ふるさと納税ニッポン!

map

シャリシャリ食感がたまらない! まだまだおいしい梨3選!

食感がたまらない!まだまだおいしい梨3選!

Pick Up1
梨「豊水」

北は伊予灘(いよなだ)、西は宇和海(うわかい)にそれぞれ臨み、佐田岬(さだみさき)半島の付け根に位置する八幡浜市(やわたはまし)。温暖な気候に育まれ、段々畑で栽培される温州みかんが有名で、国内でも有数のみかん産地として知られる。
みかんで有名な八幡浜市だが、おいしい梨が採れることでも知られる。日照時間の長さがフルーツに好影響をもたらすのだという。
今回ご紹介する豊水(ほうすい)は、果形は円形で、小金色に色づく果皮の色が特徴。国内での生産量が多く、「幸水」「新水」と合わせて「三水」とも呼ばれる。歯ごたえがあり、ほんのり甘酸っぱい味わいが特徴だ。
地元・八幡浜市で愛される、ジューシーな梨をこの機会にぜひ。

Pick Up2
梨「新高梨」

日本海岸に広がる鳥取砂丘が世界的に知られる鳥取市。豪雪地帯ではあるが、春からは温暖な気候が続くため、梨や柿、ぶどうや桃などの果樹栽培が盛んだ。
鳥取県といえば梨が有名だが、中でも二十世紀梨は特別である。鳥取県を代表する農産物だといっても差し支えないだろう。
鳥取において二十世紀梨の栽培が始まったのは、一九〇四年。千葉県松戸市から二十世紀梨の苗木を取り寄せた北脇永治(きたわきえいじ)が鳥取県松保村、現在の鳥取市に植えたのが始まりだ。以来、二十世紀梨は鳥取県に普及し、夏の旬の味として愛されている。
今回、鳥取市の返礼品からご紹介するのは、新興梨(しんこうなし)である。新興梨は新潟県で二十世紀梨の種子から育成された赤梨。日本梨の中ではもっとも遅い時季に収穫され、10月下旬から1月下旬に出荷される。栽培面積は新潟県が全国トップだが、鳥取県は二位につけている。
新興梨は果肉は柔らかく、甘みと酸味がバランスよく調和し、さわやかな味わいが特徴だ。鳥取市米里(よねさと)地区の山裾で栽培された瑞々しい梨をぜひご賞味あれ。

Pick Up3
梨「愛宕」

2006年に甘木市(あまぎし)、朝倉町(あさくらまち)、杷木町(はきまち)が合併して誕生した朝倉市。市の中心から北へ7キロほどにある盆地はかつて城下町として栄え、今も残るその街並みは「筑前の小京都」と評されている。
同市北部には古処山(こしょさん)や馬見山(うまみやま)などの標高800~1000メートルの山々が連なり、筑後川が流れる南部には川沿いに平野が広がる。雨量が多く気候も温暖であるため、朝倉市は農業が盛んだ。
陽当りの良い山の斜面には果樹園が広がる。朝倉市といえば、日本一の生産量を誇る甘柿が有名だが、梨の名産地としても名高い。そんな朝倉市の梨で今回ご紹介するのが、「愛宕(あたご)」だ。
愛宕梨は日本でもっとも大きい梨の品種として知られる。大きさは赤ちゃんの頭と同等で、重さは約1キロほどになる。
シャリシャリとした食感で、非常に果汁が多く、柔らかい甘さとほどよい酸味が絶妙なバランスを醸し出す上品な味わいの梨だ。
旬は秋ではなく冬。11月下旬頃からシーズンを迎える。日もちがよく、1ヵ月はもつ。熟すほどに甘みと香りが増し、コクのある味になるため、追熟させてから食べることをオススメしたい。

海外でも愛される、ふるさとの梨

秋の旬といえば、梨。早いものは7月から市場に出回り(「幸水」)、9月には「二十世紀梨」「長十郎」「あきづき」が出荷される。初秋のイメージが強い梨だが、収穫は10月下旬まで続く。今回は、まだまだ楽しめる、冬まで楽しめる梨を紹介した。

梨は、日本では弥生時代から栽培され、シャリシャリとした食感と瑞々しい甘さが日本人に長く愛されてきた。近年は香港・台湾にも海外輸出され、好評を博しているという。
大分県日田市特産の「日田梨」は、色や形が満月を連想させるとして、中華圏では縁起物として人気なのだとか。
茨城県下妻市はマレーシアやタイに梨を積極的に輸出。下妻市は国内有数の梨の産地であるにもかかわらず、国内ではうまくブランド化に成功できないという課題が以前よりあった。そんな下妻市が目を向けたのが、海外市場。「下妻甘熟梨」はタイ王室にも献上され、2017年の輸出量は東南アジアを中心に計110トンを超えた。
2017年にはベトナムが梨の輸入を解禁。福島県産の「幸水梨」「豊水梨」「二十世紀梨」「新高梨」、日田の「日田梨」、茨城県下妻市の「下妻甘熟梨」が相次いで輸出されている。
ベトナムの首都・ハノイと姉妹都市である福岡県は友好提携10周年を記念となる今年、ハノイ市と農業交流を行うことを発表。嘉麻市で生産された「二十世紀梨」を輸出した。ハノン市内の店舗では9月2日から販売が開始されているのだという。

ふるさとの梨が「ふるさと納税」の返礼品として国内で愛され、輸出されることで海外でも愛される時代が到来している。ふるさとの梨に思いを馳せてみるのもよいだろう。――ふるさとを想い、納税について考える。ふるさと納税ニッポン!

ふるさと納税ニッポン! とは

ふるさと納税について学べ、返礼品をクチコミや評価で探せる、ふるさと納税サイトです。ユーザーさんの本音レビューを掲載。編集部が選抜したイチオシの返礼品もご紹介します!

今回ご紹介したふるさと納税の返礼品は……

梨「豊水」

問い合わせ先

八幡浜市政策推進課

梨「新興梨」

1万4,000円以上の寄附でもらえる
新興梨

容量:新興梨 5キロ箱(8玉~12玉)

問い合わせ先

鳥取市市民税課

梨「愛宕」

問い合わせ先

朝倉市ふるさと課

ページ内のトップへもどる