ふるさと納税ニッポン!

map

神奈川県三浦市(みうらし)

神奈川県三浦市
2018冬

王道の中トロから希少部位まで丸ごと楽しめる「三崎のマグロ」とおでんに最適な三浦大根

お得で人気の希少部位!目鉢マグロとカマ

 三浦半島の最南端に位置し、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた三浦市。東京から電車で約1時間の距離にあり、日帰り観光地として人気が高い。真っ先に立ち寄りたいのはだ。お目当ては「三崎のマグロ」。三崎漁港は、関東周辺の漁港で水揚げされた冷凍マグロが集まるマグロのメッカなのだ。まずは本マグロに舌鼓を打ちたい。「本マグロの脂ののった中トロと赤身のセットは『これぞマグロ!』という濃厚な味を存分に楽しめます」と、本マグロづくしを提供する丸福水産、代表取締役の青木淳一さん。
 小売りグループリーダーの加賀谷透さんは、冷凍マグロを美味しく食べる解凍方法を伝授してくれた。
 「冷凍のサクを塩水で洗ってキッチンペーパーで水気をふき取り、ジップロック等の袋に入れて、しっかりと密閉してください。氷水をたっぷり入れた水の中にマグロを入れた袋を沈ませ1〜2時間で解凍完了です」
 次は三崎漁港ならでは、希少部位に目を向けてみよう。目鉢マグロのハチノミ(頭の部分)とカマ(首の部分)の珍しいセットがラインナップしている。ハチノミは、1本のマグロから2つしか取れないため市場に出回ることはめったにないが、三崎漁港の産直センター『うらり』など市内では、お手ごろ価格で手に入る。
 「ハチノミは、さっぱりした味が特徴です。手軽に食べたい人は、半解凍してから、フライパンで周りを軽く焼いて、タタキ風にしてください。カマはキノコなどと一緒にホイル焼きにするとうまいですよ。同封のレシピを参考に料理してください」と話してくれたのは『うらり』内のマグロ専門店オーシャン・グロウ店長の反町文彦さんだ。

冬野菜の王様!甘くて大きい三浦大根

 三浦市の魅力は、マグロだけではない。豊かな自然が育んでくれた野菜や果物も見逃せない。三浦市で江戸時代から農業を続ける川島農園の川島義徳さん、恵美さん夫妻にお話を伺った。「私の農園では土にこだわった野菜作りをしています。4年前からは、市内の水産業者と連携して、マグロの加工時に出る身の切り落としを混ぜた肥料を利用する新しい試みを始めました。これが大成功。苗がしっかりと育ち、野菜の味がより濃厚になりました。『三浦旬の野菜セット』としても提供していますが大好評です」
 三崎のマグロの肥料を使った野菜を食べられるのは、唯一、川島農園だけ。これからのシーズン、どんな野菜がお勧めなのだろうか。
 「三浦の冬野菜といえば、何と言っても特産の三浦大根。12月から旬を迎えます。特徴は3キロほどもある大きさです。肉質は柔らかくおでん等、煮物に最適ですよ。他にもジャガイモやキャベツなど旬のものを送ります。発送前にはできるだけお客さんに連絡して、内容のご希望を聞くようにします」。
 冬には三浦大根を始めとした冬野菜、夏にはナスやトマトなど色鮮やかな夏野菜が届く。四季折々の三浦野菜のみずみずしさを堪能してほしい。
 三浦市がふるさと納税の返礼品制度を始めたのは、2010年(平成24年)。今年、ラインナップは200点を超え、寄附額も順調に増えている。政策部財政課の小林布美子さんは「三崎マグロや、三浦市特産の野菜、果物の他にも三浦の海を満喫できるマリンスポーツや三崎の魚を楽しめるランチセットもオススメです。たくさんの人に三浦市を訪れていただければ幸いです」と笑顔で語ってくれた。三崎漁港の他、三浦海岸や城ヶ島など海も山も見どころ満載の三浦市。ぜひ足を運んでみたい。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

三浦市政策部財政課

046-882-1111 046-882-1111

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

三浦市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる