MST 227長方形タイル表札(6cm×22.7cm)

寄附金額
30,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
グラスサイン&コー
店舗名
グラスサイン&コー
特徴
  • 常温
  • 別送
関連カテゴリー

MST 227長方形タイル表札(6cm×22.7cm)

宇治田原町のアンティーク・サイン職人片岡弘希のプロデュースするアンティークタイルの表札。おしゃれなアンティークタイル表札を完全オーダーメイドで制作します。素材は安心の国産タイルを使用しております。

本体カラーはシンプルな、ホワイト、ブラック、ブラウンの3種類からお選びいただけます。
文字カラーもホワイト、ブラック、ゴールドの3種類からお選びいただけます。

レイアウトをお打ち合わせさせていただいてからの制作となりますのでご安心くださいませ。

※フルネームや社名をご希望のお客様は別途オプション料金が発生いたします。
詳しくは画像も合わせてご覧くださいませ。

【お申込後の流れ】
(1)最初に発注用の紙チケットをお送りしますので、チケットに記載しているアドレスへメールをお送りいただきます。
(2)レイアウト制作の打ち合わせのメール(お電話ではご対応不可)をお送り(返信)しますので、その中からデザインをお決めいただきます。
(3)お客様のご希望を元にレイアウトイメージを作成し、ご確認いただきます。刻印するお名前はこの際にお伺いいたします。
(4)デザインにご納得いただけましたら制作開始となり、その後約2週間でのお届けになります(年末年始は1か月以上のお日にちを頂くことがございます)。

【追加オプション料金】
●フルネーム、社名、文字追加料金:2200円

【お問合せに関するご注意】
ご質問等はEメールでのみの受け付けとなります。お電話での対応は致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

内容量:
●MST 長方形タイル表札 1枚
サイズ:6cm×22.7cm(厚さ15mm)
材質:タイル(国産)

商品区分:
通常商品

注意書き:
【注意事項/その他】
※画像・レイアウトサンプルはイメージです。
※表札のみの返礼となります。取り付け具等は付属しておりません。表札の取り付けには、接着剤をお使いください。(接着剤はセメダインスーパーXシリーズを推奨しております。)
※商品コード: 56210375

宇治田原町(うじたわらちょう)のご紹介

「日本緑茶発祥の地」として知られる宇治田原町。江戸時代中期、宇治田原湯屋谷に住んでいた永谷宗円が青製煎茶製法を編み出し、同製法が日本緑茶製法の礎となったことが、その由来だ。今も茶文化はまちに息づいており、茶摘みや手もみ製茶を実際に体験することができる。
近年、同町で話題を呼んでいるのが、800年ほど前に創建されたといわれている正寿院。客殿にある猪目窓がSNS映えすると評判なのだ。なぜならば、災いを除き、福を招く意が込められている猪目窓とはハート型の窓だから――今日もSNSで「#正寿院」「#ハートのお寺」とタグ付けされて、紹介されている。
他にも、猿おみくじが人気の猿丸神社や、アウトドアを楽しめる末山・くつわ池自然公園など、見どころが多いまちだ。

宇治田原町の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

ふるさと納税「装飾品・工芸品」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...