ふるさと納税ニッポン!

map

長崎県佐世保市(させぼし)

厳選レビュー

長崎県佐世保市

伝統の高級陶磁器や本マグロ、返礼品でしか味わえない限定品。本土最西端から話題作が登場!

 本土最西端にして、長崎県北部最大の都市である佐世保市。“ひと育て”“まち育て”をまちづくりの両輪に、市民が元気で輝くまち“キラっ都”の実現を目指している。 「平成29年度は、ふるさと納税に約19億円の寄附金が寄せられ、医師確保事業や大型クルーズ船に対応する港の基盤整備事業など、さまざまな事業に活用させていただきました」と述べる佐世保市ふるさと納税推進課の瀬尾義昭さん。今年も500点以上の返礼品を掲載したカタログを作成し、これまで以上の応援をと意気込んでいる。  その中から、まずご紹介したいのが三川内焼だ。  400年ほど前、平戸藩御用窯として発達。技術の粋を極めた細工ものや茶道具などを作り、幕府や朝廷に献上品として納められてきた。「三川内焼は平戸藩のお殿様が狩野派の絵師を連れてきて原画を描かせ、それにならって絵付けをしたので、濃淡やぼかしを駆使した繊細な描写力で高い評価を得てきました。透かし彫りといった緻密な細工も得意としています」と、平戸松山窯の中里月度務さん。中里さんはそんな高度な技術力を継承する一方、近年は現代の生活スタイルに合わせ、青海波をモダンにアレンジした酒器や七寸鉢を打ち出している。  平成28年に文化庁の「日本遺産」にも認定された三川内焼。その魅力と精緻な技に、これから改めて注目が集まりそうだ。

詳細を見る

長崎県佐世保市

「どこにもない」絶品ぞろい!最高のとらふぐと高級干物。老舗「蜂の家」のレモンステーキ

 長崎県北部に位置する佐世保市は、明治期に海を守る拠点として「鎮守府」が置かれ、軍港の町として発展してきた歴史がある。特に208もの島が点在する九十九島は、入り組んだ独特の地形から敵の戦艦を寄せ付けない天然の要塞として称えられ、佐世保の誇りにもなっている。  そんな九十九島は、海の幸の宝庫として有名。特に「とらふぐ」の養殖が盛んで、長崎県においては養殖生産量全国1位の座を保っている。佐世保の養殖拠点は北九十九島。「ふぐ加工 」では、年間25~30トンの生産量があり、その出荷先は全国に渡り、地元での消費も拡大している。「九十九島は、潮の流れがとても穏やか。神経質なとらふぐの養殖にはうってつけなんです」と話すのは、とらふぐの養殖を20年以上前から行っている吉浦司さん。年間を通して養殖に適した水温、そして島々からミネラル豊富な栄養が流れ込み、魚にとってもいい環境。だから、プリプリとした弾力と噛むほどに上品な甘味が生まれる。その確かな味からリピーターが多く、返礼品が届くのに1ヵ月待ちは当たり前。「商品はふぐ調理師免許を持った職人が活〆したとらふぐを氷水で血抜きし、刺身用は筋肉の裏側にある毛細血管まで取り除きます」と司さん。もちろん冷凍ではなく、捌きたてをすぐに出荷、チルド状態で届けるため鮮度が全然違う。「北九十九島から届けるとらふぐは、天然にも負けない身の締まりと豊かな味を持っています」と司さんは目を輝かせる。

詳細を見る

長崎県佐世保市

大ブームの黒豚ロールステーキ
ハウステンボス宿泊券など
まちの「五つ星」が大集結!

 「平成28度年も26億円という大きな寄附をお寄せいただきました。『ふるさと納税ニッポン! クチコミアワード』で2位に選ばれたことについても感謝の気持ちでいっぱいです!」  と、お礼の言葉を重ねる佐世保市(させぼし)ふるさと納税推進課の下津浦千賀子(しもつうらちかこ)さんと亀井亮(かめいりょう)さん。「平成27年度にお寄せいただいた寄附金は、さっそく学校や観光施設、文化遺産の保存整備などの事業に活用させていただいています」と声を弾ませる。  佐世保市は、平成27年度の寄附額が前年度の約2000倍となる26億円を突破し、寄附額が全国6位にランクイン。一躍、注目を浴びた。「27年度は350品、28年度はネットの限定品や季節商品を合わせると約500品の返礼品を取り揃え、ご好評を得ることができました。今年度も同様に多くの返礼品をラインナップしています」と、返礼品がますます充実したことを同市の二人は力強くアピールする。  長崎県北部に位置し、「ハウステンボス」や「九十九島(くじゅうくしま)パールシーリゾート」といった魅力的な観光スポットを数多く抱える佐世保市。今年度もそんなまちをめいっぱい楽しめる宿泊券が好調だ。ハウステンボスのオフィシャルホテルをはじめ、建築家・黒川紀章(くろかわきしょう)氏プロデュースによる温泉宿、島の民宿など、まさに選り取り見取り!  そうしたレジャーのお供にぴったりなのが「大和製菓(やまとせいか)」の「スナック菓子10種の詰め合わせ」である。大和製菓といえば、長崎県民にはおなじみのソウルフード。食べ切りサイズで携帯しやすく、子どものおやつからお父さんのビールのつまみまで、幅広い人気を博している。返礼品ではバリデカ味カレーを筆頭に、佐世保バーガー味や辛子明太子味など、10種類ものスナック菓子がドーンと200袋も届くというから、この迫力と興奮、子どもたちはきっと大はしゃぎだろう。

詳細を見る

長崎県佐世保市

とりわけ人気の
長崎和牛サーロインステーキ
塩コショウだけで美味昇天!

 長崎県北部に位置する佐世保市は、県内で長崎市に次ぐ2番目の中核都市。三方を海に囲まれ、自衛隊や米軍基地の軍港があり、古くから造船業で栄えてきた港町だ。  市内には赤レンガの倉庫群や旧海軍時代に建てられた建物が残され、異国情緒が漂っている。起伏が激しい地形であるため、見晴らしの良い展望スポットがいくつもあり、市街地や大小合わせて208の島々からなる九十九島の絶景が楽しめる。  オランダの街を再現したハウステンボスには季節ごとの花々が咲き、夜になるとイルミネーションが見事。宿泊施設も充実しているので、泊まりがけでゆっくり過ごしたいスポットだ。見どころが充実した街には、国内各地はもちろん韓国や台湾などからも多くの観光客が訪れる。  新鮮な海の幸に恵まれているほか、佐世保バーガーやレモンステーキなどのご当地グルメも豊富。そんな同市の返礼品は、長崎和牛や海産物をはじめ、フルーツ、スイーツ、地酒、陶磁器、工芸品など450品目あまりに及ぶ。豪華なラインナップから選べるとあって人気は上々で、同市の2015年(平成27年)のふるさと納税による寄付金額は26億4800万円(総務省「ふるさと納税に関する現況調査結果」調べ)と、全国第6位にランクイン。寄付件数も金額も当初の想定を大幅に上回り、うれしい悲鳴が上がっているようだ。 「問い合わせをいただくのがありがたいですね。まだ全国的な地名度は高いとはいえない特産品も広く知ってもらい、佐世保のおいしいものを多くの人に届けられたらと思います」というのは同市ふるさと納税推進課、課長の山田哲也さん。その言葉には、地元の特産品を地域のアピールにつなげたいという意気込みが感じられる。

詳細を見る

長崎県佐世保市

「どんなご家族かな?」
「喜んでくれるかな?」って
想像しながら送り届けています

「年末は受話器を置くのが怖かったですね」と、苦笑まじりに語るのは、佐世保市ふるさと納税推進課の瀬尾義昭さん。2015年(平成27年)暮れ、同市には寄付が殺到し、朝から晩まで電話が鳴り止むことがなかったという。 「受話器を置く前に、今受けた申し出を整理しないといけません。そうしないと、どの寄付者の分を対応したか、たちまちわからなくなるんです」。  佐世保市がふるさと納税に本格参入したのは、2015年4月。返礼品点数の拡充、カタログの整備配布、ポイント制の導入。市の取り組みは、驚くべき早さで結果をもたらした。  2015年度の寄付額は、26億 4800万円弱。2014年(平成26年)度が135万円足らずだったというから大躍進だ。  12月のひと月で、15億9000万円弱の寄付があったというから驚き。12・1月は休日なし、朝から晩まで対応に追われた。ただ、瀬尾さんはつらいと思ったことはなかったという。 「私たちはこれまで、数々のPR活動を行ってきました。しかし、ふるさと納税のように、手ごたえのあるものは今までなかったのです」。  寄付を受け、返礼品を送り届ける。その一つ一つが佐世保に興味を持ってもらうための堅実な一歩となるのだ。しかし、なぜここまでの大躍進が可能だったのか。職員の熱意もさることながら、何より佐世保の物産や観光商品に特別な魅力があったからにほかならない。

詳細を見る

高評価の特典

最新のクチコミ

※カッコ内の金額は使用した寄付金額です

参考になった

長崎県佐世保市
凪ひものギフト 津田水産(10,000円)

ダンにゃんとヨメにゃんさん

8種類もの干物が入っており、また味付けも、みりんやワインなどバラエティーに富んでいて、どれも美味しくいただきました。

特に「ワイン仕込みさば」は絶品!

美味しい焼き方のリーフレットも入っており、上手に焼けました。

2018/07/04

参考になった

長崎県佐世保市
超お得なおまかせ干物セット(10,000円)

rontaさん

魚の干物が特典の自治体を探していたら佐世保市にお得感溢れる干物セットを見つけました! ひと月くらいで届いた佐世保の地魚はどれも美味しい!

2018/05/01

長崎県佐世保市
黒豚ロールステーキ(10,000円)

エルモさん

「ふるさと納税ニッポン」を見て、佐世保市の極上の黒豚ミルフィーユが食べたくなり、申込みました。
食べてみてビックリ!ミルフィーユになっているお肉の層から旨みが染み出てくるんです。ゆず酢ダレもたまらない!今まで食べたステーキとは全然違う美味しさに感動しました。
今回のふるさと納税をきっかけに、いつか佐世保に行ってみたいなぁと思いました。

2018/03/30

もっと見る

お問い合わせ先

佐世保市ふるさと納税推進課

0956-25-9077 0956-25-9077

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

佐世保市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる