北海道沼田町(ぬまたちょう)

お礼の品コード:DT0280

菊芋茶 3袋入り

寄附金額
10,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
株式会社まちづくりぬまた
自治体での管理番号
2010-09
特徴
  • 常温
  • 別送
  • 時間
関連カテゴリー

菊芋茶 3袋入り

天然のインシュリンといわれるイヌリンが豊富

菊芋には主成分が水溶性食物繊維の「イヌリン」を豊富に含んでいることから、健康補助食品の野菜として注目されています。
この菊芋のイヌリンはごぼうの約4倍含まれていて、野菜の中でトップクラスの含有量です。
菊芋は水溶性食物繊維が豊富なため、炭水化物類の糖分を取り込んで一緒に大腸へと運び、糖が体内に吸収されるのを抑える働きや、便秘改善の補助をしてくれるので、腸内環境改善の効果も証明されています。

菊芋茶は菊芋を1.8mmスライスして乾燥したものを焙煎し、細かく砕いたものを約2gでパックにしたものです。
飲み方:お湯200mlに1パック(2g)を入れ、4~5分待ってから飲む

【申込条件】
・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。
・クレジットカードをご利用の場合は必ず寄附者の名義と一致するかご確認ください。
 寄附者と、クレジットカードの名義が異なる場合、寄附金税額控除を受けることができません。

【発送期日】
ご入金確認から約1ヶ月以内に発送いたします。

内容量:
3袋(1パック2gで10パック入り)

沼田町(ぬまたちょう)のご紹介

北海道沼田町は北海道のほぼ中央、石狩平野の最北端に位置する。NHKで1999年に放映された連続テレビ小説「すずらん」のロケ地としても知られるまちだ。
まちのルーツは、1894年の沼田喜三郎らの入植に遡る。同町は1930年代に炭鉱町として栄えたが、現在は農業が盛ん。お米やそば、加工用トマトが名産品として知られている。
町内を大小さまざまな清流が流れ、ヤマメやイワナが生息する。また、夏には清流を沿ってほたるがたゆたい、“ほたるの里”の幻想的な光景は多くの人を魅了する。
スキー場や温泉など、観光資源も豊富だが、毎年8月中旬に行われる「夜高あんどん祭り」も多くの観光客を引きつける。500個の電球が彩る、高さ7メートル、長さ12メートル、総重量5トンの巨大で豪華なあんどんがまちを練り歩き、あんどん同士がぶつかり合う様は、勇壮で迫力満点だ。
北海道でも有数の豪雪地帯でもある沼田町だが、近年は雪と共存するまちづくりを標榜。1996年に、雪冷房システムを導入してお米を低温貯蔵する施設「スノークールライスファクトリー」を建設したことをきっかけに、農産物の貯蔵や施設の冷房に雪冷熱エネルギーを活用するなど、雪を活用したまちづくりを推進している。2021年9月には、「北海道沼田町ゼロカーボンシティ」を宣言。太陽光発電やバイオマスのみならず、雪冷熱エネルギーなども活用して、脱炭素化へ取り組む構えだ。

沼田町の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

ふるさと納税「野菜」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...