ふるさと納税ニッポン!

map

最高の贅沢、銀シャリ! おいしいお米3選 2018年度版

最高の贅沢、銀シャリ! おいしいお米3選 2018年度版

Pick Up1
佐渡産コシヒカリ「朱鷺(とき)と暮らす郷」

佐渡市は2004年に、佐渡島内の10か市町村が合併して誕生した。
佐渡島は、江戸時代に大阪方面と北海道を結ぶ日本海航路の中継地として繁栄し、鉱業が盛んであった。鉱業の象徴となったのが、江戸幕府が開発した佐渡金山と銀山。佐渡金山はかつて世界でも最大級の金山として知られたが、1951年以降は大量採掘も行われなくなり、89年には閉山している。
鉱業に替わって、現在佐渡で盛んなのが農業である。農業の中心は稲作であり、佐渡産のコシヒカリは高い評価を得ている。中でもブランド化しているのが「朱鷺と暮らす郷」である。
2007年に佐渡市は、国の特別天然記念物・トキが自然の中で繁殖・生育できる環境での稲作を目的とした「朱鷺と暮らす郷づくり認証制度」を立ち上げた。蛙やドジョウをはじめとする多様な生物が共存できる水田を実現するよう、化学肥料・農薬を減らした稲作が推奨されたのである。エコファーマー認定を受けた生産者によって作られる佐渡産コシヒカリは「朱鷺と暮らす郷」と命名され、売り上げの一部がトキ保護募金に寄付されている。
一般的に、粘りがありしっかりとした旨みがあることがコシヒカリの特徴だとされているが、佐渡産のコシヒカリは噛んだときに口に広がる甘みに定評がある。耐老化性も高く、炊いたあともおいしさが長続きしやすいと評判だ。

Pick Up2
[新米]ななつぼし10kg(中富良野産)

北海道の中央部・富良野盆地に位置する中富良野町。その歴史は、1895年(明治28年)に富山県人の伊藤喜太郎(いとう・きたろう)が入植したことから始まる。1917年に上富良野村から中富良野村として分村。1964年に中富良野町となった。
町花でもあるラベンダーが有名で、斜面に広がるラベンダー畑を見に、年間約100万人を超える観光客が訪れるのだという。
観光業も盛んだが、中富良野町の基幹産業は農業。同町は、豊かな自然環境を生かした「クリーン農業」の推進を図っている。玉ねぎやメロン、そしてクリーン米(農薬節減米)に力を入れているようだ。

今回、ご紹介する返礼品は、近年話題になっている、北海道のお米「ななつぼし」。北海道でもっとも生産が多い品種である。特徴は、適度な粘りとコシ、そして適度な甘みだ。冷めてもおいしく食べられるという声もあり、お弁当やお寿司との相性もよいので重宝するはず! 

Pick Up3
「つや姫5㎏・雪若丸5㎏」山形のブランド米セット

山形県南部に位置する長井市。同市の市街地は、山形県内陸部に位置する長井盆地の平坦部に形成されている。市の東から最上川が流れ、江戸時代までは最上川舟運の港まちとして栄えた。市街地のいたるところに網の目のように水路が張り巡らされており、“山の港まち”の名残がそこかしこに残っている。
同じく江戸時代には米沢藩藩主・上杉鷹山が養蚕業に力を入れ、藩営の縮織工場を設立したことで、長井市は織物のまちとしても栄え、長井紬は全国的にも有名である。

そんな長井市は稲作も盛ん。稲作が作付面積の7割を超えているほどだ。今回、長井市の返礼品からご紹介するのは、米どころ・山形を代表するブランド米「つや姫」と「雪若丸」のセットである。
つや姫は甘み、旨み、粘りなど、食味のバランスが良い点が特徴として挙げられるが、素晴らしいのがその見た目。ひと粒ひと粒が大きく、名前の通りつややかなのだ。
雪若丸はつや姫の弟分的存在で、平成30年に本格的にデビューを果たしたブランド米だ。しっかりとした粒感と適度な粘りを両立させた新食感のお米なのだという。
つや姫と雪若丸。この機会にぜひ、食べ比べてみたい。

ブランド米の戦国時代、到来!

新米が店頭に並ぶシーズンとなった。そこで今回は、返礼品で味わえる各地のブランド米を紹介した。

近年は、新しい「ブランド米」が次々に開発され、食卓にのぼるようになった。日本を代表するブランド米といえば、長らく「コシヒカリ」「ササニシキ」「あきたこまち」だった時代から考えると、現代は百花繚乱の様相を呈している。
北海道米の「ななつぼし」と「ゆめぴりか」、今回も紹介した「つや姫」。今年も「雪若丸」や宮城県の「だて正夢」、富山県の「富富富(ふふふ)」、熊本県の「くまさんの輝き」など、多くのブランド米がデビューしている。なんでも、奨励品種として今年新たに稲作が始まった米は、のべ52銘柄にものぼるそうだ。
新たなブランド米の多くが特徴として持っているのは、耐暑性。夏の暑さに弱い米は、見た目や味の質を高いレベルで保つのが難しいとされている。新しいブランド米は、近年の温暖化に対応しようというものなのだ。

現在、全国各地でブランド米の開発が盛んに行われ、ブランド米の戦国時代ともいえる状況になっている。ブランド名や、そのお米が誕生した背景などに、それぞれ独自色があるので、味を楽しみながら調べてみるのもよいだろう――ふるさとを想い、納税について考える。ふるさと納税ニッポン!

ふるさと納税ニッポン! とは

ふるさと納税について学べ、返礼品をクチコミや評価で探せる、ふるさと納税サイトです。ユーザーさんの本音レビューを掲載。編集部が選抜したイチオシの返礼品もご紹介します!

今回ご紹介したふるさと納税の返礼品は……

佐渡産コシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」 3ヶ月連続お届け

問い合わせ先

佐渡市地域振興課

[新米]ななつぼし10kg(中富良野産)

問い合わせ先

中富良野町総務課

「つや姫5㎏・雪若丸5㎏」山形のブランド米セット

問い合わせ先

長井市地域づくり推進課

ページ内のトップへもどる