宇治・水出し朝昼番茶ティーバッグ(10g×20袋入×6袋)とクールサーバーのセット

寄附金額
20,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
株式会社 尚美園製茶場
店舗名
株式会社 尚美園製茶場
特徴
  • 常温
関連カテゴリー

宇治・水出し朝昼番茶ティーバッグ(10g×20袋入×6袋)とクールサーバーのセット

お茶に含まれる成分のなかでポリサッカライドとカテキンは、糖の吸収を穏やかにし、血糖値の上昇を抑制する作用のあることが大学の研究などで明らかにされています。秋摘み番茶はこの成分がとりわけ豊富。水出しにすることによってより効果的に抽出することができます。血糖値、糖尿病が気になる方は、ぜひ「朝昼番茶」で健康習慣を。

■京都産茶葉100%、生粋の「宇治茶」
宇治田原町は茶樹の理想郷といわれるほどに、自然環境に恵まれた宇治茶の主力産地です。
私どもはこの地で、親子三代、お茶づくりひと筋に歩んで参りました。家族だけで営む小さなお茶屋で、扱う量はごくわずかですが、その分手間暇かけて、労力を惜しまず茶づくりに専心できますから、味と品質には絶対の自信を持っております。産地にもこだわって「京都府内産の茶葉」だけを用い自信をもって「宇治茶」といえる商品だけをお届けしています。

内容量:
●水出し朝昼番茶(京都府産)ティーバッグ 10g×20個入×6袋
●クールサーバー1個

商品区分:
通常商品

注意書き:
※ポリサッカライドは熱に弱い成分ですので、必ず水で出すようにしてください。
※お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお飲みください。
※画像はイメージです。
※商品コード: 56210170

宇治田原町(うじたわらちょう)のご紹介

「日本緑茶発祥の地」として知られる宇治田原町。江戸時代中期、宇治田原湯屋谷に住んでいた永谷宗円が青製煎茶製法を編み出し、同製法が日本緑茶製法の礎となったことが、その由来だ。今も茶文化はまちに息づいており、茶摘みや手もみ製茶を実際に体験することができる。
近年、同町で話題を呼んでいるのが、800年ほど前に創建されたといわれている正寿院。客殿にある猪目窓がSNS映えすると評判なのだ。なぜならば、災いを除き、福を招く意が込められている猪目窓とはハート型の窓だから――今日もSNSで「#正寿院」「#ハートのお寺」とタグ付けされて、紹介されている。
他にも、猿おみくじが人気の猿丸神社や、アウトドアを楽しめる末山・くつわ池自然公園など、見どころが多いまちだ。

宇治田原町の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

ふるさと納税「飲料」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

Loading ...