ふるさと納税ニッポン!

map

長崎県松浦市(まつうらし)

長崎県松浦市
2018夏

国内初! 海水育ちの養殖ウナギ、1缶1000円の高級サバ缶、マグロやフグも感動の味わい

脂の乗った本マグロ、歯ごたえ抜群のフグ刺し

 海山の豊かな自然に抱かれ、農業、水産業とも盛んな長崎県松浦市。プロの料理人には“食のコンパクトシティ”として知られ、有名ホテルや料亭からの引き合いも多い。そんなクオリティの高い食材の数々が、ふるさと納税でやっと一般にも知られつつあるようだ。
 その筆頭が本マグロ。「この辺りの海は年間を通じて水温が安定し、潮変わりもいい。深度もあり、マグロの養殖に非常に適していると言えますね」と話すのは、道の駅「鷹ら島」の店長・宮本徹弥さん。毎月第2·4土曜日にマグロの解体ショーを開催し、自身も包丁を握る、マグロの目利きである。
 「そのまま刺し身で食べてもいいし、マグロ丼もうまい。マグロをたれに漬け込んだマグロの漬け丼がこれまた最高!」と、宮本さん。返礼品はマグロ丼のたれも付いた1㎏入りがおすすめだ。1㎏といっても4~6パックに小分けしてあるので、食べたいときに食べる分だけ解凍して使えるのもおすすめの理由とか。舌の上でねっとりと甘くとろける極上の味を、さまざまな食べ方で堪能してほしい。
 この本マグロと人気を分かつのが、こちらも高級魚としておなじみのトラフグ。全国の自治体がたくさんのフグ刺しを返礼品にしているが、「新松浦漁協」の水産加工場が出荷するフグ刺しはよそとちょっと違う。なにしろ、解凍したときのドリップがほとんど出ないのだ。したがって、まるで引き立てのようなフグ刺し独特のキュッとした歯ごたえが楽しめる。「解凍してベチャッとしないのは、やはり加工技術ですね。うちはドリップ防止剤などの添加物は使わず、吸水シートで自然に水分を抜きます。刺し身が引きやすく、食感もよくなって、味も凝縮感が増します」と、工場長の田中耕一さん。食品衛生管理の国際基準「HACCP」をフグの加工場として県内で初めて導入。養殖生産量日本一の長崎のフグをしっかりと支える。

海のウナギに高級サバ缶と目玉の品が続々参入!

 さらに、食通をあっと言わせるのは「海水育ちのおうごんうなぎ」。その名の通り、松浦の海でシラスの稚魚から育ったウナギだ。「淡水でウナギが養殖されているのは川でウナギを捕ったから。実は海水でも育つんですよ」と笑顔を見せるのは「松永水産」の松山貴志さん。火力発電の温排水を利用した、国内初の取り組みだ。
 ウナギ養殖のカギを握るのは水温。ウナギの成長温度帯は25~30℃なので、大量の水を時に加温して用いる養殖はコストがかかる。だが、ここでは温排水を活用し、クリーンな環境が保たれている。「職人さんには泥臭くなく、味がいいと評判です」と松山さん。とはいえ少量生産の“幻のウナギ”。申し込みはお早めに!
 最後に、これまたレアな1缶1000円の高級サバ缶を紹介しよう。もともとブランド魚として知られる旬サバを出荷する日本遠洋旋網漁業協同組合が得意先への進物用に製造していた非売品が口コミで人気となり、一般向けに開発されたものという。「1缶に1尾、丁寧に手詰めしています。希少な高級魚を缶詰にするので仕入れ値が高いのはもちろん、数量をなかなか確保できず、発売まで3年を要しました」と、苦労を語る「まつうら観光物産協会」事務局長の高橋識弘さん。そのかいあって別格の「さば缶詰」が完成した。いまや北海道や関東からも注文が舞い込む。
 生産者や開発者の情熱がこもった同市の返礼品。食のまちのこだわりをぜひこの機会に味わってみてほしい。

魅力ある高校づくりに活用!

 市内唯一の県立高校の存続と発展を支えるため、生徒確保を目的とする入学準備金や下宿費補助、進学や就職支援、部活動の強化やキャリア学習支援などに活用させていただいています。長い間定員割れの状態でしたが、17年ぶりに入学者が定員を満たしました!

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

松浦市ふるさと納税・魅力発信室

0956-72-1321 0956-72-1321

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

松浦市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる