ふるさと納税ニッポン!

map

大子町・奥久慈しゃもの魅力に迫る!

大子町・奥久慈しゃもの魅力に迫る!
  奥久慈しゃもの旨さの秘密に迫る!

通常の3倍もの時間をかけて大切に育てられる奥久慈しゃも

 「奥久慈しゃも」は全国特殊鶏(地鶏)味の品評会で第一位に選ばれたこともある、全国でもトップクラスの高級地鶏ブランド。その美味しさの秘密は飼育法にある。茨城県北部・奥久慈の大自然に包まれた環境で、通常のブロイラーの3倍以上もの日数をかけて丁寧に育てられる。こうして大切に育てられた奥久慈しゃもは、筋肉質で野性味たっぷり。低脂肪でありながら、旨みが濃く、歯ごたえ抜群。食べるとジューシーで豊かな味わいが口に広がる。奥久慈しゃもの絶品レシピもご紹介するので、ぜひともご家庭で味わっていただきたい。

  
  奥久慈しゃも・絶品レシピ part.1

奥久慈しゃものみそカツ丼


みそカツ丼

【材料】(2人分)
奥久慈しゃも(ムネ)…200g
塩・コショウ…少々

<みそソース>
みそ…大さじ3
砂糖…大さじ3
みりん…大さじ1と1/2
ケチャップ…大さじ1と1/2
ウスターソース…大さじ1
しょうゆ…小さじ1

<衣>
小麦粉…40g
卵…1個
牛乳…40cc
パン粉…適量

揚げ油…適量
ごはん…2杯分
キャベツ(千切り)…適量
白ごま…少々

【作り方】
1.奥久慈しゃもは、そぎ切りにてし、塩・コショウをふる。
2.フライパンにみそソースの材料をすべて入れ、ひと煮立ちしたら火を止める。
3.ボウルに、衣材料のうち、小麦粉と、卵、牛乳を混ぜておく。
4.奥久慈しゃもを3にくぐらせ、パン粉をまぶす。170℃の油で表面がきつね色になるまで揚げる。
5.丼にごはんを盛り、千切りキャベツを敷き、みそソースにくぐらせた4を盛る。お好みで白ごまを散らす。   

奥久慈しゃもの冬野菜のポトフ


冬野菜のポトフ

【材料】(2~3人前)
カブ…1個
ニンジン…1/2本
タマネギ…1個
ジャガイモ…1個
ブロッコリー…1/3株
奥久慈しゃも(モモ)…150g
水…3カップ
コンソメ…1と1/2個(8g)
塩・黒コショウ…適量

【作り方】
1.カブは6等分に切り、ニンジンは1cmの輪切り、タマネギとジャガイモは皮をむき4等分に切る。ブロッコリーは小房に分ける。
2.奥久慈しゃもは、そぎ切りにする。
3.鍋に奥久慈しゃもと水を入れ、沸騰してきたらアクを取り、弱火にして、ニンジン、タマネギ、ジャガイモとコンソメを入れて15分煮る。
4.3にカブとブロッコリーを入れて、さらに5分煮込む。塩・黒コショウで味を整える。   

奥久慈しゃものみぞれ煮


みぞれ煮

【材料】(2人分)
奥久慈しゃも(ササミ)…200g
塩…少々
酒…大さじ1
大根…1/4本

<だし汁>
水…100cc
しょうゆ…大さじ1/2
みりん…大さじ1
めんつゆ…大さじ1

片栗粉…適量
大葉(千切り)…2枚

【作り方】
1.奥久慈しゃもは筋をとって、ひと口大に切る。軽く塩をふり、酒を入れてもみ込む。
2.大根はすりおろす。だし汁の材料はすべて混ぜ合わせる。
3.1に片栗粉をまぶし、フライパンで軽く焼き目をつける。の大根おろしとだし汁を加えて、中火で5分煮る。
4.器に汁ごと盛付け、大葉を散らす。   

問い合わせ先

大子町財政課

0295-72-1119 0295-72-1119

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

  奥久慈しゃも・絶品レシピ part.2

奥久慈しゃものスペシャルプレート


奥久慈しゃものスペシャルプレート

奥久慈しゃものカレー

【材料】(2人分)
奥久慈しゃも(モモ)…1枚
油…適宜
タマネギ(みじん切り)…1個分

水…200cc
チキンコンソメ(顆粒)…大さじ2強(30g)
塩…少々
ごはん…2杯分
パセリ(みじん切り)…適量

<A>
サラダ油…大さじ3と1/2(50cc)
ターメリック…小さじ1/3
クミン…小さじ1/3
コリアンダーホール…10粒
ローリエ…1枚
赤唐辛子…2個
カルダモンホール…4個
タイム…少々
おろしニンニク…小さじ1
おろしショウガ…小さじ1
ホールトマト(果肉と汁)…大さじ2

【作り方】
1.フライパンに油を薄く引いて、奥久慈しゃもの両面を中火でこんがり焼く。後で火を通すので、中まで焼けていなくてもOK。
2.鍋に油を引いて、タマネギのみじん切りを入れ、あめ色になるまで炒める。
3.フライパンにAのすべてを入れ、ねっとりするまで混ぜ合わせたら、弱火で焦がさないように、香りが立つまで炒める。ハンドミキサーで粒のスパイスを砕いたら(スプーンの裏でつぶしてもよい)、2の鍋に入れ、1の奥久慈しゃも、水を入れて弱火で1時間(水分が半分になるまで)煮込む。
4.チキンコンソメ、塩を入れて、味がなじむまで煮る。
5.ごはんを皿に盛り、好みでパセリのみじん切りを散らし、4をカップに盛る。   


奥久慈しゃものタンドリーチキン

【材料】(1人分)
<A>
ヨーグルト…大さじ2
ホールトマト(果肉と汁)…大さじ1
パプリカパウダー…小さじ1
カレー粉…小さじ1/3
塩…少々

奥久慈しゃも(ムネ)…1枚

【作り方】
1.ボウルにAを入れ混ぜ合わせたら、奥久慈しゃもを入れて和える。
2.天板に1を置き、250℃のオーブンで15分ほど焼く。オーブンから取り出し、一番厚みのあるところに、竹串を垂直に刺して小さな穴をあけ、透き通った肉汁が出てくれば焼けた目安。血が混じるようなら、オーブンに戻し、数分さらに焼く。
3.2をオーブンから取り出し、適当な大きさに切り、皿に盛る。   

奥久慈しゃものスモークチキン

【材料】(1人分)
奥久慈しゃも(ササミ)…2本
塩…少々
砂糖…少々
乾燥バジル…少々
リンゴのチップ…10g(ひとつかみ分)

【作り方】
1.奥久慈しゃものササミはスジをとり、バットに置き、塩、砂糖、乾燥バジルをふり入れ、軽く混ぜてなじませておく。
2.(換気がしっかりできるところで)下の【燻製方法】を参考にして、15分ほど燻煙にかける。
※できるだけ屋外で燻すようにしてください。
3.奥久慈しゃものササミを取り出し、適当な大きさに切り、皿に盛る。   
奥久慈しゃもの燻製方法

【燻製方法】
アルミホイルを皿状に成形。その皿にリンゴのチップを入れ、フライパンの上に置き、バーナーで火をつける。
フライパンの上に網を敷き、の奥久慈しゃもを間隔をあけて置く。
大きめのステンレスボウルを網のうえに逆さにして置き、1カ所だけ煙が抜けるところを残して、アルミホイルでボウルと網を包み込む。15分ほど燻煙にかける。
【注意】必ず、しっかり換気ができるところで燻煙してください。できれば屋外で行うのがベター。ただし、屋外で燻煙する場合は、(火事と間違えられないように)周囲への報告を徹底ください。   

問い合わせ先

大子町財政課

0295-72-1119 0295-72-1119

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

ページ内のトップへもどる