ふるさと納税ニッポン!

map

北海道中標津町(なかしべつちょう)

北海道中標津町
2019冬

北海道の牛乳がたっぷり入ったジェラートのおいしさに感動!

 北海道の東部、根釧台地の中央に位置する中標津町。道東の空の玄関口・中標津空港から車で15分ほどの場所にある、標高270mの小高い丘「開陽台」の展望台からは、ぐるり330度、豊かに広がる牧場や丘陵、大きな曲線を描く地平線が望める。基幹産業は酪農で、全国第2位の生乳生産量を誇り、乳質も日本のトップクラスだ。
 そんな酪農王国イチオシの返礼品は、地元の新鮮な牛乳をたっぷり使った「シレトコファクトリー」の「北海道感動カップジェラート」だ。どのフレーバーもしっかりと牛乳の味が感じられ、濃厚で味わい深い。定番の「北海道ミルク」や甘酸っぱい「野いちご」、レアチーズケーキ風味の「クリームチーズ」など、フレーバーは全部で10種類。中でも、ミルクの甘みが際立つ塩ジェラート「知床のしお」は、まさに「感動」のおいしさ!
 「北海道産 干物セット7種」は、まずそのボリューム感に驚く。開きホッケや開きイカ、サンマやサバのみりん干しのほか、コマイや宗八カレイといった北海道ならではの魚も。宗八カレイは淡白なのに旨みたっぷり。干しコマイは軽く炙り、七味唐辛子を混ぜたマヨネーズを付ければ最高のお酒のおつまみになる。ぜひお試しあれ。
 畑作も盛んな中標津町。ジャガイモがどっさり20㎏分入った「北海道中標津町産ジャガイモ」も人気が高い。品種は、中標津のみで栽培・出荷される「伯爵」。正式な品種名はポテトチップスの原料としてよく使われている「ワセシロ」だが、中標津町で栽培され、でんぷん価15%以上で傷がつかないように丁寧に手拾いされたものだけが「伯爵」として出荷される。ホクホクでクセがないジャガイモなので、ポテトサラダ、フライドポテト、粉吹きいもにして食べるのがおすすめ。北海道名物「いももち」にして食べてもおいしい!

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

中標津町企画課

0153-73-3111 0153-73-3111

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

中標津町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる