ふるさと納税ニッポン!

map

高知県佐川町(さかわちょう)

高知県佐川町
2018夏

手摘みの完熟ブルーベリーとさかわの牛乳“ぢちち”が人気沸騰中

 「文教のまち」として独自の存在感を放つ佐川町。「日本の植物学の父」と呼ばれる牧野富太郎をはじめ、多くの逸材を輩出してきた。 
 同町は昼夜の寒暖差が大きい盆地に位置することから、果物の栽培に適した地域。近年、特に人気を集めているのがブルーベリーだ。一粒一粒を手摘みで収穫し、その後は急速冷凍。「凍らせることで完熟のおいしさを封じ込め、一年中楽しめるようにしています」と、島崎商事の専務・島㟢雅哉さんは語る。返礼品のリピート利用も増えており、南国土佐で育ったブルーベリーというレア性を喜ぶ人も多いようだ。
 ユニークなネーミングが印象的な吉本乳業の「さかわの地乳」も要チェック。地乳とは、地元に根付いた牛乳という意味。地酒や地鶏という言葉に通じる表現だ。佐川で育った乳牛を町産の飼料稲で育て、町内の工場で牛乳に加工している。「濃厚でおいしく、一度飲んだら忘れられないと言う方が少なくありませんね」とは、代表取締役の吉本剛さん。低温でじっくりと殺菌する製法もおいしさの理由の一つとのこと。
 高知で忘れてはいけないのは、やはり地酒。同町には400年以上続く蔵元「司牡丹酒造」があり、坂本龍馬にちなんだ銘柄をさまざまにそろえている。日本酒好きの期待にしっかり応えるその味わいをぜひ堪能していただきたい。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

佐川町総務課

0889-22-7700 0889-22-7700

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

佐川町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる