ふるさと納税ニッポン!

map

北海道新十津川町(しんとつかわちょう)

北海道新十津川町
2019夏

採れたてをお届け! 高級メロンに高糖度トマト、旬の農作物の定期便も

 新十津川町は、明治22年に奈良県十津川村で起きた大水害の被災民が移り住んだまちである。以来、住民同士の交流は続き、2017年には新十津川町・十津川村・奈良県の三者で連携協定を結び、お互いの特産品の販売や観光PRを行っている。道内有数の穀倉地帯として知られ、石狩川の流れる肥沃な大地では、その恵みを受けた農作物が丁寧に育まれている。
 これからの季節に旬をむかえる味覚といえば、赤肉メロン「ノースランドレッドメロン」だ。なめらかな舌触りと、甘くてコクのある果肉が特徴で、贈答品としても人気の高級種。こちらを2玉と、メロンの果肉をふんだんに使用したひとくちサイズのメロンゼリーのセットは、リピーター続出の人気返礼品だ。ジューシーなメロンと、気軽に食べられるゼリー、どちらも暑い夏の日にひんやり冷やして存分に味わいたい。
 夏に食べたい野菜の代表格・トマトも注目の一品。「清野ファーム高糖度トマト」は、与える水を最小限に抑えることで、通常のトマト栽培では難しい7度以上の高糖度を実現した。口にした人は皆、まず果物のような甘さに驚き、それからずっしりと食べごたえのある果肉に満足感を覚える。こちらもメロン同様、リピーターが多い。
 同町では他にも、北海道米の最高峰といわれる「ゆめぴりか」や、甘くてやわらかいアスパラ、肉厚で旨みたっぷりのしいたけ、フルーツのように甘くて食べやすいミニトマト、美しい赤銅色のタマネギなど、さまざまな農作物が生産されている。それらをまとめて楽しめるのが「農産物年間定期便」だ。5月から翌年3月までの間に6回、6種の旬の農作物が届けられる。季節の移り変わりとともに新十津川町から届く野菜の便りは、開封するたびに驚きと嬉しい気持ちを感じられて楽しい。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

新十津川町総務課企画調整課グループ

0125-76-2131 0125-76-2131

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

新十津川町
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる