ふるさと納税ニッポン!

map

宮崎県日向市(ひゅうがし)

厳選レビュー

宮崎県日向市

こだわりの生産者が手塩にかけた極上のブランド牛「宮崎牛」は、そのおいしさに悶絶必至!

 宮崎県北部に位置する日向市は、温暖な気候で豊かな自然に恵まれた食の宝庫だ。その魅力が詰まった返礼品を紹介したい。  まずは、JA日向が手掛ける宮崎牛。「オール日向で作り上げた逸品です」と自信をのぞかせるのは、JA日向本店営農部畜産課の前田利幸さん。宮崎牛は、宮崎県内で生産肥育された黒毛和種で、A4以上の肉だけが認められるブランド牛肉。さらに日向産宮崎牛として認定されるには、より厳しい条件が設けられている。市内で生産肥育され、飼料は日向産の米粉を使用。そうして育てられた最上級A5ランクの牛肉のなかから、肉質や脂質を吟味し選ばれる。  このように厳選された日向産宮崎牛は、あっさりとした味わいながら、コク深い。「日向産の宮崎牛は全国的にも人気が高く、生産数の約7割が関西へ出荷されています」と前田さん。希少価値の高い日向産宮崎牛をぜひ味わってほしい。

詳細を見る

宮崎県日向市

細島港から速報
今が食べごろ特大「岩かき」
早く、早く、早く届けたい!

 宮崎県日向市は、日照時間が国内でもトップクラスの温暖な土地だ。同市は昔からサーフィンのメッカとして知られている。日向岬突端の馬ケ背など景勝地も多い。最近では日向岬南側の「願いが叶うクルスの海」がカップルや家族連れに大人気。十文字に裂けた断崖が十字架のように見えるのだ。また、漂泊の歌人・若山牧水の故郷でもある。日向市は、ふるさと納税にどのようなスタンスで取り組んでいるのだろうか?   県内には、ふるさと納税に積極的に挑戦し、大成果を上げている町がある。綾町や都城市などだ。 「日向が出遅れていたのは事実でした。綾町さんなどのがんばりは、私たちにも大きな刺激になりましたね。実際に綾町さんを訪ねて、取り組み方などを参考にさせていただいたりもしました」(日向市総合政策課・黒木孝亮さん)  しかし、市のふるさと納税への新たな取り組みは順調とはいえなかったらしい。「日向時間という言葉があるんですよ」と黒木さん。  この辺りの人たちは、のんびりで、時間にもルーズなところがあるという。何よりガツガツしていない。商売っ気がないのだ。市から話を持ちかけても、「なんでそんなにあくせく儲けなきゃいかんの?」という反応が業者や生産者から返ってくることも少なくない。日向は「ひむか」で日に向うの意。お日様がぽかぽかとあたたかいし、何もあわてる必要はないというところか。  同市のふるさと納税がようやく本格稼働し始めたのが2年前から。特産品を育てるところから始まった。  2013年(平成25年)に、わずか250万円弱だった寄付金額は、翌年度には、2億5000万円弱。翌々年度には、5億1000万円超えと2倍以上ジャンプアップする。ようやく歯車が噛み合い始めた。返礼品の品目も71品目まで増えてきた。そのなかでも、ぜひ注目しておきたいのが「細島岩かき」だ。

詳細を見る

高評価の特典

最新のクチコミ

※カッコ内の金額は使用した寄付金額です

宮崎県日向市
日向完熟マンゴー(10,000円)

ポールsaiko!さん

宮崎県といえばマンゴーです。
日向市のマンゴーは到着時点が食べごろ状態で発送されます。
美味しすぎてほっぺた落ちそうです。返礼品での果物代表だと思います。
オススメいたします。

2018/01/12

宮崎県日向市
日向完熟マンゴー(10,000円)

じゅんパパさん

とても大切に育てられたマンゴーというのが見てすぐにわかりました。
色も形も味も抜群です!
樹の上で完全に熟して、樹から落ちるまでネットの中で育てるそうです。
甘すぎるくらいに甘いです。
食べるのがもったいないくらいでした。

2017/09/04

もっと見る

お問い合わせ先

日向市ブランド推進課

0982-56-1630 0982-56-1630

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

日向市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる