美町2

  51. 51 いの町

    高知県中央部に位置するいの町には、「仁淀ブルー」と称され、日本トップクラスの水質を誇る仁淀川が流れる。仁淀川は鮎釣りやカヌー体験などのレジャーが有名だが、土佐の伝統工芸「土佐和紙」の製造にも欠かせない川だ。土佐和紙は仁淀川上流の山間部で栽培された楮を原料とし、仁淀川の清流で漉かれるからだ。

    いの町1
    いの町2

  52. 52 指宿市

    旅心くすぐる湯の香り。目に鮮やかな南国の花々。いく先々で、楽しみが五感を刺激する、薩摩半島の南端にある指宿市。世界でも珍しい天然砂むし温泉は「一度体験してみい!」と海外からも人気を集める。薩摩富士と称される美しい開聞岳や九州一の火口湖・池田湖、熱帯植物が彩る海岸線など、南国独特のダイナミックな魅力に満ちあふれるまちだ。 
    そんな指宿市は、古くから全国1位、2位を争う観葉植物の産地で、返礼品にも多種多様な観葉植物が並ぶ。どの植物もつやつやと葉を輝かせて元気そうだ。

    指宿市1
    指宿市2

  53. 53 今治市

    愛媛県の北東部にある今治市。中心市街地がある平野部、緑豊かな山間部、瀬戸内海に浮かぶ大小の島々など、変化に富んだ地勢が特徴だ。瀬戸内海の島々を橋でつなぎ、今治市と広島県尾道市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」は、日本で初めて海峡を横断するサイクリングロードが併設されている。潮風を感じながら眼下に瀬戸内海と多島美を眺めようと、国内外から多くの人が訪れサイクリングを満喫しているのだとか。

    今治市1
    今治市2

  54. 54 岩泉町

    岩手県の沿岸北部に位置し、本州でもっとも広い岩泉町。広大な面積のほとんどを森林が占め、澄んだ空気と清らかな水に恵まれている。人気観光スポットは、日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」。洞窟に棲すむコウモリと共に国の天然記念物に指定されている。芸術品のような鍾乳石や透明度が高く青く輝く地底湖は大自然の神秘そのもの。訪れた人に大きな感動を与えてくれる。

    岩泉町1
    岩泉町2

  55. 55 岩手町

    岩手町は、岩手県の中部から北部に位置し、東北地方の母なる大河・北上川源泉のまち。全国有数のブルーベリーの産地として知られ、大根や長いも、ピーマンなど野菜の生産量は県内トップクラス。特にキャベツは東北一の生産量を誇る野菜総合産地だ。また、彫刻のまちとしても知られ、美術館と道の駅「石神の丘」が隣接し、芸術鑑賞をしながら気軽にピクニックを楽しめる。

    岩手町1
    岩手町2

  56. 56 岩内町

    北海道の西海岸・積丹半島西側の付け根に位置し、日本海とニセコ連峰を望む自然豊かなまち・岩内町。明治~大正時代にニシン漁で栄え、この時代に建立された帰厚院阿弥陀如来大仏像や、町無形文化財「赤坂奴」が演舞する岩内神社例大祭など、歴史遺産も多い。一年を通して様々な魚が水揚げされ、高い水産加工技術によって多くの名産品が生み出されている。

    岩内町1
    岩内町2

  57. 57 宇都宮市

    栃木県のほぼ中央に位置し、古くから門前町、宿場町、城下町として栄えてきた宇都宮市。歴史の要衝という顔のほか、さまざまな魅力あふれる顔を持つ。全国的な知名度を誇る餃子のまち、2018年に日本遺産に認定された「大谷石文化」が息づくまち、日本を代表するバーテンダーたちが腕を競うカクテルのまち、ジャパンカップサイクルロードレースなど、各種自転車レースを開催している自転車のまち……。数え上げたらきりがないほど多彩な顔を宇都宮市は持つのだ。

    宇都宮市1
    宇都宮市2

  58. 58 宇土市

    熊本県宇土市。安土桃山時代、キリシタン大名として知られる小西行長がつくった城下町として栄え、現在も多くの歴史的建造物や文化が残るまちである。有明海に面しており、日本最大級の干潟・御輿来海岸の美しい砂紋は、宇土市の絶景スポットの一つだ。
    温暖な気候を活かした果樹栽培が盛んで、ネーブルオレンジやデコポンなどがつくられている。とりわけネーブルオレンジは100年以上この地で栽培され続けてきた。また、有明海沿岸地域は、肥料持ちの良い粘土質土壌で地下水が豊富なため、イチゴ栽培にも適しているのだとか。

    宇土市1
    宇土市2

  59. 59 浦安市

    千葉県の北西部に位置する浦安市は、三方を海と川に囲まれて、かつては「陸の孤島」と呼ばれていた漁業のまちだった。しかし、昭和46年の漁業権全面放棄を機に、海面埋立事業が進められ、面積は4倍に拡大。さまざまな都市基盤が整備され、1981年に浦安市が誕生した。その2年後の1983年4月15日、舞浜地区に「東京ディズニーランド®」が開園し、その周辺には大型リゾートホテルが続々と新設。22000年に、商業施設「イクスピアリ®」、2001年9月4日に「海」をテーマとする「東京ディズニーシー®」が開園し、ベイエリアを中心に、今も発展を続けている。

    浦安市1
    浦安市2

  60. 60 雲仙市

    長崎県南部、島原半島の北西部にある雲仙市。西岸は橘湾、東湾は有明湾に面し、雲仙普賢岳を取り巻くように位置する。島原温泉や雲仙温泉、小浜温泉など、全国的に名高い温泉地も多く、観光客が多く訪れる。じゃがいも、雲仙ブリ(ハマチ)、雲仙トラフグ、瑞穂産牡蠣とあさりなど名産品も多い。
    2021年8月の記録的大雨で、甚大な被害を受けたが、希少性の高い返礼品でふるさと納税の寄付額を伸ばし、これを復興活動に活用したいと関係各所が一丸となって取り組んでいる。

    雲仙市1
    雲仙市2

オススメのランキング

Loading ...