ふるさと納税ニッポン!

map

北海道

1869年(明治2)に北海道と名を改め、開拓使がおかれた。そして、開拓次官の黒田清隆が中心となって本格的に開発が進められた。開拓使は、1882年(明治15)に廃止され、函館、札幌、根室の3県時代を経て1886年に北海道庁を設置。1947年(昭和22)の地方自治法の施行により、府県と同格の自治権を有する現在の北海道が誕生した。農作物の生産は群を抜いている。青函トンネルの開通で本州と陸続きになったいま、資源や食料の供給基地としてますます重要度は高まっている。さらに、北海道は大陸的で雄大な風景がすばらしい。

出典:『平成の大合併 県別市町村名事典』(浅井建爾著・東京堂出版刊)

厳選レビュー

北海道白糠町

絶品いくら、お手軽焼き鮭、しそ香る焼酎にご当地スイーツ。白糠発のおいしい便りが到着!

 白糠町といえば真っ先においしいいくらが思い浮かぶ人は多いだろう。北海道東沖のいくらだけを使った「北海道海鮮紀行いくら」は2016~17年、2年連続で楽天ふるさと納税ランキングで全返礼品中の第2位に輝いた圧倒的人気を誇る。  しかし一昨年から2年連続で昭和35年以来という凶漁が続き、国産原料の確保が難しくなった。そこで登場したのがこの「いくら醤油漬」だ。 「原料のロシア産のマス卵は水揚げ直後に船の上で卵を取り出し、冷凍するため鮮度抜群です。上級のものだけを厳選して仕入れ、『北海道海鮮紀行いくら』と同じ私たちの工場で加工・味付け。甘さを抑えた卵本来の味と旨みがしっかり感じられる自信作です」と話すのは広洋水産の工藤啓介さん。  昨年11 月の登場以来、人気は急上昇、3月には早くも楽天の全返礼品ランキングのトップに立った。こちらの「いくら醤油漬」と北海道東沖で獲れた鮭から作った高級いくらの「北海道海鮮紀行いくら」の食べ比べセットも登場した。味わいの違いを試してみるのも楽しい。

詳細を見る

北海道赤平市

北海道産羊の高級ジンギスカンに高性能の国産スーツケース。毎日使えるエリエール製品も人気

 北海道赤平市は、札幌から旭川へ向かう途中にある自然豊かなまちで、かつては炭鉱産業で栄えた。現在も市内には立坑櫓やズリ山など多くの炭鉱遺産が残っており、寄附金の一部はこれらの保存・継承にも使われる。  さて、北海道グルメの代表格といえばジンギスカンだが、多くは道産の羊肉ではなく、ニュージーランドやオーストラリア産の輸入肉が使用されている。そんな中、アイマトンの「北海道ジンギスカン」は、赤平市内の牧場で育てたサフォーク種の羊を使っており、正真正銘、原産地・北海道のジンギスカンだ。口に運んだ瞬間、まず香りの違いを感じる。臭みはなく、肉の甘みと旨み、やわらかさ、脂の乗り具合、すべてがちょうどいい。生産量の8割が東京のレストランに卸されていることからも、品質の高さがうかがえる。なぜこれほどまでに味の違いが出るのか、アイマトンの黒島さんに話をうかがった。 「生まれてから羊舎内で飼育し、餌には青草を使用しないので、羊肉特有のにおいや味の荒々しさが軽減されて、繊細な肉に仕上がります。輸入羊肉との決定的な違いはここですね。さらに、近隣のぶどう畑で生産されたワイン用品種のぶどうリーズ(絞った残りの皮と種)を肉の仕上げに餌として与えています。羊たちはこのぶどうリーズが大好物なので、食べる楽しみをあげたいと思って。できるだけ羊たちにストレスをかけないようにするのも、おいしい肉づくりの秘訣といえるかもしれません」  タレの味でごまかさない、本当にお肉がおいしい北海道ジンギスカンをたくさんの人に食べてもらいたい。

詳細を見る

北海道猿払村

まろやか風味のさるふつ牛乳、ぷりっぷり厚身の天然ホタテ。最北の村育ちの美味に悶絶!

「一度口にしたら忘れられない美味」が、日本最北の村=猿払村にある。その一つが「さるふつ牛乳」。冷蔵庫で2日ほど置くと生クリームが浮かぶほど濃厚、なのに、後味はさらっと爽やか。その独特の風味は、「この村で採れる牧草にも由来するようです」と話すのは、乳製品の加工場でもある猿払村畜産振興公社「牛乳と肉の館」の技師・小田嶋優駿さん。良質な牧草を食べ、のんびり暮らす牛から搾られるおいしい生乳は、わずか20分ほどで加工場へ到着。「78度で20分加熱する殺菌法を用い、タンパク質の変性を抑え生乳の風味が残るようにしています。そして作りたてを即発送。より新鮮な味をお楽しみいただきたいですから」。この作り手の熱意も、おいしさの理由の一つである。  同じ生乳を原料とする「さるふつバター」と「なめらかアイス」も、リピート率の高さは抜群だ。大人気のさるふつ牛乳ブランド製品が、新しいロゴと洗練パッケージでお洒落にリニューアル。味も見た目もシンプルリッチでハイセンスな3品は、大切な方への贈り物にもおススメしたい。

詳細を見る

北海道音更町

申込殺到! 「よつ葉」バター・チーズ十勝の恵み、小豆・乾麺も人気上昇中

 十勝平野のほぼ中央に位置する音更町。北海道遺産に選定された世界でも珍しい「モール温泉」が湧出する十勝川温泉がある。モール浴といわれる入浴法には美容法効果が期待でき、「美人の湯」と呼ばれ、季節を問わず国内外から多くの観光客が訪れる。農業が盛んな同町は、小麦、大豆、小豆、にんじん、ブロッコリーなど、作付面積・収穫量ともに日本でトップクラスを誇る。  返礼品には、こうした十勝の恵み64品目が並び、平成30年度の寄附額は、前年比で約1.4倍に伸びた。  不動の人気ナンバー1の返礼品は、同町に工場を構える「よつ葉乳業」のチーズ・バターセット。十勝管内の生産者が作る新鮮な生乳を使い、中はとろりと柔らかい「カマンベールチーズ」や、良質なクリームを乳酸菌で発酵させてから、昔ながらの製法でじっくり練り上げた「北海道発酵バター」など8種類が楽しめる。パンと一緒に食べるほか、料理に使っても、もちろんおいしい。  おとふけ産の小麦を100%使用した乾麺のうどんと平打ちうどんのセットもおすすめだ。小麦が持つ独特のコシの強さとほのかな甘み。歯切れのよい麺なので、温かくしても冷たくしてもおいしく食べられる。  人気上昇中なのは、小豆。外皮には利尿作用があるサポニンや食物繊維などが豊富と話題の食材。寒暖の差のある北の大地で育まれた同町の小豆は、風味があっておいしい仕上がり。全国の老舗和菓子店で使用され、高い評価を得ている。返礼品には、こうした地元の小麦や小豆などこだわり素材を使った、十勝ならではのスイーツセットや手作りプリンなどもあり人気だ。 「ふるさと納税をきっかけに十勝の恵みに触れ、ぜひ訪れてください」と同町企画課の増地勇太さん。広大な自然を体験したくなる。

詳細を見る

北海道広尾町

ホクホクししゃもに放牧牛乳アイス、知らぬ人はいない名物ジンギスカンも

 広尾町は十勝平野の最南端、海と山の両方の恵みが豊富な、のどかなまちだ。北海道有数の重要港湾「十勝港」を有し、十勝の食の玄関口として知られている。毛がに、鮭、ししゃもなど季節ごとに様々な魚介類が豊富に水揚げされるが中でも有名なのがししゃも。町内の十勝港で揚がるししゃもは漁獲高が度々日本一になるほどなのだ。  この広尾のししゃもだけを扱うのが岡嶋水産。しっとり感を残した絶妙な干し具合の生干しししゃもはふっくらホクホクの焼き上がりが自慢の逸品。お届けするのはたっぷりと卵の入った大メスだけ。焼きたてを何もつけずに味わってほしい。  次にご紹介するのは、草原を自由に歩き回る放牧牛の牛乳だけを使ったアイスクリーム。町内の牧場、菊地ファームでは乳牛の飼育、搾乳、加工までを一貫して行なう。新鮮なミルク本来の味が楽しめるさっぱりなめらかな味わいは、「酪農家の自分たちが心から食べたいアイスを作る」という菊地さんのこだわりから生まれた。季節や牧草の違いによって変化する生乳の味わいを活かした酪農家自慢のアイスクリームをぜひ冷凍庫に常備したい。  広尾町唯一のお肉屋さん、さかい精肉店は町民で知らない人はいないという味付きジンギスカンを扱うお店。町民からの支持は絶大で、花見にバーベキュー、夏祭りなどイベント時にはこれがないと始まらないというほどだ。醤油とみりんがベースの飽きのこないタレは、1970年の創業時から変わらない味。1パックに肉500g、タレ100gが3セットで合計1.8㎏と店主こだわりの重量感でお届けする。  同町水産商工観光課の山田雅樹さんは「広尾町にはいい素材と、これを活かした丁寧で正直な逸品が揃っています。ぜひ一度食べてください」と話してくれた。

詳細を見る

北海道新十津川町

採れたてをお届け! 高級メロンに高糖度トマト、旬の農作物の定期便も

 新十津川町は、明治22年に奈良県十津川村で起きた大水害の被災民が移り住んだまちである。以来、住民同士の交流は続き、2017年には新十津川町・十津川村・奈良県の三者で連携協定を結び、お互いの特産品の販売や観光PRを行っている。道内有数の穀倉地帯として知られ、石狩川の流れる肥沃な大地では、その恵みを受けた農作物が丁寧に育まれている。  これからの季節に旬をむかえる味覚といえば、赤肉メロン「ノースランドレッドメロン」だ。なめらかな舌触りと、甘くてコクのある果肉が特徴で、贈答品としても人気の高級種。こちらを2玉と、メロンの果肉をふんだんに使用したひとくちサイズのメロンゼリーのセットは、リピーター続出の人気返礼品だ。ジューシーなメロンと、気軽に食べられるゼリー、どちらも暑い夏の日にひんやり冷やして存分に味わいたい。  夏に食べたい野菜の代表格・トマトも注目の一品。「清野ファーム高糖度トマト」は、与える水を最小限に抑えることで、通常のトマト栽培では難しい7度以上の高糖度を実現した。口にした人は皆、まず果物のような甘さに驚き、それからずっしりと食べごたえのある果肉に満足感を覚える。こちらもメロン同様、リピーターが多い。  同町では他にも、北海道米の最高峰といわれる「ゆめぴりか」や、甘くてやわらかいアスパラ、肉厚で旨みたっぷりのしいたけ、フルーツのように甘くて食べやすいミニトマト、美しい赤銅色のタマネギなど、さまざまな農作物が生産されている。それらをまとめて楽しめるのが「農産物年間定期便」だ。5月から翌年3月までの間に6回、6種の旬の農作物が届けられる。季節の移り変わりとともに新十津川町から届く野菜の便りは、開封するたびに驚きと嬉しい気持ちを感じられて楽しい。

詳細を見る

北海道白糠町

お正月には欠かせない! ダントツ人気のいくらが登場。数の子、たらこ、たこ刺しも絶品

 お正月のおめでたい食卓に欠かせない鮭、いくら、数の子。その全てが揃う北海道白糠町。いずれの品も町内で生産、加工されたものだけを扱う。  トップバッターは新巻鮭。こちらを手がける東和食品では道東を中心に水揚げされた秋鮭のオス、銀毛と呼ばれる特別な鮭のみを使う。「銀毛は脂が乗り、味のバランスがとてもいい状態です。伝統的な製法をアレンジし、一晩熟成させて旨みを凝縮しています」と鮭グループの東良明部長が話してくれた。東和食品では、毎年7万尾もの新巻鮭を生産。全国の有名百貨店等に発送される。今回は新巻鮭とこれに醤油いくらがセットされたものの2種を紹介する。  普段使いに重宝するのが一切れずつパックされた「秋鮭ふっくらサーモン」だ。手軽に使えて便利だが、味は本格派。同じ製法の商品が全国の百貨店で扱われるだけのことはあるのだ。秋鮭に塩をすり込み、数日間熟成させて切り身にカット、真空パックにする。特徴は何と言ってもふっくら優しい味わい。熟練の職人が材料を見極め、熟成加減を調整している。

詳細を見る

北海道厚岸町

言わずと知れたうまい牡蠣、ホタテにいくら、こんぶめん、厚岸の海の幸が続々登場

 厚岸町といえば「牡蠣」。歴史に裏付けされた優れた牡蠣の養殖技術を誇る町だ。北海道内にとどまらずその名は全国に知れ渡る。  養殖が行われるのは厚岸湖。淡水と海水が混じる汽水湖で栄養が豊富だ。年間を通して低い水温を保つため、牡蠣は時間をかけて成長し、旨みが凝縮されおいしく育つのだ。  なかでも生まれも育ちも厚岸、100%厚岸産の牡蠣が「カキえもん」。厚岸生まれ厚岸育ちの牡蠣を育てるために日本で初めて導入したシングルシード方式で稚貝を厚岸湖の波に揺らし、ゆっくり成長させる。そのため小ぶりだが甘みと旨みは格別だ。「カキえもんスペシャル」は養殖約1年半で出荷する一番若く小ぶりなカキえもん。これを扱うのがマルユウ海楽の池田勇司さんだ。 「カキえもんスペシャルは産卵前の若い牡蠣。甘みがあり濃厚ですがすっきりとしたクリアな味わいです。小ぶりですが、一口で身もヒレもつるっといけます。生食で味わってほしいですね」  厚岸のすべての牡蠣は水揚げ後、紫外線殺菌海水で48時間洗浄後に出荷される。池田さんはさらに徹底した洗浄を行うという。「地下3メートルから汲み上げ、機械を通して電解質で発生させた殺菌海水を満たした生簀に最低でも1週間留め置きます。体内の海水が完全に入れ替わり、雑味のないちょうどいい塩分の牡蠣になります。うまいですよ」。この特別な牡蠣、カキえもんスペシャルを扱うのは池田さんだけだ。  もう一つ、厚岸で主流の大ぶりな牡蠣が「マルえもん」。一年を通じて出荷可能な牡蠣だ。稚貝のうちから厚岸湖で養殖する。カクイチ馬場商店からお届けするのはL サイズ20個セット。「マルえもんは厚みのある身と濃厚な味わいが特徴です。まずは生でどうぞ。そしてぜひ試してほしいのが蒸し牡蠣。凝縮された牡蠣の味が楽しめます」と話してくれた。マルえもんLサイズはどんな料理にも扱いやすいサイズ。たっぷり20個が届いたら、生食の他、鍋やフライ、バター焼きなど牡蠣三昧を楽しみたい。

詳細を見る

北海道上川町

カムイの恩恵=自然を活かした日本一の麺、コーンやメロン、美酒は皆、上川のまちの誇り

 北海道の屋根といわれる大雪山連峰は、日本一の大きさを誇る国立公園。その雄大な自然を巡る石狩川源流に、上川町はある。まちに湧くミネラル豊富な天然水を使い60余年、三輪商事では誠実に麺を打ち続けている。同社が地元・層雲峡の土産品となるよう、33年前に開発したのが、返礼品の「北海道層雲峡ラーメン」。社長の三輪登さんによると「基本的に味や食感、見た目は当時と同じ。添加物は最小限の使用にとどめています」と言う。「生麺のようなシコシコした歯応えが自慢です。けれど生麺と違って日持ちするので、お土産に喜ばれています」とも。まちには発足後32年になる「上川町ラーメン日本一の会」があり、同品の茹でた後もコシの強さを保つ利点を活かした、鍋ラーメンへの活用を町内外へ発信している。味噌・塩・しょうゆの付属スープも、また絶品。長葱や若布など、シンプルな具で十分、おいしい一皿が完成する。

詳細を見る

北海道池田町

十勝池田の人と自然が育てたワインや菓子や木炭で、いつもの暮らしをもっと豊かに

 北海道の東部、十勝平野の中央やや東よりに位置する池田町。人口約7000人の小さなまちは、1963年に日本で初めて自治体主導でブドウを育てワインを造り始めた「ワインのまち」として名を馳せる。1974年には、まちのシンボル「ワイン城(正式名称:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)」が完成し、館内見学ツアーや無料試飲、例年10月第一日曜に催されるワイン祭などで人気沸騰。年間約20万人の観光客が国内外から訪れる、北海道有数の観光スポットとなっている。  一方、建設から44年が過ぎ、老朽化、耐震化の課題も浮上。そのため現在、それら課題の解消と共に、文化活動拠点としての機能充実などを目的とする改修プロジェクトが進められている。2019年度に工事完了、2020年にはリニューアルオープンする予定だ。  このプロジェクト最大の目的は、ワイン城を単なる「モノづくり」施設から、池田町だからこその情報や文化を町民と観光客が共有できる「コトづくり」拠点へと、更なる魅力拡大を図ることにある。リニューアル後の構想の一例を挙げると、ワインセミナーの開講や地産品のマルシェの開催、町民による文化イベントの実施など。ワインのまち55年の歴史を基盤に、次なる十勝ワイン100年創成をめざして、地域からも外からも愛される城へ、大きな進化を遂げようとしている。  改修に要する財源の一部2000万円は、ふるさと納税のシステムを利用したクラウドファンディング(CF)でまかなう計画である。寄附金は1万円から。返礼品は「40年もののブランデー」や今は購入不可能な「オールドビンテージワイン」の他、寄附者専用の「プレミアムガイドツアー」など(寄附金額により異なる)。CFの受付は、2018年12月末まで。品によっては数に限りがあるため、興味があればぜひ早々に池田町・企画財政課企画統計係・松岡一栄さんまで、気軽にお問い合わせいただきたい。

詳細を見る

北海道広尾町

ふっくら絶品ししゃもと、まち一番のジンギスカン、サンタランドからの本物ツリー

広尾町は広大な十勝の最南端に位置するまち。平成30年、広尾町は150年を迎えた。同じく「北海道」も命名されて150年。北海道が命名された年にできた町は多くはない。町内では「つくる、つなぐ。広尾町」を合言葉に節目を祝った。  町内の十勝港では季節ごとに毛がに、鮭、ししゃもなどが豊富に水揚げされる。広尾のししゃもは日本一になるほどの漁獲量を誇る。しかし、乱獲を防ぐため漁期は10〜11月のわずか3週間だ。貴重な広尾産のししゃもを扱うのが岡嶋水産。社長の岡嶋 秀司さんは「ししゃもは川に遡上して産卵します。広尾で獲れるししゃもは遡上前の脂が乗って卵も熟した一番いい状態。うまいですよ」。  ご紹介するのはたっぷりと卵を抱いた大メスだけを40尾。10月から解禁された新物をお届けする。

詳細を見る

北海道音更町

芸能人御用達の苺大福に
ファン急増中の音更ぎょうざ、よつ葉の乳製品でキマリ!

 「とかち晴れ」といわれる雲一つない青空は、全国有数の日照時間を誇る十勝の特徴で、音更町は十勝のド真ん中。その恵まれた陽射しを味方につけて、農業法人ブルームではブランドイチゴ「十勝 銀龍苺」を育てている。設備の整ったハウス内は、常時イチゴにベストな環境をキープ。ミツバチが受粉を担い、苗床の手入れや収穫を熟練スタッフが手作業で行う。  銀龍苺の魅力をブルームの齋藤響俊さんに聞くと、「糖度は約12〜13度。酸味と甘みのバランスが良く、『苺大福』にぴったり。互いがおいしさを引き立て合います」と話す。熟した粒は早朝に手で摘まれ、一粒一粒ていねいにパッキング。冷蔵庫で数時間冷やされ、当日の夕方に出荷。東京の代官山、新千歳空港(今年11月オープン予定)にある直営店には、「摘んだ翌日の銀龍苺が並びます。『みずみずしくておいしい』と、著名な方も買いに来るようです」と齋藤さんは言う。

詳細を見る

北海道大樹町

ドカンと3㎏ 、お得でうまい、絶品豚しゃぶ、新鮮アイスに注文殺到

 広い空が広がる大樹町。日高山脈に囲まれ、太平洋に接するこののどかな町は「宇宙のまち大樹町」として全国的に有名だ。JAXAと連携協力協定を結び、町内の大樹航空宇宙実験場では最先端の実験が行なわれる。記憶に新しいのがホリエモンロケットで知られる観測ロケットMOMOの打ち上げだ。現在は3号機の開発が進む。航空公園には宇宙交流センターSORAが併設される。大樹町は北海道で宇宙に一番近い町なのだ。  返礼品に目を向けると豊かな大地が生むうまいものが目白押しだ。安定的人気を誇るのが「ケンボロー・ホエー豚しゃぶしゃぶもも肉セット」だ。提供するのは町で唯一の養豚農家、源ファーム。自慢の豚肉をメインにしたレストランも営む大美浪孝志さんに話を聞いた。「ケンボロー豚はイギリス原産で日本では7%程度しか肥育されていない希少な種です。ホエーを与えると豚の体調がよくなり、ストレスがかかりません。肉質はジューシーでしっかりした肉の旨みがあります。お届けするもも肉は脂が少なくさっぱり楽しめます」。新鮮なしゃぶしゃぶ肉がドカンと3㎏ 届くボリュームも人気の理由だ。

詳細を見る

北海道紋別市

濃厚カニ味噌がたまらない毛ガニ、旨みたっぷりの肉厚ホタテに無添加スモークサーモンも大人気

 オホーツク海沿岸に位置し、流氷が訪れるまちとして知られる北海道紋別市。流氷は豊富なプランクトンを運び、オホーツク海に恵みをもたらす。そんな紋別市からお届けするのは、もちろんおいしい海の幸だ。  大きな体にぎっしりと身が詰まった最高品質の毛ガニは、イチオシの一品。タラバガニやズワイガニなどと比べ、小ぶりで身が少ないと言われがちだが、紋別の毛ガニはちょっと違う。太い脚の殻を切ると、中には隙間なく身が詰まっており、食べ応え抜群。そして何より、毛ガニの真骨頂ともいえるカニ味噌が絶品! そのまま掬って食べたり、カニ身につけて食べたり、ご飯にのせてカニ味噌丼にしたり。コク深くクリーミーな味わいに、箸が止まらなくなる。そして、不動の人気ナンバーワン返礼品「オホーツク産ホタテ玉冷1㎏」は、流氷や水温の低い荒波の中でたくましく育つため、大きな身に旨みが凝縮され、食感も大変よい。そのおいしさは、養殖とは比べものにならない。1㎏と大量に届くので、刺し身やバター焼きなど色々な食べ方で楽しんで。

詳細を見る

北海道芽室町

生産量日本一のスイートコーン、みらい牛に山ワサビ。どれも、なまらウマい! 芽室の傑作

 北海道は十勝平野の中西部にある芽室町は、面積のおよそ9割が山林と農地の緑豊かなまちだ。日高山脈の裾野に広がる平坦で肥沃な地は、夏に30℃を超える日がある一方、冬はマイナス30℃近くになることも。春から秋にかけて昼夜の寒暖差が大きい気候が、農作物の身を引き絞め、豊かな旨みや甘みを生み出すといわれる。  ゴボウやジャガイモなど、農作物の多くが日本トップクラスの収穫量を誇る。農業を活かした障がい者就労支援は同町ならではの取り組みの一つで、A型事業所では、障がいを持つ方が農作物の栽培や加工に従事。まちには乳幼児期から就学、就労まで一貫性と継続性のある支援を行う「発達支援システム」が構築されているが、就労について、基幹産業である農業が力を発揮しているというわけだ。  農作物の中でも生産量日本一のスイートコーンは、返礼品でも大人気。1万円以上の寄附で30本、箱を開けて量の多さにビックリする納税者がほとんどだ。「なまら十勝野スイートコーン」は、昨夏ふるさと納税に仲間入り。なまら十勝野は同町15軒の農家で結成されるグループで、「安全・安心・美味しい」を当たり前基準に現在11軒がJGAP(※)を取得。全軒の取得を目指しており、未来に繋がる生業としての農業を追究。健康な野菜作りや持続可能な農業のあり方について日々、研究、実践を重ねている。いい畑で、チャレンジ精神に満ちた農家が作るスイートコーン。おいしく食べて、心に体に、元気をたっぷりチャージしよう。

詳細を見る

北海道清水町

とろけるうまさの牛とろ丼やブラウンスイス牛のアイスなど十勝の食べ物はレベルが違う!

 北海道十勝地方の西部に位置する清水町は、酪農・畜産が盛んな町である。まず紹介したいのが、十勝スロウフードの「牛とろ丼セット」だ。ホカホカご飯に凍ったままの牛とろフレークをのせ、専用タレをかけて食べると、ご飯の熱でちょうどいい具合に牛とろが溶けて、口の中でさらにとろける。生の牛肉が使われているが、牛肉の臭みはまったくなく、その味わいは他のどんな料理にも例えようがない。コク、旨み、後味、食後の満足感、すべてがパーフェクト! 何度でもリピートしたくなる味だ。おいしさの理由は、牛の飼育環境にあった。「ボーンフリーファーム」と名付けられた牧場では、牛にとってノンストレスな環境が整えられており、エサも安全かつ牛が健康的に育つものを与え、「家畜化」しない飼育を行っている。育て方への並々ならぬこだわりが作り出した絶品牛とろフレーク。ぜひ衝撃のおいしさを体験してほしい。  日本に4000頭しかいない珍しい牛「ブラウンスイス牛」のコンビーフも要チェックだ。赤身肉にもかかわらず、オレイン酸の数値は黒毛和牛並み。つまり、和牛並みの旨みがある赤身ということ。料理に使ったり、卵と一緒にご飯に乗せて「コンビーフ卵かけご飯」にしたり、シンプルにおいしいので、どんな食べ方でも満足感が高い。  また、常温で長期間保存ができ、栄養価が高いコンビーフは保存食としても注目が高まっている。防災グッズの一品に加えてみてはいかがだろうか。

詳細を見る

北海道当別町

北海道の絶品が盛りだくさん! 浅野農場の豚肉と「ゆめぴりか」 「ロイズ」の生チョコレート

 札幌の中心部から車で約45分、都会に隣接しながらも、豊かな緑が広がる当別町は、美しい田園都市。恵まれた自然と流通環境の中、さまざまな農業が営まれる「美味の宝庫」である。北欧風の住宅街「スウェーデンヒルズ」も有名で、レンガ色の優雅な家々が自然と調和しながら町を彩っている。  まず紹介したい返礼品は「浅野農場」の豚肉製品。飼料には地元産の小麦を配合、水はアルカリイオン水と育て方にも徹底的にこだわっている。その肉質は臭みもアクもほとんどなく、フランス料理の巨匠・三國清三シェフも太鼓判を押すほどの美味さ。  米どころとしても名高い当別町産の「ゆめぴりか」も要チェックだ。北海道米の最高峰と言われる品種で、ほどよい粘りと豊かな甘みが特徴。炊きたてはもちろん、冷めても旨みが際立つので、お弁当やおにぎりにもおすすめ。 北海道名物の「ジンギスカン」も返礼品人気が高い。「絶品味付けジンギスカン」に使っているのは、人工飼料は一切与えず、大切に育てられた特選ラム肉。驚くほどやわらかく、ラム肉特有のクセもあまり感じない。初めてジンギスカンを食べる人も、これならば箸が進みそうだ。どっさり届くので、家族や友人たちと一緒にお腹いっぱい食べよう。

詳細を見る

北海道中富良野町

「農産物の宝庫」から大人気の新米ななつぼし、新鮮玉ねぎが届く!

 中富良野町は、富良野盆地のほぼ中央に位置し、年間111万人以上の観光客が訪れる「ラベンダーのまち」。また、農産物の宝庫と呼ばれる同町は、減農薬・減化学肥料を基本に安全で良質な農産物の生産を行う「クリーン農業推進のまち」でもある。  返礼品数は、人気のスイートコーンや赤肉メロンなどの種類を増やし、122品が並ぶ。「ラベンダーの鉢植えやアスパラガスなど季節限定の品は、4月に予約申込をする方が多いです」と話すのは同町総務課の高橋麻希子さん。  年間を通して人気なのは、「ななつぼし」。ツヤのあるしっかりしている粒で、適度な粘りがあり、甘みが強く香り豊か。炊きたてはもちろん、冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにもおすすめだ。  クリーン米「ゆきひかり」を原料にした純米酒「法螺吹」は年間約1万本を販売する、隠れた人気ブランド。公募で選ばれたユニークなネーミングとスッキリした味わいが好評で「一度飲んだらやみつきになる味。酒かすから作られたスイーツセットもあります」(同町・高橋さん)。 「玉ねぎセット」は、辛みが少なく食感が柔らかい玉ねぎ、刺激臭が少なく料理のアクセントになる紫玉ねぎ、ほのかな甘みを味わうことができる白玉ねぎの3種類が合計13㎏届く。  地元で人気の「バウムクーヘン」は、小さな工房が生地を手がけして丁寧に焼く。材料は北海道産、乳化剤や液体ショートニングなど不使用というこだわりでおいしさを追求している。 「受領証明書に入浴剤やしおりなど小さなラベンダーグッズを同封して喜ばれています。ふるさと納税をきっかけに中富良野の魅力をお知らせしたいです」(同町・高橋さん)。花々の美しい景観と味覚を求めて訪ねたくなる。

詳細を見る

北海道帯広市

注文殺到! 六花亭の大人気スイーツ、B級グルメ「豚丼」も大注目

 帯広市は十勝地方のほぼ中央に位置する、人口約17万人のまち。全国でも有数の畑作・酪農地帯となっている。また、世界で唯一のばんえい競馬が見られる帯広競馬場が有名だ。  同市がふるさと納税に本格参入したのは、2017年9月。前年より寄附件数は約6・3倍、寄附金額は約2·7倍となった。  返礼品で熱い注目を浴びているのが同市に本店がある六花亭の「マルセイバターサンド」。お土産だけでなくお取り寄せ人気も高い北海道スイーツ。道産のバターを主原料に、大粒のレーズンとホワイトチョコレートを合わせ、サクサク食感のビスケットにサンド。「冷やしても常温でもおいしく食べられるので季節を問わず、お申し込みが多いです」と話すのは同市企画課の西嶋俊哉さん。  地元で人気のトヨニシファームのブランド「豊西牛」もおすすめだ。7つの飼育段階に合わせたオリジナル飼料で丁寧に育てる。脂が少なく、牛肉本来の深い旨みをすき焼きで味わいたい。  今や全国的に知名度が上がったB級グルメ「豚丼」は帯広が発祥。昭和初期に庶民でも手軽に食べられるように、鰻丼をヒントに作られた。市内の飲食店ではそれぞれ独自のタレを作り、味を競い合っている。  返礼品の豚丼は、昭和9年創業の味を守り続ける、「豚丼のぶたはげ」。道産のこだわり特選豚肉と脂の甘みをほどよく引き立てる香ばしい秘伝のタレとの絶妙なバランスは、行列のできるおいしさだ。魚焼きグリルやフライパンで簡単に老舗の味が食べられる。 「日々、『おいしい』をつくりだすために一生懸命取り組む生産者の方々の想いが返礼品にたくさん詰まっています。ぜひ、一度味わってみてください」(同市・西嶋さん)。帯広の魅力を堪能したい。

詳細を見る

北海道中標津町

北海道の牛乳がたっぷり入ったジェラートのおいしさに感動!

 北海道の東部、根釧台地の中央に位置する中標津町。道東の空の玄関口・中標津空港から車で15分ほどの場所にある、標高270mの小高い丘「開陽台」の展望台からは、ぐるり330度、豊かに広がる牧場や丘陵、大きな曲線を描く地平線が望める。基幹産業は酪農で、全国第2位の生乳生産量を誇り、乳質も日本のトップクラスだ。  そんな酪農王国イチオシの返礼品は、地元の新鮮な牛乳をたっぷり使った「シレトコファクトリー」の「北海道感動カップジェラート」だ。どのフレーバーもしっかりと牛乳の味が感じられ、濃厚で味わい深い。定番の「北海道ミルク」や甘酸っぱい「野いちご」、レアチーズケーキ風味の「クリームチーズ」など、フレーバーは全部で10種類。中でも、ミルクの甘みが際立つ塩ジェラート「知床のしお」は、まさに「感動」のおいしさ!  「北海道産 干物セット7種」は、まずそのボリューム感に驚く。開きホッケや開きイカ、サンマやサバのみりん干しのほか、コマイや宗八カレイといった北海道ならではの魚も。宗八カレイは淡白なのに旨みたっぷり。干しコマイは軽く炙り、七味唐辛子を混ぜたマヨネーズを付ければ最高のお酒のおつまみになる。ぜひお試しあれ。  畑作も盛んな中標津町。ジャガイモがどっさり20㎏分入った「北海道中標津町産ジャガイモ」も人気が高い。品種は、中標津のみで栽培・出荷される「伯爵」。正式な品種名はポテトチップスの原料としてよく使われている「ワセシロ」だが、中標津町で栽培され、でんぷん価15%以上で傷がつかないように丁寧に手拾いされたものだけが「伯爵」として出荷される。ホクホクでクセがないジャガイモなので、ポテトサラダ、フライドポテト、粉吹きいもにして食べるのがおすすめ。北海道名物「いももち」にして食べてもおいしい!

詳細を見る

お問い合わせ先

自治体名 お問い合わせ先
北海道 地域政策課 011-206-6404011-206-6404
公式サイトへ
愛別町 総務企画課政策企画室 01658-6-511101658-6-5111
公式サイトへ
赤井川村 総務課総務係 0135-34-62110135-34-6211
公式サイトへ
赤平市 企画課企画調整係 0125-32-18340125-32-1834
公式サイトへ
旭川市 税制課 0166-25-56040166-25-5604
公式サイトへ
芦別市 財政課 0124-22-21110124-22-2111
公式サイトへ
足寄町 総務課企画財政室企画調整担当 0156-25-21410156-25-2141
公式サイトへ
厚岸町 総合政策課 0153-52-31310153-52-3131
公式サイトへ
厚沢部町 税務財政課 0139-64-33120139-64-3312
公式サイトへ
厚真町 総務課財政グループ 0145-27-23210145-27-2321
公式サイトへ
網走市 商工労働課 0152-61-60000152-61-6000
公式サイトへ
安平町 総務課 0145-22-25110145-22-2511
公式サイトへ
池田町 企画財政課 015-572-3112015-572-3112
公式サイトへ
石狩市 財政課 0133-72-36460133-72-3646
公式サイトへ
今金町 総務財政課 0137-82-01110137-82-0111
公式サイトへ
岩内町 総務財政課 0135-62-10110135-62-1011
公式サイトへ
岩見沢市 企画室 0126-23-41110126-23-4111
公式サイトへ
歌志内市 企画財政課 0125-42-32140125-42-3214
公式サイトへ
浦臼町 総務課庶務係 0125-68-21110125-68-2111
公式サイトへ
浦河町 総務課 0146-22-23110146-22-2311
公式サイトへ
浦幌町 まちづくり政策課 015-576-2112015-576-2112
公式サイトへ
雨竜町 ふるさと寄附金事務局 050-3786-5506050-3786-5506
公式サイトへ
江差町 まちづくり推進課 0139-52-67120139-52-6712
公式サイトへ
枝幸町 水産商工課 0163-62-44550163-62-4455
公式サイトへ
恵庭市 企画課 0123-33-31310123-33-3131
公式サイトへ
江別市 契約管財課 011-381-1147011-381-1147
公式サイトへ
えりも町 産業振興課商工観光係 01466-2-462601466-2-4626
公式サイトへ
遠軽町 総務部総務課 0158-42-48110158-42-4811
公式サイトへ
遠別町 総務課 01632-7-211101632-7-2111
公式サイトへ
雄武町 財務企画課財政係 0158-84-21210158-84-2121
公式サイトへ
大空町 住民課 0152-74-21110152-74-2111
公式サイトへ
奥尻町 総務課 01397-2-340101397-2-3401
公式サイトへ
置戸町 町づくり企画課 0157-52-33120157-52-3312
公式サイトへ
興部町 企画財政課 0158-82-21310158-82-2131
公式サイトへ
長万部町 まちづくり新幹線課 01377-2-245001377-2-2450
公式サイトへ
小樽市 契約管財課 0134-32-41110134-32-4111
公式サイトへ
音威子府村 総務課 01656-5-331101656-5-3311
公式サイトへ
音更町 企画課 0155-42-21110155-42-2111
公式サイトへ
乙部町 総務課 0139-62-23110139-62-2311
公式サイトへ
帯広市 政策推進部企画課 0155-65-41050155-65-4105
公式サイトへ
小平町 財政課 0164-56-21110164-56-2111
公式サイトへ
上川町 企画総務課 01658-2-406301658-2-4063
公式サイトへ
上士幌町 企画財政課 01564-2-429001564-2-4290
公式サイトへ
上砂川町 総務課 0125-62-20120125-62-2012
公式サイトへ
上ノ国町 財政課 0139-55-23110139-55-2311
公式サイトへ
上富良野町 総務課 0167-45-69940167-45-6994
公式サイトへ
神恵内村 総務課 0135-76-50110135-76-5011
公式サイトへ
木古内町 総務課 01392-2-313101392-2-3131
公式サイトへ
北広島市 政策推進室企画 011-372-3311011-372-3311
公式サイトへ
北見市 地域振興課 0157-57-43660157-57-4366
公式サイトへ
喜茂別町 総務課 0136-33-22110136-33-2211
公式サイトへ
京極町 総務課 0136-42-21110136-42-2111
公式サイトへ
共和町 総務課 0135-73-20110135-73-2011
公式サイトへ
清里町 企画政策課 0152-25-21350152-25-2135
公式サイトへ
釧路市 総合政策部都市経営課 0154-31-45020154-31-4502
公式サイトへ
釧路町 企画財政部財政課 0154-62-21760154-62-2176
公式サイトへ
倶知安町 総務課 0136-56-80000136-56-8000
公式サイトへ
栗山町 経営企画課 0123-76-71030123-76-7103
公式サイトへ
黒松内町 企画環境課 0136-72-33760136-72-3376
公式サイトへ
訓子府町 企画財政課 0157-47-21150157-47-2115
公式サイトへ
剣淵町 総務課 0165-34-21210165-34-2121
公式サイトへ
小清水町 企画財政課 0152-62-44710152-62-4471
公式サイトへ
札幌市 秘書課 011-211-2022011-211-2022
公式サイトへ
様似町 総務課 0146-36-21110146-36-2111
公式サイトへ
更別村 総務課 0155-52-21110155-52-2111
公式サイトへ
猿払村 企画政策課企画係 01635-2-313201635-2-3132
公式サイトへ
佐呂間町 企画財政課 01587-2-121401587-2-1214
公式サイトへ
鹿追町 総務課 0156-66-23110156-66-2311
公式サイトへ
鹿部町 企画振興課 01372-7-529701372-7-5297
公式サイトへ
標茶町 企画財政課 015-485-2111015-485-2111
公式サイトへ
士別市 企画課 0165-23-31210165-23-3121
公式サイトへ
標津町 財政課 0153-82-21310153-82-2131
公式サイトへ
士幌町 総務企画課 01564-5-521201564-5-5212
公式サイトへ
島牧村 企画課 0136-75-62120136-75-6212
公式サイトへ
清水町 企画課 0156-62-21140156-62-2114
公式サイトへ
占冠村 企画商工課 0167-56-21240167-56-2124
公式サイトへ
下川町 総務課 01655-4-251101655-4-2511
公式サイトへ
積丹町 企画課 0135-44-21140135-44-2114
公式サイトへ
斜里町 企画総務課企画係 0152-23-31310152-23-3131
公式サイトへ
初山別村 総務課財政係 0164-67-22110164-67-2211
公式サイトへ
白老町 財政課 0144-82-27140144-82-2714
公式サイトへ
白糠町 ふるさと納税サポート室 0955-53-88600955-53-8860
公式サイトへ
知内町 総務企画課 01392-5-616101392-5-6161
公式サイトへ
新篠津村 総務課 0126-57-21110126-57-2111
公式サイトへ
新得町 総務課 0156-64-51110156-64-5111
公式サイトへ
新十津川町 総務課企画調整課グループ 0125-76-21310125-76-2131
公式サイトへ
新ひだか町 総務企画部地方創生推進室 0146-43-21110146-43-2111
公式サイトへ
寿都町 総務課 0136-62-25110136-62-2511
公式サイトへ
砂川市 総務課 0125-54-21210125-54-2121
公式サイトへ
せたな町 総務課 0137-84-51110137-84-5111
公式サイトへ
壮瞥町 企画調整課 0142-66-21210142-66-2121
公式サイトへ
大樹町 企画商工課 01558-6-211401558-6-2114
公式サイトへ
鷹栖町 総務企画課企画広報係 0166-87-21110166-87-2111
公式サイトへ
滝川市 財政課 0125-28-80080125-28-8008
公式サイトへ
滝上町 まちづくり推進課 0158-29-21110158-29-2111
公式サイトへ
伊達市 企画課 0142-23-33310142-23-3331
公式サイトへ
秩父別町 総務課総務グループ 0164-33-21110164-33-2111
公式サイトへ
千歳市 企画部企画課企画調整係 0123-24-01090123-24-0109
公式サイトへ
月形町 総務課 0126-53-23210126-53-2321
公式サイトへ
津別町 総務課・住民企画課 0152-76-21510152-76-2151
公式サイトへ
鶴居村 総務課 0154-64-21110154-64-2111
公式サイトへ
天塩町 総務課 01632-2-100101632-2-1001
公式サイトへ
弟子屈町 まちづくり政策課 015-482-2191015-482-2191
公式サイトへ
当別町 企画部企画課企画振興係 0133-23-30420133-23-3042
公式サイトへ
当麻町 まちづくり推進課 0166-84-21110166-84-2111
公式サイトへ
洞爺湖町 総務課 0142-74-30000142-74-3000
公式サイトへ
苫小牧市 政策推進課 0144-32-60390144-32-6039
公式サイトへ
苫前町 企画振興課 0164-64-22120164-64-2212
公式サイトへ
泊村 総務課 0135-75-20210135-75-2021
公式サイトへ
豊浦町 総務課 0142-83-14010142-83-1401
公式サイトへ
豊頃町 総務課 015-574-2211015-574-2211
公式サイトへ
豊富町 総務課 0162-82-10010162-82-1001
公式サイトへ
奈井江町 くらしと財務課財政係 0125-65-21130125-65-2113
公式サイトへ
中川町 総務課企画財政室 01656-7-281901656-7-2819
公式サイトへ
中札内村 総務課 0155-67-24910155-67-2491
公式サイトへ
中標津町 企画課 0153-73-31110153-73-3111
公式サイトへ
中頓別町 総務課 01634-6-111101634-6-1111
公式サイトへ
中富良野町 総務課 0167-44-21200167-44-2120
公式サイトへ
長沼町 総務政策課 企画政策・戦略係 0123-76-80160123-76-8016
公式サイトへ
七飯町 商工観光課 0138-65-25170138-65-2517
公式サイトへ
名寄市 総務課 01654-3-211101654-3-2111
公式サイトへ
南幌町 総務課財政グループ 011-378-2121011-378-2121
公式サイトへ
新冠町 総務課総務グループ財政係 0146-47-21140146-47-2114
公式サイトへ
仁木町 企画課 0135-32-39510135-32-3951
公式サイトへ
西興部村 企画総務課 0158-87-21110158-87-2111
公式サイトへ
ニセコ町 企画環境課 0136-44-21210136-44-2121
公式サイトへ
沼田町 総務財政課 0164-35-21110164-35-2111
公式サイトへ
根室市 ふるさと納税担当 0153-23-61110153-23-6111
公式サイトへ
登別市 総務部総務グループ 0143-85-11300143-85-1130
公式サイトへ
函館市 財務部管理課 0138-21-32040138-21-3204
公式サイトへ
羽幌町 地域振興課 0164-68-70130164-68-7013
公式サイトへ
浜頓別町 総務課 01634-2-234501634-2-2345
公式サイトへ
浜中町 総務課 0153-62-21250153-62-2125
公式サイトへ
東神楽町 まちづくり推進課 0166-83-21130166-83-2113
公式サイトへ
東川町 企画総務課 0166-82-21110166-82-2111
公式サイトへ
日高町 総務課 01456-2-513101456-2-5131
公式サイトへ
広尾町 水産商工観光課 01558-2-017701558-2-0177
公式サイトへ
美瑛町 総務課 0166-92-11110166-92-1111
公式サイトへ
美唄市 財政課 0126-62-31310126-62-3131
公式サイトへ
美深町 総務課総務グループ 01656-2-161101656-2-1611
公式サイトへ
美幌町 まちづくりグループ政策担当 0152-73-11110152-73-1111
公式サイトへ
平取町 観光商工課 01457-3-770301457-3-7703
公式サイトへ
比布町 総務企画課 0166-85-21110166-85-2111
公式サイトへ
深川市 地域振興課 0164-26-22760164-26-2276
公式サイトへ
福島町 企画財政課企画グループ 0139-47-30010139-47-3001
公式サイトへ
富良野市 総務部総務課総務係 0167-39-23000167-39-2300
公式サイトへ
古平町 企画課企画調整係 0135-42-21810135-42-2181
公式サイトへ
別海町 総合政策課 0153-75-21110153-75-2111
公式サイトへ
北斗市 企画課 0138-73-31110138-73-3111
公式サイトへ
北竜町 企画振興課 0164-34-21110164-34-2111
公式サイトへ
幌加内町 総務課 0165-35-21210165-35-2121
公式サイトへ
幌延町 産業振興課 企画振興グループ 01632-5-111301632-5-1113
公式サイトへ
本別町 総務課財務担当 0156-22-21410156-22-2141
公式サイトへ
幕別町 総務課総務係 0155-54-66080155-54-6608
公式サイトへ
増毛町 企画財政課 0164-53-11100164-53-1110
公式サイトへ
真狩村 総務企画課 0136-45-36130136-45-3613
公式サイトへ
松前町 総務課 0139-42-22750139-42-2275
公式サイトへ
三笠市 財務課市税係 01267-2-318601267-2-3186
公式サイトへ
南富良野町 総務課 0167-52-21120167-52-2112
公式サイトへ
むかわ町 総務企画課 0145-42-24110145-42-2411
公式サイトへ
室蘭市 総務課 0143-25-22150143-25-2215
公式サイトへ
芽室町 企画財政課 0155-62-97210155-62-9721
公式サイトへ
妹背牛町 企画振興課企画振興グループ 0164-32-24110164-32-2411
公式サイトへ
森町 総務課 01374-7-128101374-7-1281
公式サイトへ
紋別市 企画調整課 0158-24-21110158-24-2111
公式サイトへ
八雲町 企画振興課 0137-62-21110137-62-2111
公式サイトへ
夕張市 まちづくり企画室 0123-52-31410123-52-3141
公式サイトへ
湧別町 総務課 01586-2-211101586-2-2111
公式サイトへ
由仁町 地域活性課 0123-83-21120123-83-2112
公式サイトへ
余市町 企画政策課 0135-21-21170135-21-2117
公式サイトへ
羅臼町 まちづくり課 0153-87-21620153-87-2162
公式サイトへ
蘭越町 総務課まちづくり推進係 0136-57-51110136-57-5111
公式サイトへ
陸別町 総務課 0156-27-21410156-27-2141
公式サイトへ
利尻町 まちづくり振興課企画振興係 0163-84-23450163-84-2345
公式サイトへ
利尻富士町 総務課税務係 0163-82-11110163-82-1111
公式サイトへ
留寿都村 総務課 0136-46-31310136-46-3131
公式サイトへ
留萌市 政策調整課 0164-42-18090164-42-1809
公式サイトへ
礼文町 総務課 0163-86-10010163-86-1001
公式サイトへ
稚内市 水産商工課 0162-23-63300162-23-6330
公式サイトへ
和寒町 総務課 0165-32-24210165-32-2421
公式サイトへ
ページ内のトップへもどる