静岡県

静岡県の自治体一覧

  • 牧之原市の市章

    牧之原市

    まきのはらし

    駿河湾に面し、静岡県の中部地区の南に位置する牧之原市。同市は2050年までにCO2排出量を実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言し、「うみ・そら・みどりと共生するまち まきのはら」の実現を目標に掲げる。相良地区に整備を進める多目的体育館ではエネルギー消費量の75%以上を削減する「Nearly ZEB」の県内初の認証を目指すなど、脱炭素の実現に多角的に挑んでいる。
    牧之原市は深蒸し茶の発祥の地としても知られ、牧之原台地で産出する牧之原茶は全国的に名高く、茶園の面積も全国2位を誇る。農業のみならず、シラス漁、駿河湾沿岸から御前崎までの海域でのわかめ、昆布、サガラメなどの採藻も盛んに行われている。
    静波海岸とさがらサンビーチは日本有数の海水浴場として知られ、市内に多数点在するサーフポイントは、温暖な気候もあって、全国各地からサーファーが集まる。2021年には市内に日本初のサーフィン競技用人工造波施設「静波サーフスタジアム」もオープンし、サーフィン文化を市全体で盛り上げている。
    また、近年は、同市にゆかりのある田沼意次を題材とした大河ドラマ放映の実現を目指す田沼意次侯大河ドラマ誘致活動を推進していることも話題となった。

    牧之原市1
    牧之原市2

    牧之原市のお礼の品を探す

  • 川根本町の町章

    川根本町

    かわねほんちょう

    静岡県のほぼ中央部に位置し、まちの約94%を森林が占める川根本町。南アルプス最南端の光岳周辺は、本州唯一の原生自然環境保全地域となっており、まち全体が「南アルプスユネスコエコパーク」に登録されている。まちの中央には、南アルプスを源とする大井川がゆったりと流れ、四季折々の彩りを見せる渓谷の山間には、日本三大銘茶の一つである川根茶の茶園が広がる。2009年に「にほんの里100選」に選定されるなど、美しい景観を楽しみに多くの人が訪れる同町には、銘茶や四季の農産物のほかに、豊かな自然を楽しむ返礼品が並んでいる。

    川根本町1
    川根本町2

  • 函南町の町章

    函南町

    かんなみちょう

    静岡県伊豆半島の玄関口、箱根の南に位置する函南町は、富士山の眺めをはじめ、風光明媚で気候温暖、豊かな自然環境に恵まれたまち。また、国指定重要文化財である「阿弥陀三尊像」などを展示する「かんなみ仏の里美術館」や、国指定史跡で古墳時代の横穴墓である「柏谷横穴群」など、歴史と文化のあるまちでもある。そんな同町に、2018年12月、明太子の老舗「かねふく」が運営する「めんたいパーク伊豆」がオープンした。工場見学ができ、明太子にまつわる楽しいアトラクションが盛りだくさんだ。

    函南町1
    函南町2

  • 沼津市の市章

    沼津市

    ぬまづし

    沼津市は静岡県の東部、伊豆半島の付け根に位置する風光明媚なまちだ。一年を通して温暖な気候に恵まれ、かつては御用邸も置かれていた。駿河湾に面した海岸線には7ヵ所もの海水浴場があり、大瀬海水浴場、井田海水浴場、らららサンビーチの3つは環境省から最高ランクの「水質が特に良好な水浴場」に選定された(令和元年)。この認定を受けたのは沖縄県のビーチなど全国でわずか7ヵ所。うち3つが沼津市内というから沼津の海の美しさは全国トップクラスだ。
    山に目を向けると、美しい富士山を望める見どころが点在する。「沼津アルプス」は沼津を代表するハイキングコース。稜線に立てば、眼下に駿河湾、北には富士山がそびえる素晴らしいパノラマが楽しめる。所要時間約6時間半とハードだが、絶景を求めて登山客が絶えない。今上天皇が皇太子時代に登られた山としても有名になった。
    最近では、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台になり、聖地巡礼と称して沼津市を訪れるファンも増えている。海、山にとどまらず様々に楽しめる沼津市をぜひ訪れてみたい。

    沼津市1
    沼津市2

4件中 1~4件を表示

静岡県のお礼の品

Loading ...