ふるさと納税ニッポン!

map

北海道清水町(しみずちょう)

北海道清水町
2019冬

とろけるうまさの牛とろ丼やブラウンスイス牛のアイスなど十勝の食べ物はレベルが違う!

返礼品人気ナンバーワン! 十勝が誇る激ウマ牛とろ丼

 北海道十勝地方の西部に位置する清水町は、酪農・畜産が盛んな町である。まず紹介したいのが、十勝スロウフードの「牛とろ丼セット」だ。ホカホカご飯に凍ったままの牛とろフレークをのせ、専用タレをかけて食べると、ご飯の熱でちょうどいい具合に牛とろが溶けて、口の中でさらにとろける。生の牛肉が使われているが、牛肉の臭みはまったくなく、その味わいは他のどんな料理にも例えようがない。コク、旨み、後味、食後の満足感、すべてがパーフェクト! 何度でもリピートしたくなる味だ。おいしさの理由は、牛の飼育環境にあった。「ボーンフリーファーム」と名付けられた牧場では、牛にとってノンストレスな環境が整えられており、エサも安全かつ牛が健康的に育つものを与え、「家畜化」しない飼育を行っている。育て方への並々ならぬこだわりが作り出した絶品牛とろフレーク。ぜひ衝撃のおいしさを体験してほしい。
 日本に4000頭しかいない珍しい牛「ブラウンスイス牛」のコンビーフも要チェックだ。赤身肉にもかかわらず、オレイン酸の数値は黒毛和牛並み。つまり、和牛並みの旨みがある赤身ということ。料理に使ったり、卵と一緒にご飯に乗せて「コンビーフ卵かけご飯」にしたり、シンプルにおいしいので、どんな食べ方でも満足感が高い。
 また、常温で長期間保存ができ、栄養価が高いコンビーフは保存食としても注目が高まっている。防災グッズの一品に加えてみてはいかがだろうか。

肉の塊がドーン! と乗った十勝若牛のビーフカリー

 「北海道肉ソン大統領の肉デカビーフカリー」は、150gのステーキ肉が丸ごと1枚入ったレトルトカレー。ホルスタイン種の赤身牛肉「十勝若牛」を使用しており、十勝の広大な大地をイメージして、あえて肉を細かく切らず、そのまま入れている。独自の早期肥育技術で飼育された十勝若牛は、きめ細かくやわらかい肉質と、最大限に引き出された赤身肉本来の旨みが特徴。見た目と味、2回楽しませてくれるので、贈り物にもオススメだ。
 町内で湧き出る地下水で育てた清水旭山学園のトラウトサーモンも忘れてはいけない。川の流れを再現した、自然環境に近い生け簀で養殖しているため、魚がよく泳ぎ身がしっかりと引き締まっている。添加物を一切入れず、桜チップで燻しており、安心して食べられる点も嬉しい。このスモークサーモンとセットになっているのが、地元で人気の「ゆでとうもろこし」だ。有機自家圃場で有機栽培したとうもろこしを使用。昼と夜の寒暖差が大きく、実が糖分を貯め込むので、甘いとうもろこしができるのだとか。ほどよいやわらかさと、レンジで温めるだけで食べられる手軽さもありがたい。
 最後に紹介するのは、ブラウンスイス牛の生乳を使った十勝アルプス牧場(橋本牧場)のアイスクリームだ。ブラウンスイス牛の牛乳はタンパク質率が高く、濃厚でコクがありながら、後味はすっきり。特に「プレミアムアイス」は、生乳のおいしさが活きた上品な味。定番のバニラやホッとする味のあずきアイスなど、数種類を食べ比べてみて。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

清水町企画課

0156-62-2114 0156-62-2114

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

清水町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる