早摘み煎茶いちばん星100g入×3本 宇治茶の木谷製茶場

寄附金額
10,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
株式会社木谷製茶場
店舗名
株式会社木谷製茶場
配送期間
5月のゴールデンウィーク明け~10月まで。 ※これ以降の発送は翌年5月以降となります。
配送期日
5月のゴールデンウィーク明け~10月まで。 ※これ以降の発送は翌年5月以降となります。
特徴
  • 常温
  • 別送
関連カテゴリー

早摘み煎茶いちばん星100g入×3本 宇治茶の木谷製茶場

奥深い味わいと、早摘みらしい爽やかな口当たりを同時に実現する希少なお茶

<いちばん星の特徴>
奥深い味わいと、早摘みらしい爽やかな口当たりを同時に実現する希少なお茶です。渋みは少なく、飲む人を選ばない煎茶ですので、来客時や贈り物などにも幅広く使って頂ける煎茶です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
<宇治茶の木谷製茶場のご紹介>
煎茶発祥の地、京都・宇治田原町にて文久元年(江戸時代)に創業した日本茶専門店です。直火を使った独自の製茶方法で、癒やされるような優しい香りのする茶葉を目指して製茶しています。宇治田原町内では、工場併設の直売所とカフェを営業しております。店舗まで来られない遠方のお客様にも通信販売やふるさと納税を通じて、当店のお茶を楽しんで頂けると幸いです。

内容量:
早摘み新茶 いちばん星100g×3本

商品区分:
通常商品

注意書き:
※画像はイメージです。
※直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
※開封後は冷蔵保存し、お早めにお召し上がりください。
※5月のゴールデンウィーク明け~10月まで。これ以降の発送は翌年5月以降となります。
※商品コード: 56210045

宇治田原町(うじたわらちょう)のご紹介

「日本緑茶発祥の地」として知られる宇治田原町。江戸時代中期、宇治田原湯屋谷に住んでいた永谷宗円が青製煎茶製法を編み出し、同製法が日本緑茶製法の礎となったことが、その由来だ。今も茶文化はまちに息づいており、茶摘みや手もみ製茶を実際に体験することができる。
近年、同町で話題を呼んでいるのが、800年ほど前に創建されたといわれている正寿院。客殿にある猪目窓がSNS映えすると評判なのだ。なぜならば、災いを除き、福を招く意が込められている猪目窓とはハート型の窓だから――今日もSNSで「#正寿院」「#ハートのお寺」とタグ付けされて、紹介されている。
他にも、猿おみくじが人気の猿丸神社や、アウトドアを楽しめる末山・くつわ池自然公園など、見どころが多いまちだ。

宇治田原町の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

ふるさと納税「飲料」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...