茨城県富谷市(とみやし)

富谷市(とみやし)のご紹介

宮城県のほぼ中央部に位置する富谷市。江戸時代には奥州街道の宿場町として栄え、今も当時の風情を残している。令和3年5月にオープンした観光交流拠点施設「とみやど」で宿場町の歴史や文化を今に伝えている。
特産品のブルーベリーは、水田の転作として1983年から栽培が始まり、宮城県から「農薬不使用・化学肥料節減栽培農作物」として認証されている。また、2016年5月に三重県志摩市で開催された先進国首脳会議(G7伊勢志摩サミット)では、各国首脳へブルーベリージュースが振舞われるなど高い評価を受けている。

お知らせ

  • 富谷市からのお知らせはまだありません。

富谷市おすすめの品

お礼の品はまだありません。

富谷市の応援プロジェクト

応援プロジェクトはまだありません。

富谷市の総力取材記事

関連する記事をもっと見る

富谷市の特別コラム

特別コラムはまだありません。

富谷市のお礼の品のクチコミ

クチコミはまだありません。

Loading ...