「三浦小平二」意匠の箸置き2個セットA(柿・トキ)

寄附金額
10,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
むみょうい常山小平窯
店舗名
むみょうい常山小平窯
特徴
  • 常温
  • 別送
関連カテゴリー

「三浦小平二」意匠の箸置き2個セットA(柿・トキ)

佐渡相川の波間に沈む夕日を見た時の波の形をイメージしています。
スプーンレスト・ペーパーウェイト等にもお使いいただけます。

■三浦小平二
昭和8年、旧佐渡郡相川町に陶芸家・三浦小平の長男として生まれる。
東京芸術大学に入学、 加藤土師萌に師事し学内に初めて窯を築く。
45年日本工芸会正会員となる。
47年故宮博物院で青磁、赤絵を学ぶ。
翌年父の死去により佐渡小平窯を継ぐ。
51年日本伝統工芸展で文部大臣賞。
平成2年東京芸術大学教授に就任。
8年紫綬褒章受章。
9年重要無形文化財「青磁」保持者認定(人間国宝)。
18年73歳にて死去。 勲四等旭日小綬章。

中国宋代の官窯青磁を究明し、無名異の土を青磁の素地に使用、豊潤で深みのある独創的な形をした青磁を生み出した。また、青磁と色絵を併用することによって現代的な感覚の作品を生み出した。

(出典: 「人間国宝事典』 芸艸堂による)

内容量:
箸置き2個セット(柿・トキ)
サイズ:6.5cm×3.4cm

商品区分:
通常商品

注意書き:
※画像はイメージです。
※冬季間(12/1から2月末まで)は商品のお届けが遅くなる場合がございます。
※商品コード: 57030670

佐渡市(さどし)のご紹介

2004年に1市7町2村が合併して誕生した佐渡市。日本海側で最大の島である佐渡島の全域を占めるのが同市だ。市の鳥はトキ。日本産のトキが最後まで生息していたのが佐渡である。近年は人工繁殖させたトキが市内に放鳥され、田で餌をついばむトキの様子を見ることもできる。
歌川広重が『六十余州名所図会』で描いたことでも知られる佐渡金山が有名。江戸時代には幕府の直轄領だった佐渡だが、佐渡金山から産出された金は幕府の財政を潤したとされる。国内一の金産出量を誇った佐渡金山も1951年に商業採掘が終了。採掘は行われていないが、史跡や記念館などで当時の様子をうかがい知ることができる。
現在は、定置網や刺網漁業などの沿岸漁業が盛ん。日本海で漁期が一番早い寒ブリは名高い。南蛮エビやアワビ、加茂湖や真野湾で養殖されるカキなど、海産物が多く穫れる。稲作や幻の牛とされる佐渡牛など、特産品も豊富だ。

佐渡市の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

ふるさと納税「雑貨・日用品」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...