ふるさと納税ニッポン!

map

長野県木祖村(きそむら)

長野県木祖村
2019冬

希少な木曽牛に、極上の日本酒「お六ろく櫛ぐし」は美髪をつくると評判

 長野県の山間に位置する人口約3000人の木祖村は、緑深い森林に樹齢数百年にも及ぶ木々が今なお残る場所である。木曽川の水が生まれる源流の地であることから「木祖(木曽の祖)」という名前が付いたのだとか。寄附金は、この木曽川の清流を守るための環境保全にも使われる。
 豊富な森林資源に恵まれた木祖村は、古くから木製品工業が盛んで、中でも「お六櫛」は長野県の伝統工芸品に指定され、多くの人に愛用されている。「お六櫛」は木曽薮原に江戸時代から伝わる梳櫛で、現在は木祖村の薮原で作成される木櫛がこの名で呼ばれる。薮原宿での木櫛作りは今から300年前の元禄・享保年間に始まり、1800年ころから「お六櫛」の呼び名で売られるようになった。職人が丹念に手で挽いた正真正銘の一点もの。使うほどに愛着がわきそうだ。
 ヒノキ、カラマツ、ブナなどの木材で作った木のおもちゃも、職人が作った木工芸品で、量産品ではなかなか出せない素朴な風合いと木目の美しさが際立つ。出産祝いや子どもへのプレゼントにおすすめ。
 また、木曽地域は長野県最大の子牛の産地でもある。県外に出荷され肥育された子牛は「飛騨牛」や「松阪牛」などになるが、そのまま成牛まで木曽地域で育てられたものは「木曽牛」となる。つまり、もとは同じ黒毛和牛種なのだ。希少な霜降り肉のとろけるような食感と、コク深い味わいをぜひ堪能してもらいたい。
 水がいい場所で造られる日本酒はおいしいものだが、木祖村で造られる地酒「木
曽路」はとりわけ美味である。返礼品の「木曽路 純米大吟醸 山田錦磨き35」は中でも一級品。穏やかな香りの奥に純米ならではのコクがあり、品のある味わいで、特別な日に大切な人とじっくり飲みたい。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

木祖村総務課

0264-36-2001 0264-36-2001

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

木祖村
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる