北海道弟子屈町(てしかがちょう)

お礼の品コード:FG0007

140.極寒完熟マンゴー『摩周湖の夕日』2Lサイズ×2玉

寄附金額
30,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
ファームピープル㈱
自治体での管理番号
140
特徴
  • 常温
  • 別送
関連カテゴリー

140.極寒完熟マンゴー『摩周湖の夕日』2Lサイズ×2玉

南国フルーツのマンゴーを「弟子屈町」の温泉熱を利用し栽培しています。夏は30℃、冬はマイナス20℃以下の寒暖差の中で作られた完熟マンゴーは、その寒暖差により糖度が増し、みずみずしく独特の甘みが特徴です。極寒の弟子屈町でマンゴーを育てています。
マンゴーは一度寒くなり生存の危機感を持たなければ花は付けません。極寒の地で豊富な温泉熱を利用し、ビニールハウスで寒暖差を作り出し栽培しています。
弟子屈町で育てられたマンゴーを是非、ご賞味ください。

※予告なく募集を終了する場合があります。

内容量:
『摩周湖の夕日』2Lサイズ×2玉

商品区分:
通常商品

弟子屈町(てしかがちょう)のご紹介

弟子屈町は、北海道の東部にあって釧路川の最上流部に位置し、阿寒摩周国立公園の56%を占め、世界有数の透明度を誇る「摩周湖」、周囲の峠などから一望できる「屈斜路湖」、噴気口が間近に望める「硫黄山」などを有する自然豊かな農業と観光の町だ。
弟子屈町内の各地に点在する温泉も非常に豊富で、川湯温泉は『源泉100%かけ流し宣言』をしており、良質な温泉が楽しめる。「カヌー」や「摩周湖星紀行」をはじめとする「体験型観光」も盛んにおこなわれている。
また、古くから農業の町でもあり、「乳牛」や「肉牛」の生産、「小麦」「じゃがいも」「摩周そば」や「摩周メロン」をはじめとする農産物のほか、近年では、温泉熱を利用した「マンゴー」や「いちご」の生産など、幅広く農産品・加工品が生産されている。

弟子屈町の総力取材記事

総力取材記事はまだありません。

弟子屈町の特別コラム

特別コラムはまだありません。

ふるさと納税「果物・フルーツ」のランキング

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

Loading ...