日本料理さんすい お食事券10000円分 [0635]

寄附金額
37,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
日本料理さんすい
賞味期限・消費期限
発行日より1年間
自治体での管理番号
26020635
特徴
  • 常温
関連カテゴリー

日本料理さんすい お食事券10000円分 [0635]

日本料理さんすいでお使いいただけるお食事券です。
和モダンなお店は、完全予約制で皆さまをお迎えしております。

お食事をされるお部屋は、季節に合わせた掛け軸を飾り、お花が生けられた趣ある空間となっており、ゆっくりとお召し上がりいただきます。
畳のお部屋ですが、お座敷用のテーブルとイスをご用意しておりますので、くつろぎながらお料理をお楽しみください。

《お料理》
天然のお魚、常陸牛、地元で採れた旬の食材を使い、季節のお料理をコースでご提供いたします。
コースの内容は、ご予算に合わせてご提供いたします。
お好みがございましたら、お気軽にご相談ください。

■お店へのアクセス
茨城県稲敷市神宮寺348-2
稲敷東インターより4.2km (約10分)、稲敷インターより6.7km (約12分)


【注意事項】
※完全予約制となっております。ご予約はご利用の3日前までにご連絡ください。

【申込条件】
※年末年始・ゴールデンウィーク・お盆期間などの長期休暇中は、お届けまでにお時間がかかる場合がございます。

【日本料理さんすい】

内容量:
お食事券1枚(10000円分)

商品区分:
通常商品

稲敷市(いなしきし)のご紹介

茨城県南部に位置する稲敷市は、2005年に稲敷郡江戸崎町、新利根町、東町、桜川村が合併して誕生した。霞ヶ浦や利根川、新利根川など、豊かな水源に恵まれた田園都市だ。江戸~昭和初期にかけて舟運の要所、文化的な交流点として栄えた稲敷市周辺は、今日でも研究学園都市・つくば市と世界との玄関口・成田市の中間に位置するなど、交通の要衝となっている。
室町時代に江戸崎城主であった土岐氏が治めていた頃から昭和の時代に至るまで、新田開発や干拓、防水堤の整備や開発などが盛んに進められた結果、今日では県下でも有数の農業地帯となっており、「江戸崎かぼちゃ」や「浮島れんこん」、強い粘りとふっくらとした食感が特徴の早場米「ミルキークイーン」が特産品として名高い。また、オートバイ用高級ヘルメットの製造企業「SHOEI」の茨城工場があることでも知られている。
市内には、舟運が華やかなりし頃に利根川と横利根川の合流部に建造されたレンガ造りの横利根閘門や、寄棟造りの茅葺き屋根が特徴の平井家住宅、767年創始といわれる大杉神社など、歴史的文化財も多い。豊富な水源を活用したボートや釣りなどのレジャー産業も盛ん。妙岐ノ鼻一帯は県内のみならず国内でも屈指の野鳥撮影スポットとしてカメラマンたちで賑わう。
2023年にゼロカーボンシティ宣言を表明し、施策実現のために地域新電力会社「いなしきエナジー」を民間企業と共同で設立するなど、自治体の脱炭素への取り組みも積極的で(自治体が出資する新電力は県内初)、エネルギーの地産地消、災害時のBCP(事業継続計画)対策なども推進していく。

稲敷市の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

ふるさと納税「旅行券・チケット」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...