ふるさと納税ニッポン!

map

北海道広尾町(ひろおちょう)

北海道広尾町
2018冬

金色のししゃもに巨大な熊がに、至極の木製品、そしてツリー。サンタの街から届く「本物」の品々

この場所だから獲れる最高品質のししゃも

 北海道十勝の最南端に位置する広尾町は、東に太平洋、西に日高山脈がそびえ立つ漁業の町である。様々な海産物が水揚げされるが、中でも漁獲高・品質ともに最も優れているのが、ししゃもだ。ししゃもは北海道の太平洋沿岸でしか獲れない大変希少な魚で、とりわけ広尾産のものは腹部に金色の筋が輝く。スーパーマーケットの食品売り場や居酒屋のメニューでよく見かける「子持ちししゃも(カラフトシシャモ)」とは、見た目も味も格が違う。
 「ししゃもは川の水にさらされると、脂がなくなり黒っぽくなってしまいます。広尾町には大きな川がなく、十勝や釧路の川に上る前に漁を行うので、たっぷり脂が乗ったやわらかいししゃもが獲れるんです」と、岡嶋水産の岡嶋秀司社長が教えてくれた。返礼品はお腹に卵がたっぷり入ったメスのししゃも。ご飯のおともに、お酒のつまみに、正真正銘・本物のししゃもをぜひ一度ご賞味あれ。
 広尾町の新たな特産品として注目されているのが、甲羅の直径10㎝以上、重さ800gオーバーと、超巨大サイズの毛ガニ「熊がに」だ。
 大きな体と太い足にぎっしり詰まった身っこ(カニの身を指す浜言葉)は甘くジューシーで食べごたえ十分。一度に獲れる量が極端に少ないため、東京の高級料亭など一部の場所にしか流通していないのだとか。水揚げ量が少なかった場合は返礼品の数も限られるので、申し込みはお早めに!

使えば使うほど愛着がわく上質な木の雑貨

 返礼品の中でじわじわと人気上昇中なのが、入手困難な十勝産オニクルミ材で作られた「クルミのカッティングボード」だ。まな板として使うのはもちろん、パンやチーズを乗せてそのまま食卓に並べてもおしゃれな一品。
 製作を手がけるのは、家具雑貨工房ki-kiruの斗沢誠さん。もとは趣味で木工を楽しんでいたが、5年前に勤めていた印刷会社を退職し、広尾町に移住。素材にこだわり、家具や雑貨を中心に木を切るところからデザイン・製作・販売まですべて自ら手がけている。
 「工房名の通り、常に木を切っているのが僕の仕事です。秋になったら立木を切って加工し、材料にならないものは薪に。伐採作業の手伝いをやることもあります。クルミのカッティングボードは、作っているときは同じように見えても、研磨してキレイに塗装していくうちに、一つ一つ違う表情がパッと表れてくるんです」と語る斗沢さんからは、並々ならぬ木へのこだわりと愛情が感じられた。

クリスマスに本物のツリーを飾る贅沢さを味わって

もうひとつ忘れてはいけないのが、「広尾サンタランド」である。昭和59年にノルウェー・オスロ市から日本唯一のサンタランドに認定され、毎年国内外に向けてクリスマスカードを届けるサンタメール事業や、イルミネーション点灯、全国へのツリー贈答など様々な活動を行っている。
 サンタランドからお届けする返礼品は、本物のクリスマスツリー。7年あまりの歳月をかけて、北海道の厳しい気候の中、種子から大切に育てられた。
 欧米では生きたツリーを飾るのが一般的だが、日本ではあまり馴染みがなく「植える場所がない」「育てる自信がない」という人も多いようだ。
 ご安心あれ。ご家庭でクリスマスを楽しんだ後、ツリーを広尾町に送り返す、というシステムも用意されているのである。送り返されたツリーは地元の子どもたちの手でサンタランド周辺に植樹され、大きく成長していく。
 豊かな自然がもたらす海産物と、こだわりをもって作られた特産品からは、このまちの魅力がひしひしと感じられる。町中がイルミネーションに輝く季節、ぜひ一度訪れてみてほしい。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

広尾町水産商工観光課

01558-2-0177 01558-2-0177

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

広尾町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる