ふるさと納税ニッポン!

map

冬のギフトにもオススメ! 産地直送のおすすめみかん

冬のギフトにもオススメ! 産地直送のおすすめみかん

Pick Up1
山北みかん

高知県東部に位置する香南市(こうなんし)は、2006年に4町1村が合併して誕生した。
香南市南部には、人の手による堀込港湾では日本最古と言われる石積みの港、手結港(ていこう)がある。1655年に完成した同港は、今も現役だ。現在、港の入り口には開閉式の可動橋「手結港(ていこう)可動橋」がある。全長32メートルの可動橋は、自動車のCMで「そそり立つ道」としても話題になった。

香南市の特産品として有名なのは、日本一の生産量を誇るニラ。最近は、ニラを使ったB級グルメ「ニラ塩焼きそば」も各メディアで取り上げられている。
他にも特産品として有名なのが、北部の丘陵地帯で栽培されるみかんだ。温暖な気候と石灰岩質な土壌もあって、同地では江戸時代からみかんの栽培が盛んだったが、昭和に入ってハウスみかん栽培への取り組みが本格化したことで、ブランド化。「山北みかん」として親しまれている。
山北みかんは皮が薄くて柔らかく食べやすいのが特徴で、濃厚な風味は格別だ。ぜひ味わってほしいのが、2S、Sサイズのみかん。山北みかんは小ぶりなほど甘くて味も濃いのだ。甘みと酸味のバランスが絶妙な大きいサイズのものと食べ比べてみるのもよいだろう。

Pick Up2
愛媛みかん(温州みかん)

北は伊予灘(いよなだ)、西は宇和海(うわかい)にそれぞれ臨み、佐田岬(さだみさき)半島の付け根に位置する八幡浜市(やわたはまし)。温暖な気候に育まれ、段々畑で栽培される温州みかんが有名で、国内でも有数のみかんの産地として知られる。
愛媛県は柑橘類の収穫量が42年連続で全国一位を誇り、みかん王国として知られている。県の花もみかんの花で、県の旗にもみかんの花びらが描かれているほどだ。そんな愛媛県を代表するブランドみかんが「日の丸みかん」「真穴みかん」「川上みかん」。いずれも産地は八幡浜市である。
今回ご紹介する返礼品は、八幡浜市の愛媛みかんである。身がたっぷりと詰まっており、酸味と甘みのバランスもよい絶品のみかんだ。一般的に、みかんは陽の光が当たるほど、糖度が上がるといわれている。段々畑で栽培されるみかん、日光以外にも、海からの反射光、段々畑の石垣からの反射光も浴びているため、さらに甘みが増すのだという。
3つの太陽によってコクのある甘みを蓄えた八幡浜市の愛媛みかんをこの機会に是非!

Pick Up3
和歌山産貯蔵みかん

紀伊水道(きいすいどう)に面し、和歌山県の北部に位置する和歌山市(わかやまし)。安土桃山時代に羽柴秀長(はしばひでなが)が築城した和歌山城の城下町として栄え、江戸時代には紀州徳川家のお膝元として繁栄した。なお、「和歌山」という名称は、豊臣秀吉(とよとみひでよし)が考案したものだ。
和歌山市はニット産業が盛んで、丸編ニット生地の生産は国内1位を誇る。関連産業も市内に多く、島精機製作所が開発した「ホールガーメントコンピュータ横編み機」はエルメスやアルマーニといった海外の高級ブランドに採用されていることで有名だ。また、農業も盛んで、新生姜が特産品として名高い。
今回ご紹介するのは、和歌山市の本格貯蔵みかん。貯蔵みかんとは、収穫したみかんを蔵に入れて熟成させたもの。静岡と和歌山県が貯蔵みかんの主な生産地として知られている。温度と湿度を一定に保った土蔵で、1~2ヶ月かけて完熟させた貯蔵みかんは、糖度が上がり酸味も抜けて、まろやかな味わいに仕上がる。みかんに甘みを求める方には、こちらのみかんをおすすめだ。

若者のみかん離れ?

冬といえば、こたつでみかん……そんなイメージも今は昔。家族形態の変化によって一家団らんの場が失われ、住環境の変化によってこたつが廃れたことで、みかんが以前ほど親しまれ亡くなったというのが定説だ。さらには、「若者のみかん離れ」なる言葉も生まれているようだ。
そんな現状に危機感を持った和歌山県湯浅町の通信販売業者が動画を作成し、ちょっとした話題になった。「TikTok」で活躍するタレント・まなまなさんらが出演する動画は、中高生をターゲットとしたもの。「ありよりのあり」などの若者ことばも動画内で用いられている。
「若者のみかん離れ」に危機感を抱いている業者や自治体は少なくない。熊本県は「くまもん」がプリントされた箱でみかんを出荷しているが、昨年には新たに漫画「ONE PIECE」とコラボした、ポストカード付きの「ONE PIECEみかん~ナミが愛したみかん~」を販売した。静岡県沼津市はアニメ「ラブライブ! サンシャイン!!」とコラボして、同作品のキャラクターがプリントされた箱に入ったみかんを期間限定で販売した。
「若者のみかん離れ」ばかりクローズアップされているが、実は日本人自体がみかん離れをしているという話もある。みかんの皮を剥くのが面倒で敬遠されているというのだ。ぶどうで皮を剥かなくて済むシャインマスカットが人気を得たように、みかんも皮を剥きやすい品種が出てくれば、「日本人のみかん離れ」も収まるのかもしれない。だが、どうせならば、みかん本来のおいしさが日本人に見直されることを願いたいものだ。――ふるさとを想い、納税について考える。ふるさと納税ニッポン!

ふるさと納税ニッポン! とは

ふるさと納税について学べ、返礼品をクチコミや評価で探せる、ふるさと納税サイトです。ユーザーさんの本音レビューを掲載。編集部が選抜したイチオシの返礼品もご紹介します!

今回ご紹介したふるさと納税の返礼品は……

山北みかんジュース(ノーマル)1本+山北みかん3㎏

問い合わせ先

香南市総務課

ミヤモトオレンジガーデンの愛媛みかん5kg

問い合わせ先

八幡浜市ふるさと納税推進室

まろやかな味わい厳選『和歌山産貯蔵みかん』約5kg

問い合わせ先

和歌山市財政課

ページ内のトップへもどる