ふるさと納税ニッポン!

map

山形県朝日町(あさひまち)

山形県朝日町
2019夏

ヘルシーなハム・ソーセージ、なめらかアイスに自然派ソープ。ダチョウがもたらす逸品が満載

低カロリー、高タンパク。ヘルシーなダチョウのお肉

 山形県の内陸部、西に朝日連峰を望み、町内をゆったりと最上川が蛇行する朝日町。見慣れた田園風景と思いきや、初めて見た人は誰もが驚き、首をかしげる珍しい光景が広がる。緑濃い山々をバックに悠々とダチョウが歩き、餌をついばんでいるのだ。まちの人にはおなじみのダチョウが朝日町にやってきたのは20年も前のこと。まちおこしを兼ねて誰もやっていない珍しいことをやろうと飼育を始めた。今やリンゴ、ワインと並ぶまちのシンボル的存在だ。
 飼育当初からダチョウに関わり、苦労の末に様々な商品を生み出したのが山形朝日オーストリッチ産業センターの熊谷良作さんだ。
「朝日町ではダチョウを使った様々な製品が生まれています。最初にご紹介したいのがハム・ソーセージの詰め合わせです。ダチョウ肉は低カロリー、低脂肪、そして高タンパク、鉄分豊富と栄養的にいいことづくめ。脂肪分が少なく、赤身であっさりとした味わいにファンも多いです」と話す。しかし流通量が少ないために道の駅や、日帰り温泉施設「りんご温泉」の売店など町内の数ヵ所でしか手に入らない貴重な逸品だ。
 今回お届けするのはダチョウ肉をミートローフ状に焼き上げスライスしたフライシュケーゼなど5~6パック。山形県産の豚肉を加工したソーセージ等との詰め合わせとなる。
「ダチョウ肉を使った製品が必ず1点以上入ります。時期によって商品構成が異なるため、何が届くかはお楽しみに」とのことだ。

濃厚卵とジャージー牛乳の絶品なめらかアイス

 ダチョウと聞いてあの大きな卵はどうなるのかと気になる人もいるだろう。もちろん、ひなを孵化させる繁殖用になるのだが、どうしても余剰が出てしまう。
「ダチョウは春から秋の産卵期には2日か3日に1個卵を産みます。以前、余剰分は殻だけをとっておき、見学に来た幼稚園児のお土産等にしていたのですが、もったいないということでアイスクリームの開発に乗り出したのです。ダチョウの卵は卵本来の味が濃いので、それに負けない脂肪分の多いジャージー乳と合わせています。なめらかな味わいが自慢です」。
 このアイスクリームは町内にファンも多い夏の人気商品。リピーターが多く、毎年申し込む人もいるという。

オーストリッチオイルの石鹸でしっとりもちもち

 ダチョウは意外なものにも姿を変えている。「オーストリッチオイルのアップルソープ・クリームセット」だ。
「ダチョウの脂は人の皮脂に近いと言われ、アフリカでは傷薬として使うそうです。これにヒントを得て開発しました」。
 アップルソープはオーストリッチオイルにラベンダーやローズマリー、さらに朝日町産のリンゴ果汁など天然の素材を配合し手作業で練り上げたもの。洗い上がりはしっとりすべすべ。関東からお取り寄せするファンもいるとか。オーストリッチオイルとハーブを使用したクリームとセットでお届けする。
 朝日町政策推進課の白田淳さんは「朝日町はチャレンジ精神があるまちです。全国的に珍しいダチョウの飼育を始めたことも、今では一般的なフジリンゴの無袋栽培を始めたのも朝日町です。ふるさと納税が私たちのまちを好きになるきっかけになったらいいと思います。そして寄附者の方との関係を大切に将来につなげたいですね」と語る。
 安易に品数を増やすのではなく自信のあるものだけをお届けしたいという朝日町のこれからに注目だ。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

朝日町政策推進課

0237-67-2112 0237-67-2112

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

朝日町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる