ふるさと納税ニッポン!

map

新潟県阿賀野市(あがのし)

新潟県阿賀野市
2018冬

五頭温泉郷の名物・川上とうふに作りたての蒲原牛ハンバーグ、ヤスダヨーグルトが人気

大豆を食べているみたい!一子相伝、手作り豆腐

JR新潟駅から車で約20分。新潟県北東部の阿賀野市はラムサール条約登録湿地で白鳥が飛来する瓢湖や、文化人に愛された五頭温泉郷が知られる。
 温泉を訪れた人の定番土産としても人気の「川上とうふ」では全商品が入った「よくばりセット」を返礼品に提供している。セットには定番のほか、青・黒・赤豆を使った珍しい豆腐が並ぶ。色つきの豆から豆腐はできないと言われた豆を研究し続け、苦労を重ねて納得出来る品質に仕上げた。
「同じ大豆を使っても、天候・気温・湿度などでにがりの量やタイミング、混ぜる回数は違います。何を基準に?と聞かれると、勘としか言いようがない。経験を積むことが修業です」と社長の澁谷誠一さん。
 出来立てのおぼろとうふを口に含むと豆の香りが広がった。唇でふんわり、舌でつるりとした食感を楽しめる。バイク雑誌で紹介されて以来、ライダーからの人気も高く、知名度は全国区だ。
 ミートフーズウスイは1971年にスタートした「臼井農畜産」が発祥。ブランド牛「蒲原牛」を仔牛から自家配合の飼料で急がずじっくり育てるのがポリシーだ。89年には加工品・惣菜・レストラン経営を始め、お店に並ぶハンバーグはご馳走として愛されてきた。
「蒲原牛ハンバーグは牛肉100%に玉ねぎ、秘伝のスパイスを効かせた味です。醤油ベースの和風ソースはご飯が進みますよ」とお母さん社長の臼井ゆめ子さん。作り立てを発送するため毎日忙しい。今日も店では発送前のハンバーグが山積みだ。

CAの口コミで全国区に!とろっと滑らかヨーグルト

 「ヤスダヨーグルト」は新潟県酪農発祥のまちである阿賀野市の畜産農家と連携して生まれた商品だ。1970年代後半に、全国的に牛乳が生産過剰となった時、廃棄するには忍びない、と有志で製造を始めた。新鮮な生乳のおいしさを生かした「飲むヨーグルト」はコクのある口当たりが特徴で、返礼品の一番人気となっている。
 品質に妥協しないものづくりは必然的に高価格となる。当初は地元のスーパーでも扱ってもらえなかった。
「新潟空港に寄るCAさんが次々と買い求め、口コミで広まったことが全国区になったきっかけ。以来、全国に並ぶようになりました」と販売管理部長の伊藤忠憲さん。ヨーグルトの美味しさに感動して入社したという、筋金入りの「ヤスダヨーグルト愛」の持ち主だ。
 瓢湖にちなんだ、その名も「スワンレイクビール」は越後名水を使った人気の地ビール。今回お届けする「金賞受賞セット」は三種全てがビールの世界大会で金賞を受賞している。「地ビールならではの個性を楽しんでください。三種とも素材の特徴が活きています」。と醸造担当の渡邉康一さん。賞味期限は受け取ってから2か月。クール便で届く。「ビールは生き物。冷蔵庫で保存して」とのことだ。
 総務部市長政策課の髙橋菜々さんは「阿賀野市にはお米や日本酒、田舎味噌など米どころならではのものが揃っています。返礼品で阿賀野市を知っていただいたら、ぜひ来ていただきたいですね。温泉に泊まって、満喫してください」とPRする。ふるさと納税担当チームが市内のうまいものを開拓し、返礼品のラインナップも年々増加中だ。自慢のお湯に浸かってうまいもの、美しいものを味わいに、訪ねてみたい。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

阿賀野市市長政策課

0250-62-2502 0250-62-2502

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

阿賀野市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる