ふるさと納税ニッポン!

map

大子町・特選品の魅力をお届け!

大子町・特産品の魅力をお届け!
PickUP1 常陸牛
牛肉の王様、常陸牛!

茨城県の銘柄牛「常陸牛」は、厳選された飼料、肥育管理のもと30ヶ月以上の期間をかけてじっくり育てられる、食肉取引規格5等級と4等級の優秀な黒毛和牛だ。肉質はきめ細やかでやわらかく、味はうまみが濃厚。和牛コンテストでは前沢牛や松坂牛を押さえて高い評価を得ている。

返礼品を提供している「きらく肉店」は、大子町の駅前から少し離れた住宅地にある大人気の精肉店。店主・菊池昭二さんは直接ウシを選別して一頭買いするこだわりをもち、その確かな目利きを求めて地元の人だけでなく栃木県や埼玉県、千葉県など県外から絶え間なく客がやってくる。遠方からは自宅用のみならず、季節になると贈答品としても電話注文が殺到する。
 菊池さんによると「おいしい常陸牛はエサの配合とウシにストレスのない肥育環境など、生産者のたゆまぬ努力と精進の積み重ねのたまもの。私の実家は畜産関係の仕事をしていたので生産者とは顔見知り。今でも私はより美味しい肉を求めて牧場に足を運んでいます。常陸牛は牛肉の王様ですよ」と胸を張る。

常陸牛を堪能するためには、部位の肉質の特徴にあった料理法を選びたい。「リブロース・サーロイン・ヒレ・ランプの部位は赤身にほどよく脂肪の入った、やわらかい霜降りなのでステーキや焼肉に。肉に甘みがあるのでソースやタレではなく、ワサビしょうゆがおすすめ。肩ロース・ももは薄切りにして、しゃぶしゃぶや焼肉、すき焼きに向いています。外もも・すね・ばら肉は、煮るのに適しているのでシチューなど煮込み料理がよいでしょう」(菊池さん)

ふるさと納税の返礼品で初めて常陸牛を食べ、その美味しさのとりこになって毎回注文したり、直接「きらく肉店」に訪ねてきたり、電話で購入する寄附者も続出中だ。特に大人気のヒレは、一頭のウシの重量のたった3%程度しかとれない希少な部位。早めの申し込みが必須だ。

問い合わせ先

大子町財政課

0295-72-1119 0295-72-1119

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

PickUP2 奥久慈しゃも
プロの料理人も太鼓判を押す 奥久慈しゃも

「奥久慈しゃも」は全国特殊鶏(地鶏)味の品評会で第一位に選ばれたこともある全国でもトップクラスの高級地鶏ブランドだ。年間5万羽を飼育している大子町にある「奥久慈しゃも生産組合」理事の高安正博さんによると、「昭和50年代後半に新たな鶏の品種を作るため、多くの試験を経て軍鶏・名古屋コーチン・ロードアイランドレッドを組み合わせた奥久慈しゃもが誕生しました」。

奥久慈しゃもの美味しさの秘密は飼育法にある。茨城県北部・奥久慈の大自然に包まれた環境で、通常のブロイラーの3倍以上もの日数をかけて育てられる。「良質のしゃもを育てるために独自に開発した栄養価の高いエサ、ストレスをかけない環境の中での運動を心がけています。また、音におびえるしゃもに、鶏舎で1日中ラジオをかけて慣れさせています」(高安さん)。

こうして大切に育てられた奥久慈しゃもは、筋肉質で野性味たっぷり。低脂肪でありながらうまみが濃く、歯ごたえ抜群。食べるとジューシーで豊かな味わいが口に広がる。プロの料理人からも確かな味に太鼓判が押され、『ミシュランガイド東京2010』より星を獲得し続けている焼き鳥界の名店「バードランド」(東京・銀座)で使われる地鶏はすべて「奥久慈しゃも」。その他、北海道から沖縄まで全国の料理店から注文がくる。また、大子町には61店の飲食店・旅館で鍋、親子丼、そば、カレー、ラーメン、など多彩な奥久慈しゃも料理が提供され、食べ歩きも楽しめる。

高安さんおすすめの家庭料理は、「塩とこしょうをふって焼くだけで肉のうまみが味わえます。わが家ではしょうゆ味のしゃも鍋もよく作ります。水炊きにすると濃厚なだしがとれ、シメの雑炊は絶品。大子町ではすき焼きもしゃもで食べ、翌日は奥久慈しゃもの卵でとじた親子丼にして食べつくします」。聞くだけで垂涎の奥久慈しゃも、ぜひ家庭で味わいたい。

おすすめの料理1 奥久慈しゃもの塩こしょう焼き

作り方

もも肉(むね肉でもOK)の水気をペーパータオルなどで取り、塩・こしょうをふる。フライパンを熱し、油を入れてしゃも肉を皮目から入れ、弱火でじっくりこんがりと両面を焼く。

おすすめ料理2 奥久慈しゃも鍋

作り方

鍋にしゃも肉のぶつ切りとたっぷりの水を入れ、30分くらいアクを取りながら中火で煮込む。しょうゆ、みりん、砂糖で好みの味付けをする。季節の野菜、しいたけ、こんにゃく、ごぼうのささがき、ネギなどを入れ煮えあがったら弱火にして、熱々を食べる。

おすすめ料理3 奥久慈しゃものすき焼き

作り方

しゃも肉はそぎ切りにし、ネギ、焼き豆腐、しいたけなども用意する。すき焼き鍋にわりした(砂糖・しょうゆを同量)をさし、肉を入れて煮えたところから卵をつけて食べる。野菜も同様に。味噌を加えて酒で割ってもよい。その場合、別にわりしたをスープで五分に薄めたものと砂糖を用意しておく。

絶品!奥久慈しゃも・常陸牛が味わえるお店

寿昌庵けん坊

〒319-3555 茨城県久慈郡大子町下野宮2072-1
TEL & FAX 0295-72-2007

問い合わせ先

大子町財政課

0295-72-1119 0295-72-1119

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

ページ内のトップへもどる