高知県田野町(たのちょう)

お礼の品コード:SK0103

【四国一小さな町の塩タタキ】田野屋塩二郎の塩×わら焼き鰹のタタキ1節

寄附金額
10,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
西岡鮮魚店
店舗名
西岡鮮魚店
配送期間
ご入金確認後、3週間以内に順次発送予定
※希少な天日塩のため製造にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。
配送期日
ご入金確認後、3週間以内に順次発送予定
※希少な天日塩のため製造にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。
賞味期限・消費期限
鰹タタキ:製造日より冷蔵保存で7日以内にお召し上がりください。 生物ですのでお早めにお召し上がりください。
特徴
  • 冷蔵
関連カテゴリー

【四国一小さな町の塩タタキ】田野屋塩二郎の塩×わら焼き鰹のタタキ1節

田野屋塩二郎が製造する希少な完全天日塩と、厳選した土佐沖どれの新鮮な鰹を高温のわら焼きでサッと仕上げたタタキのセットです。

鰹は、三月中旬から五月の終わりごろまで土佐沖の黒潮を回遊しており、その時期に水揚げされた「鰹」を”初鰹”と呼びます。
また、漁獲地が近い時期ということもあり、その時期の「鰹」は鮮度がよく、脂は少ないが昔から刺身やタタキに使われています。

五月から九月ごろまでは、太平洋を北上しますが、九月以降南に下がってくる「鰹」を”下り鰹”と呼び、北の海域で栄養のあるエサを食べているので鮪のトロにもまさる脂身は初鰹の時期とは違って絶品となっています。

そんな厳選した土佐沖どれの鰹をわら焼きでタタキに仕上げました。
臭みの少ない本場鰹タタキは、シンプルに塩とワサビで食すのが一番です。タレもついていますので、是非ご賞味ください。

◆塩にもこだわり
田野町で完全天日塩(火を一切使用しない製法)を貫く男の中の男!田野屋塩二郎が製造する鰹のタタキ専用の塩

【山信のこだわり】
素材をそのままご自宅に!
生鮮そのままの素材をご家庭にお届けすることにこだわったチルド(冷蔵)商品です。
なお、水揚げがない時期や漁獲量の少ない時期に限って、旬の時期に仕入れた生鰹を急速凍結(ブライン凍結)した鰹となる場合がございます。

・田野屋塩二郎の完全天日塩(鰹のタタキ用)
・タタキのタレ
・薬味(ネギ・ショウガ・ミョウガ・ニンニク) 約200g
・ワサビ

※消費期限:製造日より7日以内にお召し上がりください。生物ですのでお早めにお召し上がりください。
※薬味は時期によって変更となる場合がございます。
※希少な天日塩のため、ご入金確認後3週間以内程度の発送を予定していますが、お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。
※写真はイメージです。

提供元:西岡鮮魚店(山信)、田野屋塩二郎

内容量:
わら焼き鰹のタタキ約300g~400g
田野屋塩二郎の完全天日塩(鰹のタタキ用)30g
タタキのタレ
薬味(ネギ・ショウガ・ミョウガ・ニンニク)約200g※薬味は時期によって変更となる場合がございます。
ワサビ

商品区分:
通常商品

注意書き:

※商品コード: T-0202

田野町(たのちょう)のご紹介

高知県南東部に位置する、四国で一番面積の小さい“田園のまち”田野町。江戸時代は、安芸郡奉行所と藩校田野学館も置かれ、土佐国安芸郡の政治・経済・文化の中心として栄えた。町制度が敷かれたのは1920年のこと。田野町は2020年に町制100周年を迎えた。

温暖な気候に恵まれていることから、稲作やナスなどのハウス園芸といった農業が盛ん。また、地酒の醸造も活発である。
歴史ファンには、野根山二十三士の墓もある福田寺、藩主が参勤交代や東部巡の時の本陣として使用していた岡御殿などが有名だ。
また、11月後半から2月にかけて、水平線に沈む太陽の光が屈折し海面からもう一つの太陽が現れるように見える現象が起こることもあり、「だるま夕日」と呼ばれ親しまれている。

田野町の総力取材記事

総力取材記事はまだありません。

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

Loading ...