ふるさと納税ニッポン!

map

長崎県佐世保市(させぼし)

長崎県佐世保市
2017夏

大ブームの黒豚ロールステーキ
ハウステンボス宿泊券など
まちの「五つ星」が大集結!

子どもたちに大ウケ!大和製菓のスナックセット

 「平成28度年も26億円という大きな寄附をお寄せいただきました。『ふるさと納税ニッポン! クチコミアワード』で2位に選ばれたことについても感謝の気持ちでいっぱいです!」
 と、お礼の言葉を重ねる佐世保市(させぼし)ふるさと納税推進課の下津浦千賀子(しもつうらちかこ)さんと亀井亮(かめいりょう)さん。「平成27年度にお寄せいただいた寄附金は、さっそく学校や観光施設、文化遺産の保存整備などの事業に活用させていただいています」と声を弾ませる。
 佐世保市は、平成27年度の寄附額が前年度の約2000倍となる26億円を突破し、寄附額が全国6位にランクイン。一躍、注目を浴びた。「27年度は350品、28年度はネットの限定品や季節商品を合わせると約500品の返礼品を取り揃え、ご好評を得ることができました。今年度も同様に多くの返礼品をラインナップしています」と、返礼品がますます充実したことを同市の二人は力強くアピールする。
 長崎県北部に位置し、「ハウステンボス」や「九十九島(くじゅうくしま)パールシーリゾート」といった魅力的な観光スポットを数多く抱える佐世保市。今年度もそんなまちをめいっぱい楽しめる宿泊券が好調だ。ハウステンボスのオフィシャルホテルをはじめ、建築家・黒川紀章(くろかわきしょう)氏プロデュースによる温泉宿、島の民宿など、まさに選り取り見取り!
 そうしたレジャーのお供にぴったりなのが「大和製菓(やまとせいか)」の「スナック菓子10種の詰め合わせ」である。大和製菓といえば、長崎県民にはおなじみのソウルフード。食べ切りサイズで携帯しやすく、子どものおやつからお父さんのビールのつまみまで、幅広い人気を博している。返礼品ではバリデカ味カレーを筆頭に、佐世保バーガー味や辛子明太子味など、10種類ものスナック菓子がドーンと200袋も届くというから、この迫力と興奮、子どもたちはきっと大はしゃぎだろう。

森公美子さんが絶賛の極上の黒豚ミルフィーユ

 続いては、フライパンで焼くだけで簡単に食べられる「長崎豊味館(ながさきほうみかん)」の「黒豚(くろぶた)ロールステーキ」。ブームのきっかけはタレントの森公美子(もりくみこ)さんが、「おいしい! そのへんのハンバーグなんて食べている場合じゃないですよっ!」とテレビ番組で発言したことだったとか。ふるさと納税の返礼品の中でも、目下、申し込み数1位を独走中だ。
 黒豚ロールステーキは南九州産黒豚肉を極薄の1ミリ以下にスライスし、約60枚の層に重ね、手作業で巻き上げたもの。「一見簡単に出来そうですが、熟練の職人技と生産環境の整った工場だからこそなせる技なんです」と、長崎豊味館の松尾(まつお)あゆみさんは説明する。
 肉の加工品といえば、ハンバーグやミートボールのような味を付けたものが大半だが、これは生肉を巻いただけ。消費者に受け入れられるか大きなチャレンジだったが、箸で切れる柔らかさと完全無添加のロールステーキは、業界の常識を打ち破る大ヒットとなった。
 噛むほどに旨みがジュワ〜とあふれ出るステーキの味わいをさらに引き立てるのはオリジナルのゆず酢だれである。爽やかなユズの風味が好評で、「このタレだけ売って!」と言われることもあるとか。どこにもない佐世保自慢の逸品、ぜひ一度、味わってみてほしい。

「この太さが値打ち」「東京あたりじゃ出回らん」

 佐世保港外から平戸瀬戸(ひらどせと)まで大小の島々が連なる九十九島は、日本の代表的な風景として映画『ラストサムライ』の冒頭に登場。リアス式海岸で日本百景にも選ばれた青く澄んだ海で知られるが、実はプランクトンが豊富で養殖に最適な条件が揃っている。
 これから夏に向け、イチ押しなのが「マルモ九十九島岩がき(くじゅうくしまいわがき)」。かきを冬だけのものと思っていたら大間違いで、「やっとこのシーズンが来たか!」と、夏に旬を迎える岩がきを楽しみにしている食通は少なくないらしい。
 お届けする岩がきは2年物。7〜8月になると産卵期となるので、ただでさえ大きな身が卵を抱えてぽってりとふくらむ。軽くレモンを絞って口に入れると、その卵がとろりとあふれ、いっぱいに広がる濃厚な旨味がたまらない。これぞ、今しか出合えない旬の味!
「マルモ水産」の社長・末竹邦彦(すえたけくにひこ)さんは、これはなるべく生で食してほしいと話す。「UV殺菌処理を施した海水に浸し、腸炎ビブリオ菌などの検査をすべてクリアした岩がきなので、安心してお召し上がりください。レモンのほかにナイフと軍手も同梱しますが、開けにくい場合には電子レンジで軽くチンすると、口が開きます」と、アドバイスしてくれた。
 岩がきだけでなく、いろんな魚介類を味わってみたいなら、「幸漁物産(こうりょうぶっさん)」の「豪華大漁セット」の評価が高い。内容は4種類の魚介類だが、伊勢海老一つとっても、1尾1.2〜1.3kgの大きさだ。「この太さが値打ち。東京あたりじゃ、なかなか出回らんとやなかですか」と、営業課長の小川清水さんは胸を張る。
 社長の山口幸一(やまぐちこういち)さんは元漁師。自社の船から揚がる魚と、かつての漁師仲間から”浜値“で買い付けることで、驚きのコストパフォーマンスを可能にしていると言う。サイズが揃わないときは500〜600gが2尾になることもあるが、「輸送の間に貝から水が出て軽くなるから、いつも多めに入れるんよ」と、小川さん。発送日から3日間は生食可能なので、豪快な刺し盛りにして召し上がれ!

知る人ぞ知る茶の産地「世知原」の銘茶セット

 佐世保市内から車で約30分。佐賀県との県境に位置する世知原町(せちばるちょう)は、知る人ぞ知るお茶の産地である。しかも、その品質は極めて高い。生産から茶摘み、自社工場での製茶まで一貫して手がける「前田製茶(まえだせいちゃ)」は、天皇賞や農林水産大臣賞などを受賞する品評会の常連だ。「世知原は霧が深く、昼夜の寒暖差が大きい。気温が低いと新芽がじわじわ伸びるので、旨味が凝縮された香り高いお茶ができるのです」と、3代目となる前田晃宏(まえだあきひろ)さん。新たに取り組み始めた紅茶の評判も上々だ。今回はこの紅茶を含む、希少なお茶の詰め合わせ、「世知原物語(せちばるものがたり)」を特別に出品してもらっている。
 希少性が高いといえば、最後に紹介する「堀内(ほりうち)フルーツファーム」のマンゴーも、全国で数えるほどしか取り組んでいない、珍しい鉢植え栽培によるもの。「根域を制限することで、糖度が高く繊維の少ないなめらかな舌触りを持つ果実に育つんです」と、山下よしみさん。樹上完熟で自然に落果したものをネットで受け止めて出荷するので、なんと糖度は15度以上!「甘いだけではなく、マンゴー特有の爽やかな酸味もあり、甘みとのバランスがいいのが自慢なんです」と、山下さん。
 同ファームが出荷する「あいあいの雫(しずく)ブルーベリー生果実(なまかじつ)」も毎年大人気だ。鉢植えマンゴーと同様にハウス内にて、ハイブッシュ系やラビットアイ系など佐世保の気候に適した10品種を栽培。そのときどき食べごろを迎えるものを順次収穫して発送されるが、果実のサイズは12㎜以上の大粒だ。早朝から手摘みしたものをその日のうちに出荷してくれるので、みずみずしくフレッシュな味わいを堪能できる。
 海の幸、山の幸、レジャーと実にバラエティに富む佐世保市の返礼品。それはまちの豊かさをそのまま物語っていた。

特典

最新のクチコミ

※カッコ内の金額は使用した寄付金額です

長崎県佐世保市
黒豚ロールステーキ(10,000円)

ももさん

クチコミを見て、すごく気になっていました。
思い切って、注文!個包装で使いやすいので、一人暮らしの夕食に助かっています。しっかり焼き目をつけたら、あとはじっくり弱火で火を通すのがポイント。
お箸で切れます。ハンバーグみたいに、ケチャップとソースを絡めるのも良かった。美味しくいただきました。

2017/08/10

長崎県佐世保市
マルモ 九十九島岩がき(10,000円)

にゃん吉さん

佐世保市へは2度目の利用です。前回納税していたのでパンフレットが自宅に届いており、じっくりと商品を選ぶ事ができました。
人気商品と言う事もあってか、納税してから商品が届くのに3ヶ月以上かかり、途中で問い合わせをしました。と言うのも、届いたのが3月末でカキの季節が終わってしまうのではないかと思ったからです。電話応対して下さった担当の方も丁寧な対応で、佐世保のカキは春先でも大丈夫だと説明を受けていたので安心して食べる事ができました。又、ノロウイルスの検査証もキチンと同封されていました。
味も濃厚で美味しかったです。
我が家では食べきれなかったので、別居している家族に分けたところ、皆、「久しぶりに美味しいカキを食べた」と喜んでいたので頼んで良かったと思います。

2017/06/23

長崎県佐世保市
黒豚ロールステーキ(10,000円)

やじま〜るさん

冷凍で届きました。
ロールステーキが10枚(各100g)とゆず酢だれ(10個)、塩こしょう(10個)がセットになっていました。このロールステーキは長崎豊味館という食肉加工品を専門に製造している会社のものです。

大きさは、手のひらに乗るくらいのサイズです。このロールステーキは、手巻き製法で作られているので、食べた時にふわっとした食感になるんだそうです。また、お肉は繊維が細かく柔らかい肉質の南九州産の黒豚を使用していて、それを1ミリ以下にスライスし、約60層に巻き上げられているとのことです。とても愛情と熱意のこもった商品なのです!

個包装のパッケージに焼き方が記載してあるので、解凍した後、その通りに焼きました。焼いている最中に形が崩れたりすることはありませんでした。焼けてくると徐々にお肉が膨らんできます。

実際に食べてみると、ナイフが必要ないくらい、ふわっと柔らかく、箸でも切り分けられます。豚の旨みがぎゅっとつまっていて、とても美味しかったです!

また、焼いてから時間がたち、冷めてしまっても、まだ柔らかくジューシーさが残っていました。むしろ、冷めたロールステーキと付属のゆず酢がめちゃくちゃ合うんです!なので、サラダの上に切り分けたロールステーキを乗せ、ゆず酢だれをかける、なんてのも絶対に美味しいと思います!
ゆず酢だれのファンになりそうなくらい、このゆず酢だれ美味しいです!

加工肉ですし、タレまでついているので、本当に簡単に美味しく食べることが出来ます。主婦にはとってもありがたいです。また頼みたいです!

2017/03/22

お問い合わせ先

佐世保市ふるさと納税推進課

0956-25-9077 0956-25-9077

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

佐世保市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
福岡県宗像市
茨城県大洗町
静岡県焼津市
長崎県佐世保市
ページ内のトップへもどる