おうちで楽しむご当地レトルトカレー特集

おうちで楽しむご当地レトルトカレー特集

夏になると、いつもより辛いものが食べたくなりませんか?
私はここ数年夏になると、無性にカレーが食べたくなり、週1回は食べている気がします。

今はスーパーにも様々な種類のレトルトカレーが並んでいたり、雑誌やテレビでもカレー特集が組まれることが多かったり、カレー人気の高まりを感じます。
何回食べても飽きずに、またすぐに食べたくなり、どんな具材とも不思議と合う、カレーの魅力のとりこになっている人は多いのではないでしょうか。

ふるさと納税の返礼品には、全国各地の名産品を合わせたレトルトカレーがたくさんあります。
返礼品の中から、王道のビーフやチキン、旨み溢れる海鮮、どんな味なのか想像がつかないような変わり種まで、様々なレトルトカレーをご紹介。
どんな味なのかを想像しながら、お気に入りを見つけてみてくださいね。

ブランド牛を味わえる王道ビーフカレー

返礼品のレトルトカレーで一番種類が多いのがビーフカレーです。
全国各地の自慢のブランド牛をつかっているので、どれにしようか迷ってしまいます。

北海道倶知安町の『ようてい和牛カレー』は、北海道の羊蹄山の麓で育てられた黒毛和牛と、男しゃくいも、人参、玉ねぎを使用し、黒毛和牛と野菜の旨味がギュっと詰め込まれた、コクと深みのある味わいのこだわりカレーです。

佐賀県小城市の『佐賀和牛カレー』は、豊かな自然の中で愛情込めて育てられた黒毛和牛肉と、玉ねぎ・ニンジンなどの佐賀産の具材が出会うことで生まれた、やさしい味わいのカレーです。

岐阜県可児市の『飛騨牛カレー』は、岐阜県が誇るブランド牛・飛騨牛を、旨みを感じられれるように大きめにカットし、家族みんなで味わえる中辛味のカレーに仕上げたものです。

高知県土佐町の『土佐あかうしカレー』は、高知で生まれ、高知で育った希少な和牛『土佐あかうし』を使った味わい深いカレーです。
パッケージからも勢いが伝わってきますね。

お肉の旨みを感じるカレー

ビーフ以外にも豚、鳥、鹿肉など様々なお肉のレトルトカレーがあります。
その中で特に気になるものを2つご紹介!

福岡県上毛町の『はかた地どり手羽元カレー』は、柔らかさと弾力を兼ね備えたはかた地どりの手羽元が、一本丸ごと入っているボリューム感のあるカレーです。
ルウは、はかた地どりのガラスープと完熟トマトをじっくり煮込んで仕上げられています。

神奈川県伊勢原市の『阿夫利山荘鹿肉カレー』は、伊勢原市の獣害対策の一環として市内で捕獲・処理・加工された、伊勢原産100%の鹿肉を使用しています。
鹿肉はルウと別の工程でボイルされ、最後に合わせているので、形や食感がしっかり残っています。

磯の香りを感じるシーフードカレー

最近はシーフードカレーも種類が続々と増えています。 魚介類独自の旨みが溶けだしたルウの味にも個性が光ります。

高知県の『本まぐろのホルモンカレー』は、マグロの町、大月町で育った本マグロの胃袋を具材に使用。胃袋の独特なコリコリ感、プリッとした食感が楽しめる少しスパイシーなカレーです。

北海道洞爺湖町の『噴火湾のホタテカレー』は、北海道有数のホタテの産地の一つである噴火湾産のホタテの貝柱が入っています。
煮込まれたホタテから溶け出した旨みがたっぷりなので、磯の香りをふんだんに感じられます。

石川県輪島市の『輪島ふぐカレー』は、大量のフグの骨からだしを取った濃厚なスープが、カレーの風味と絶妙にマッチした今までにない和風カレーです。
高たんぱく、低カロリー、コラーゲンたっぷりのふぐの身を、プリプリした食感を保ちながらカレーに仕上げています。

北海道白糠町の『たこカレー』は、新鮮な白糠産たこの旨みを余すところなく引き出し、風味と食感を大切に仕上げています。
ちょっと辛めのスパイスで仕上げられ、思わずご飯がもりもりと進むこと間違いなしの味です。

辛いだけじゃない!ご当地食材の味を活かしたカレー

カレー=辛いだけじゃない、様々な食材と合わせることで甘みや酸味など新しい味わいを発見できるカレーをご紹介。

山梨県中央市の『もろこしカレー』は、中央市の特産品であるスイートコーンと野菜をふんだんに使用した、体にやさしい本格的なカレーです。
コーンの甘味とカレーの辛味が合わさり、くせになる美味しさです。

高知県室戸市の『ぶしゅかんグリーンカレー』は、酸味の強いみかんの一種である『ぶしゅかん』の果汁を、贅沢に取り入れた、爽やかな酸味を感じるグリーンカレーです。
具材には、程よいジューシー感とまろやかな肉質を誇る土佐はちきん地鶏を使用しています。

実はカレーの街?佐世保市のご当地カレー

ふるさと納税ニッポン!で、レトルトカレーの返礼品をもっとも多く用意している自治体は、長崎県佐世保市です。

肉や海鮮のがふんだんに入ったものや、佐世保市ならではの海上自衛隊カレーなど、10種類以上のレトルトカレーがあります。
その中から2つほど気になるものをご紹介。

 『九十九島かきカレー』は、九十九島の綺麗な海水とプランクトンで一粒一粒大切に育てられた、九十九島かきをふんだんにつかったカレーです。
かきの濃厚な味わいを存分に楽しめます。

 『プリンセスマンゴーカレー』は、佐世保産マンゴーを使った、フルーティーで薫り高いカレーです。マンゴーのまろやかさとスパイスが絶妙に融合し、ビーフと野菜のエキスがしっかりと味を引き立てています。
試してみたい変わり種ナンバーワンです。

気になるカレーはありましたか?
私はこのコラムを書きながら、今日の晩御飯はカレーにしようと心に決めました。

ぜひカレーを通して全国各地の名産を味わってみてくださいね。

オススメのランキング

Loading ...