ふるさと納税ニッポン!

map

北海道雨竜町(うりゅうちょう)

北海道雨竜町
2018冬

清流で育まれた「うりゅう米」と純米酒「雨竜沼湿原」が秀逸

 2005年、山地湿原としては日本で初めてラムサール条約に登録された雨竜沼湿原を擁する雨竜町。登山道入り口の雨竜沼湿原ゲートパークにはキャンプ場や駐車場が整備され登山客をサポートしている。入山開始は例年6月頃。初夏から秋にかけてのピークシーズンには珍しい花々や豊かな自然を求めて多くの人が訪れる、北海道有数のトレッキングスポット。
 雨竜町では湿原の保全に積極的に取組んでいる。景色を一望する展望台や、木道の整備などの環境保全に寄附金を活用してほしいと多くの方から寄附が寄せられている。
 この湿原を抱く暑寒別岳から流れる清流で育まれた米がうりゅう米。「ななつぼし」と「ゆめぴりか」の二種を返礼品にラインアップしている。ななつぼしはあっさりと食べやすい口当たり。栽培量・消費量ともに北海道一位を誇る北海道民おなじみの味だ。ななつぼしにはうりゅう米と塩、だけを発酵させた「アラー!!カンタン」がセット。町民にはおなじみの漬物の素で、ペーストを材料にまぶすだけで本格的な麹漬けが楽しめる。漬物に、焼き魚に、幅広く使える万能調味料だ。
 ゆめぴりかは、粒の大きさ、炊き上がりの柔らかさに定評がある。でんぷんの一種であるアミロースを抑えて栽培し、弾力に富んだ食感を実現した。もっちりと甘みのある食感はおにぎりやお弁当にもおすすめ。最高峰の北海道米と評価が高い。
 どちらも米どころ雨竜町の逸品。9月末からは29年度産の新米が届く。
 雨竜沼湿原を訪れる観光客にお土産として人気なのが清酒「雨竜沼湿原」。創業明治39年の酒蔵が醸す純米酒はすっきりとのどごしのいい辛口。ラベルには美しい花が咲く湿原の夏の風景が描かれている。大自然の雨竜沼湿原を訪ねてみたくなる。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

雨竜町ふるさと寄附金事務局

050-3786-5506 050-3786-5506

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

雨竜町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる