ふるさと納税ニッポン!

map

埼玉県

武蔵国の北半分が埼玉県である。埼玉県の人が旅先で、現地の人から「どこからきたの?」と聞かれると、半数以上の人は「東京からです」と答えるらしい。田舎者だと思われたくないため、見栄を張ってそう答える人も多いのだろうが、過密化で住環境が悪化した東京から移り住んだ人が多いのも事実だ。住所は埼玉県だが、職場は東京にある。だから、ごく自然に東京から来たと答えてしまうのだろう。埼玉県は昼夜間人口の比率が日本一低い。まさしく東京のベッドタウンで、そのため県民の郷土意識は極めて低いともいわれる。埼玉都民といわれるゆえんである。

出典:『平成の大合併 県別市町村名事典』(浅井建爾著・東京堂出版刊)

厳選レビュー

埼玉県美里町

パリッと噛めばジュワッと肉汁が広がる、幻の肉・古代豚のソーセージ

 東京都心から車で約2時間、人口1万1000人余りの美里町は、その名が示す通り、緑あふれる美しい里だ。町の特産品はブルーベリーで、収穫シーズンになると観光農園はブルーベリー狩りを楽しむ人々でにぎわう。完熟ブルーベリーやジャム、ソースなどの返礼品人気も高いのだが、そればかりではない。「美里町産野菜の詰め合わせ」は、町内の田畑で栽培した旬の野菜をどっさりお届け。セットに含まれる野菜は時期によって異なるが、きゅうり、ナス、トマト、玉ねぎ、ブルーベリーなどなど。豪雨や猛暑の影響で野菜の高値が続いていることもあり、全国から申込が殺到しそうだ。  もうひとつ、ぜひ知ってもらいたいのが、「古代豚」の存在である。昭和30年代まで日本で飼育される豚の多くが中ヨークシャー種だったが、飼育に時間がかかるため、次第に別の品種が使われるようになり、生産頭数が極端に少なくなっていた。町内で豚の飼育・加工を行う「白石農場」は、中ヨークシャー種の肉質のよさに注目し、これを基礎豚とした品種を古代豚と名付けて生産。ソーセージやハムなどの加工品を手作りで製造している。古代豚100%で作ったソーセージは、肉のジューシーさをしっかりと味わえて、食べ応え抜群。味のバリエーションも豊富なので、食べ比べを楽しんでもらいたい。

詳細を見る

埼玉県飯能市

ムーミンバッグや人気アニメの限定コラボ商品が続々登場!檜香る酒とハムで特別な夜を

 返礼品のムーミングッズに申し込みが殺到し、ムーミンのテーマパークがあるまち=飯能のイメージが定着してきた飯能市。2018年秋に北欧の生活を体験できる「メッツァビレッジ」が開業、翌春には「ムーミンバレーパーク」もオープン予定。その推進を図るため「ムーミン基金」も立ち上げた。  数あるムーミングッズの中で、まず注目したのは、ムーミンと横浜・元町発のバッグブランド「KITAMURA」のコラボ商品。2016年度の返礼品に並んだ同タイプのバッグは反響が大きく、即品切れたそう。その後、多数の問い合わせを受けて、イラスト・色違いの2種類を新たに用意した。さらにバッグと同柄の長財布も登場。上質な本革で作られているため、手にした時のフィット感が抜群。いずれも一般販売は行っておらず、ここでしか手に入らない数量限定品だ。

詳細を見る

埼玉県美里町

ブルーベリー王国に新名産が登場!TVで紹介され話題沸騰のえごま油

 美里町という素敵な名前を持つ同町は、埼玉県北西部に位置し、特産は「青紫の真珠」と呼ばれ濃厚な味を持つブルーベリー。植栽面積約40 haを誇るブルーベリー王国だ。70品目を超える返礼品の中でもブルーベリーが一番人気。生果は毎年5月下旬頃から受付が開始され、数量が限定されているため、あっという間に品切れになってしまう。生果以外でもパイやジュースなどの加工品がおすすめだ。  ブルーベリー以外の返礼品も充実している。「武州和牛」は地元産和牛で、赤身にきれいなサシが入り、きめ細やかな肉質でおいしいと評判。国産ダチョウ肉の「モモ肉・レバーお徳用各1㎏&生ハムセット」もおすすめだ。無農薬飼料で育てられたダチョウたちは、町内にある広大な牧場を走り回っている。低脂肪・高たんぱくで、とてもヘルシー。ダチョウのオイルは美容にも効果的。返礼品「オストリッチジェルクリーム」は、保湿ジェルクリームで肌の若返り効果の高いパルミトレイン酸配合の女性にうれしい化粧品。  そして、同町の新しい名産品が「美里町産えごま油」。  近年、生活習慣病予防効果が期待されるとして人気を集めているえごま油。えごまには特有の香りがあるため、イノシシやシカの食害に遭いにくいという特徴がある。その特徴に原田信次町長が着目し、2015年にイノシシ被害に悩む地域の遊休農地でえごまの作付けを開始した。  そして、えごま油の製造・販売を開始したところ、NHKに紹介されるなど話題沸騰。返礼品に加えると、申し込みが殺到し、一躍人気返礼品になった。「生産者が作付け面積拡大に取り組んでいます」と話すのは同町総合政策課・細村知樹さん。ブルーベリー王国に新たな名産品が加わり、今後の美里町の躍進から目が離せない。

詳細を見る

埼玉県和光市

ふわふわ食感になる箱型おろし金。職人技が生きる「和光ブランド」

 理化学研究所が新元素記号を発見したことに沸く和光市。駅前にニホニウム通りを整備し、記念碑に寄附者の名前を刻印する期間限定企画を実施している。同市ではアイデアや特性の優れた商品を「和光ブランド」として認定。現在13品目が認定され、そのうち3品が返礼品に並ぶ。  一つ目は、「箱型おろし金」。3代続くおろし金専門の大矢製作所は、古くから受け継がれてきた製法で、職人が手作業でひと目ひと目、丁寧に刃を立てていく。「大根の細胞がつぶれず、水と繊維が分離しないので、ふわふわした大根おろしができます」と代表の大矢さん。寄附者からは「淡雪のような食感」と、その舌ざわりに驚きの声が上がる。  「だしパックと鰹節の詰合せ」は、天然素材の味を広めたいという生産者の想いが形になった商品。鯛、かつお等の厳選素材をブレンドしただしは、味噌汁や炊き込みご飯で、簡単に素材そのものを味わうことができる。  市内の農家から直接米や野菜を仕入れ、米を挽いた自家製米粉で作られる「WAKKA」は、新感覚の焼き菓子。「朝のよろこび」「伯爵の午後」など、ワクワクしてほしいという店主の発想からユニークな名前が並ぶ。  和光市の風土や歴史、素材がたっぷり詰まった「和光ブランド」に、ぜひご注目いただきたい。

詳細を見る

埼玉県飯能市

パーク開業へカウントダウン
世界に一つのムーミングッズに
ただ今アクセス急増中!

 市の約70%を森林や川や湖が占める飯能市(はんのうし)は、どこか北欧の雰囲気が漂うまち。同市のふるさと納税でも、世界中で愛される北欧のキャラクター「ムーミン」の返礼品が人気を集めている。  2018年秋には、市内に北欧のライフスタイルが体験できる「メッツァ」がオープン予定。その翌春には、ムーミンの物語の世界をテーマにした「ムーミンバレーパーク」も誕生する。フィンランド以外にムーミンのテーマパークができるのは初めてとあり、日本中が開業を待ちわびている。  もともと同市には、ムーミンの作者、故トーベ・ヤンソン氏のアドバイスを受けて1997年に開園した「あけぼの子どもの森公園」がある。さらに、市内北東部の宮沢湖(みやざわこ)周辺の風景がムーミン谷の自然に似ていることなどから、飯能市に決定した。  そのような経緯もあり、2016年度からふるさと納税の返礼品に約30種のムーミングッズが加わった。どれも世界でたった一つのいわばレアもの。全国のムーミンファンが放っておくわけがなく、2015年度には397万円だった寄附金総額が瞬く間に塗り替えられた。2016年度(2月現在)の寄附金総額は1億6000万円と、大躍進を遂げている。  数ある中でもとくに人気なのが、「MOOMIN VALLEY PARK(ムーミンバレーパーク)オリジナルグッズ詰合せ12点セット」。ぬいぐるみ、マグカップ、「MOOMIN VALLEY PARK」のロゴが入ったショッピングバックなど、同市のふるさと納税でしか入手できない、ムーミンのキャラクターグッズが合計で12点。楽しさいっぱいの、誰もがニッコリしてしまう返礼品だ。  2017年4月に新しく返礼品の仲間入りをしたのが「MOOMIN(ムーミン)ファブリックフレーム」。ムーミン物語オリジナルの絵柄を市内の看板屋さんが布にプリントした壁掛けパネルは、S・M・Lと豊富なサイズ展開。落ち着いた色味はどんな場所にも似合いそう。大人の北欧の雰囲気を醸す、ため息が出るほどおしゃれな一品だ。

詳細を見る

埼玉県日高市

こんな餃子見たことない!
でも食べればやみつき「ホワイト餃子」

 埼玉県の南西部に位置する日高市。高麗川の蛇行で形成され、その形がちょうど巾着の形に似ていることから巾着田と呼ばれる名所がある。四季を通して花を楽しむことができ、特に秋の彼岸時期には、500万本の曼珠沙華が日本一のスケールで咲き誇り、最盛期には1日2万人以上の観光客が訪れる。  同市は、2015年(平成27年)9月に返礼品をリニューアルし、2015年度は2714件、4700万円以上の寄付が寄せられ、前年と比べ約16倍に跳ね上がった。  人気急上昇No.1となっているのは、餃子のはながさ「ホワイト餃子」だ。皮は3層構造になっており、サイボクハムのブランド豚ゴールデンポークなど36種類の最高食材を使用している。「幻の餃子を食べられてうれしい」と寄付者から声が届く。  同市総務課・鹿山喜久治さんは「焼き餃子はパリパリとした皮の食感を楽しめます。柚子コショウや酢+黒コショウにつけて、さっぱり食べるのもお気に入り」と言う。  ほかにもサイボクハムの肉が楽しめる「天然腸あらびきウインナー、フランクフルトセット」がある。本場ドイツで学んだ製造手法で肉質の旨みを最大限に引き出した自慢の味。ジューシーさとやさしい味わいにこだわる逸品。  2016年5月に登場し、注目されている返礼品の一つに「SLIK自立式一脚」がある。  入学式や運動会、行楽地などで三脚の使用が禁止される場面が、最近増えている。そんなときでも、自立脚がついた一脚ならカメラやムービーをしっかり支え、シャッターチャンスに備えることができる優れもの。スポーツや野鳥撮影などで高い支持を得る。ほかにも、高性能三脚などが返礼品に並んでいる。

詳細を見る

埼玉県美里町

安心・安全・低脂肪・高たんぱく、
牛フィレに近い「ダチョウ肉」

 埼玉県北西部に位置する美里町は、植栽面積約40 ha(ヘクタール)を誇るブルーベリー王国だ。同町の返礼品で取り扱っているブルーベリーは晩成種で、糖度が高く、ほどよい酸味の濃厚な味。23ヵ所の観光農園が埼玉県の「特別栽培農作物」の認証を受け、安心・安全なブルーベリーを提供している。  2015年(平成27年)に返礼品を大幅に拡充してリニューアル。2014年(平成26年)と比べると、寄付額は44倍にジャンプアップした。返礼品の中でも、ダントツ人気なのはやはり「青紫の真珠」と呼ばれるブルーベリー。  完熟ブルーベリーを贅沢に使って加工したジャムやジュース、ソースをセットにした返礼品は種類が豊富で選ぶのも楽しい。ソースはパンに塗ったり、アイスクリームに加えたりするだけで使い勝手よく、多彩な楽しみかたができる。  変わり種の「ダチョウ肉バラエティセット」も人気。ダチョウたちは美里町内の広大な牧場を走り回り、無農薬飼料で育てられる。そんなダチョウ肉は安全、安心、低脂肪、高たんぱくでヘルシー。クセが少なく、さっぱりとした味わいで、牛のフィレに近い滋味が口の中に広がる。同町総合政策課・亀田一仁さんは、「バラエティセットは希少部位であるダチョウのネックも入っていて、ダチョウ肉の魅力を堪能できます」とおすすめしている。豊かな自然がもたらす恵みの品々をぜひ味わってほしい。

詳細を見る

お問い合わせ先

自治体名 お問い合わせ先
埼玉県 財政課 048-830-2178048-830-2178
公式サイトへ
上尾市 財政課 048-775-4247048-775-4247
公式サイトへ
朝霞市 財政課 048-463-3172048-463-3172
公式サイトへ
伊奈町 企画課 048-721-2111048-721-2111
公式サイトへ
入間市 財政課 04-2964-111104-2964-1111
公式サイトへ
小鹿野町 総務課 0494-75-12210494-75-1221
公式サイトへ
小川町 政策推進課 0493-72-12210493-72-1221
公式サイトへ
桶川市 企画課 048-786-3211048-786-3211
公式サイトへ
越生町 企画財政課 049-292-3121049-292-3121
公式サイトへ
春日部市 財政課 048-736-1111048-736-1111
公式サイトへ
加須市 政策調整課 0480-62-11110480-62-1111
公式サイトへ
神川町 総合政策課 0495-77-07010495-77-0701
公式サイトへ
上里町 総合政策課 0495-35-12210495-35-1221
公式サイトへ
川口市 税制課 048-258-1110048-258-1110
公式サイトへ
川越市 財政課 049-224-5618049-224-5618
公式サイトへ
川島町 政策推進課 049-299-1752049-299-1752
公式サイトへ
北本市 政策推進課 048-594-5503048-594-5503
公式サイトへ
行田市 企画政策課 048-556-1111048-556-1111
公式サイトへ
久喜市 企画政策課 0480-22-11110480-22-1111
公式サイトへ
熊谷市 企画課 048-524-1111048-524-1111
公式サイトへ
鴻巣市 総合政策課 048-541-1321048-541-1321
公式サイトへ
越谷市 市民活動支援課 048-963-9153048-963-9153
公式サイトへ
さいたま市 財政課 048-829-1155048-829-1155
公式サイトへ
坂戸市 政策企画課 049-283-1331049-283-1331
公式サイトへ
幸手市 財政課 0480-43-11110480-43-1111
公式サイトへ
狭山市 財政課 04-2953-111104-2953-1111
公式サイトへ
志木市 財政課 048-473-1115048-473-1115
公式サイトへ
白岡市 企画政策課 0480-92-11110480-92-1111
公式サイトへ
杉戸町 政策財政課 0480-33-11110480-33-1111
公式サイトへ
草加市 財務調整課 048-922-0761048-922-0761
公式サイトへ
秩父市 財政課 0494-22-22030494-22-2203
公式サイトへ
鶴ヶ島市 産業振興課 049-271-1111049-271-1111
公式サイトへ
ときがわ町 企画財政課 0493-65-04040493-65-0404
公式サイトへ
所沢市 財政課 04-2998-903004-2998-9030
公式サイトへ
戸田市 政策秘書室 048-441-1800048-441-1800
公式サイトへ
長瀞町 企画財政課 0494-66-31110494-66-3111
公式サイトへ
滑川町 総合政策課 0493-56-22110493-56-2211
公式サイトへ
新座市 企画課 048-477-1782048-477-1782
公式サイトへ
蓮田市 政策調整課 048-768-3111048-768-3111
公式サイトへ
鳩山町 政策財政課 049-296-1212049-296-1212
公式サイトへ
羽生市 企画課 048-561-1121048-561-1121
公式サイトへ
飯能市 賑わい創出課 042-978-5093042-978-5093
公式サイトへ
東秩父村 総務課 0493-82-12260493-82-1226
公式サイトへ
東松山市 財政課 0493-21-14130493-21-1413
公式サイトへ
日高市 総務課 042-989-2111042-989-2111
公式サイトへ
深谷市 企画課 048-574-8096048-574-8096
公式サイトへ
富士見市 政策企画課 049-251-2711049-251-2711
公式サイトへ
ふじみ野市 広報広聴課 049-262-9003049-262-9003
公式サイトへ
本庄市 企画課 0495-25-11570495-25-1157
公式サイトへ
松伏町 総務課 048-991-2711048-991-2711
公式サイトへ
三郷市 財務課 048-930-7766048-930-7766
公式サイトへ
美里町 総合政策課 0495-76-11140495-76-1114
公式サイトへ
皆野町 総務課 0494-62-12310494-62-1231
公式サイトへ
宮代町 総務政策課財政担当 0480-34-11110480-34-1111
公式サイトへ
三芳町 政策推進担当 049-258-0019049-258-0019
公式サイトへ
毛呂山町 総務課 049-295-2112049-295-2112
公式サイトへ
八潮市 企画経営課 048-996-2030048-996-2030
公式サイトへ
横瀬町 まち経営課 0494-25-01120494-25-0112
公式サイトへ
吉川市 政策室企画担当 048-982-9445048-982-9445
公式サイトへ
吉見町 政策財政課 0493-54-15160493-54-1516
公式サイトへ
寄居町 総務課 048-581-2121048-581-2121
公式サイトへ
嵐山町 総務課 0493-62-21510493-62-2151
公式サイトへ
和光市 総務人権課 048-424-9093048-424-9093
公式サイトへ
蕨市 庶務課 048-433-7705048-433-7705
公式サイトへ
ページ内のトップへもどる