ふるさとおせち葵

寄附金額
35,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
株式会社宇治田原製茶場
店舗名
株式会社宇治田原製茶場
特徴
  • 常温
関連カテゴリー

ふるさとおせち葵

今年の年始は家族で豪華なおせちを食べて一年の幸福を祈りましょう。
定番から人気の食材まで多彩に取り揃えました。お正月にふさわしい豪華な祝い膳を全22種でお手軽にお楽しみ下さい。(3人~5人前)1品、1品パックに入っているので、食べたい分だけ、お重やお皿に入れて食べれますので大変便利です。
晴れやかに新年を迎えられるよう願いを込めお茶のまち・京都宇治田原から、おめでたいお正月専用特別茶をセットでお届けします。

内容量:
パックおせち全22種・23袋入り(田作り25g、丹波黒黒豆80g、ふきのうま煮50g、里芋含め煮5個、たたきごぼう70g、にしん一口巻昆布100g、栗きんとん100g、味付しいたけ5枚、穂先竹の子5切、なます50g、宝喜子55g、鰆の柚庵焼3切、とりつくね48g、焼ほたて5個、やりいか姿煮3匹、豚の角煮80g、だし巻150g、手網こんにゃく5切、高野豆腐含め煮6切、祝海老5尾、あさりのうま煮60g、紫福豆(珈琲味)75g)・深蒸し煎茶100g

商品区分:
通常商品

注意書き:
※写真は盛り付け例です。
※器は商品に含まれません。
※写真の飾りは商品の飾りとは異なります。
※原料事情等によりお断りなく内容の一部を変更する事がございます。
※開封後は冷蔵庫に保管しお早めにお召し上がり下さい。
※商品コード: 56210194

宇治田原町(うじたわらちょう)のご紹介

「日本緑茶発祥の地」として知られる宇治田原町。江戸時代中期、宇治田原湯屋谷に住んでいた永谷宗円が青製煎茶製法を編み出し、同製法が日本緑茶製法の礎となったことが、その由来だ。今も茶文化はまちに息づいており、茶摘みや手もみ製茶を実際に体験することができる。
近年、同町で話題を呼んでいるのが、800年ほど前に創建されたといわれている正寿院。客殿にある猪目窓がSNS映えすると評判なのだ。なぜならば、災いを除き、福を招く意が込められている猪目窓とはハート型の窓だから――今日もSNSで「#正寿院」「#ハートのお寺」とタグ付けされて、紹介されている。
他にも、猿おみくじが人気の猿丸神社や、アウトドアを楽しめる末山・くつわ池自然公園など、見どころが多いまちだ。

宇治田原町の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

宇治田原町の特別コラム

特別コラムはまだありません。

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

Loading ...