北海道礼文島産 宝うに缶詰(バフンウニ)3個

寄附金額
43,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
船泊漁業協同組合
店舗名
船泊漁業協同組合
アレルギー表示
なし
特徴
  • 常温
  • 別送
関連カテゴリー

北海道礼文島産 宝うに缶詰(バフンウニ)3個

【フタを開けると・・・ウニの豊かな香りがふわり】
礼文島の栄養豊富な海で、最高の利尻昆布を餌に育ったバフンウニを蒸して缶詰にした最高級品です。
ほかほかご飯と召し上がると最高です。また、おむすび・お茶漬け・パスタなどに入れてもよく合います。お酒の肴にすると、お酒が一層おいしくなります。
そのままお召し上がりになられても生ウニに負けずに美味しい商品ですが、わさび醤油に浸して食べてみても、磯の香りや生ウニの風味を十二分に楽しんでいただけます。

内容量:
宝うに缶詰(バフンウ二)100g×3個

商品区分:
通常商品

注意書き:
※画像はイメージです。
※商品コード: 59010664

礼文町(れぶんちょう)のご紹介

一島一町の礼文町は、日本の最北端に位置する離島のまち。その名前は、アイヌ語で「沖の島」を意味する「レブンシリ」に由来する。太古に大陸から切り離された小さな島は、南北29km、東西8km、一周わずか72kmほど。春から秋には約300種類もの花々が咲き誇り、「花の浮島」とも呼ばれている。本州では2000km級の山岳地帯に生息する高山植物を、このまちでは海抜0mで見ることが可能。礼文島固有種も数多く存在し、希少で可憐な花々が緑の島を美しく彩る。
島の東海岸にはなだらかな丘が広がり海へ続き、西海岸は断崖絶壁が連なる。南東には日本海を8kmほど隔てた先に、利尻島がある。別名「利尻富士」と讃えられる。利尻山の絶景が望めるロケーションは名高く、かつて映画の舞台になったほど。島を囲むのは、北海道でも指折りの透明度を誇る海。鮮やかに澄んだ青い色は礼文ブルーとも呼ばれ、岬や海岸線と海が織りなす景色は、息をのむほど美しい。自然に見せられ、幾度となく島を訪れる人も多いという。
太古から豊かな自然が景勝される海は、好漁場としてもまさにまちの宝である。礼文島産昆布は高級食材として、全国にその名を馳せている。

礼文町の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

礼文町の特別コラム

特別コラムはまだありません。

ふるさと納税「惣菜・加工品」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...