秋の味覚をふるさと納税で楽しみませんか?

秋の味覚をふるさと納税で楽しみませんか?

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、、、色々とありますが、やっぱり食欲の秋という人が一番多いのではないでしょうか?

 

夏は暑すぎて、冷たい飲み物やさっぱりした食べ物ばかりだったので、秋になり涼しくなると途端に食べ物がおいしく感じる気がします。

 

収穫のピークが来る農作物、脂がのった海産物、みんなが待ち焦がれている新米など、実りの秋は味覚の宝庫です。

 

ふるさと納税の返礼品にはそんな秋の味覚たちが大集合しています!

全国各地の選りすぐり秋の味覚を楽しみませんか?

 

 

・・・・・・・

 

まずは秋の味覚を代表する、橙色につやめく和歌山県湯浅町のフルーツたちを紹介。

 

平核無柿(ひらたねなしがき)は果汁が豊富で、果肉が硬すぎず柔らかすぎず程よい食感。柿本来の甘みが存分に味わえる人気の高い品種です。

日が経つごとに少しずつ柔らかくなり、甘みが増していく柿を楽しむことができます。

 

日本有数のブランドみかんである有田みかんは、甘みと酸味のバランスがよく、飽きがこない味です。毎日食べたくなるみかんが箱いっぱい届くのは嬉しいですね。

秋のフルーツとして梨も外せません。

秋田県男鹿市には様々な品種の梨があります。

個人的には糖度が高く甘くてジューシーな『南水』がイチオシです。

人気があり、発送期間が短いので、気になる方は早めの申し込みをお願いします。

 

 

同じく秋のフルーツとしてはいちじくもおススメです。

秋田県にかほ市には採れたてのいちじくを急速冷凍し、鮮度と甘みをぎゅっと閉じ込めたドライいちじくがあります。

そのままでも食べられますし、ヨーグルトやパン、お菓子作りの材料にも活用できます。

高知県室戸市のさつまいもは、水捌けのよい赤土で育ったおいしいきんとき芋です。

さつまいもの収穫は9月から始まりますが、収穫してから寝かせて熟成することで甘みが増すので、少し時間をおいて10月以降に食べるのがおススメです。

 

滋賀県高島市にある廃校を活用して栽培されたしいたけときくらげのセット

肉厚で味の広がりあるしいたけ、生本来の食感を楽しむ事ができるきくらげは、低カロリーで栄養価が高いので、食べすぎてしまう食欲の秋にはこんなヘルシー食材もありですね。

秋と言えば新米の季節!

お米は8~10月に収穫したものを1年かけて販売するのですが、その年の12月31日までに精米され、包装されたお米が新米とされています。

新米は、米自体に水分が多く含まれているため瑞々しくツヤツヤして、風味がよく粘り気もあります。

高知県室戸市の令和2年産の新米は、生産者直送でおいしく安全なお米が届きます。

 

次はわさびです。

1年中流通しているので特に旬はないわさびですが、晩秋から冬にかけて寒くなる時期に辛味と風味が増して、わさびらしいツンとしたおいしさをより感じられます。

静岡県西伊豆町の返礼品では、わさびとおろし金がセットになっているので、新鮮なおろしたてのわさびを思う存分楽しむことができます。

9~11月頃に産卵のために故郷の川に戻ってくる鮭。

この時期の鮭は「秋鮭」と呼ばれ、産卵前のため身が引き締まっており、適度に脂がのって、最高においしい状態です。

北海道網走市の返礼品の秋鮭は秘伝の醤油で味付けされたいくらもセットになっていて、

鮭を親子で味わうことができます。

 

鮭と同じく回遊魚のカツオは3~5月の初ガツオと、9~11月の戻りガツオと2回旬があります。

戻りガツオは餌をたっぶり食べて戻ってくるので、初ガツオに比べて脂肪の量がかなり増え、もっちりとしたトロのような食感が特徴です。

高知県芸西村のカツオのたたき、おススメの食べ方は本場高知流に塩のみでいただくと、カツオの旨みが引き立ちます。

秋の魚と言えばさんまを思い浮かべる人が多いと思います。

春に北上したサンマは夏にたくさん栄養を摂取し、9~10月頃には脂がのった状態で南下します。

北海道白糠町のさんま蒲焼は、そんな一番食べ頃のさんまだけを使い、ふっくらと焼き上げ、醤油ベースの甘ダレで味付けしています。

焼くだけじゃない、新しいさんまの味わい方を楽しんでくださいね。

 

 

次はししゃもです。

実はししゃもは世界でも北海道の太平洋沿岸にしか生息しない日本固有の貴重種で、一般に流通している「ししゃも」と呼ばれる魚の9割以上はキャペリン等の似た魚なんです。

北海道白糠町のししゃもの漁期は10月末からの僅か1ヵ月、それ以降は黒色化し見栄えが悪くなるので捕獲しないそう。

捕獲後はじっくり乾燥させて旨みを凝縮させます。

なかなか味わえない本物のししゃもをぜひ堪能してみてください。

秋が旬、というわけではないですが、涼しくなると途端に恋しくなるのが鍋です。

福岡県上毛町の博多若杉水炊きセットは、こってりしすぎないので、残暑残る秋でもぺろりと食べられます。

新鮮な鶏ガラを独自の技術で炊き出し、旨みが凝縮され雑味のない濃厚なコラーゲンスープ、ぷるぷるとした食感のジューシーな鶏もも肉、 「もも肉・むね肉」を黄金比率であわせたつくねのバランスが最高です。

 

 

最後はそばです。実はそばにも旬があります。

9~11月頃に収穫されたそばは「新そば」とよばれています。

そば自体は1年中食べることができますが、味も香りも豊かな秋そばはお米でいうところの新米のよう。

普段食べているものも、旬を意識してみると新しい発見があるものです。

高知県室戸市の海洋深層水の塩を使用した生麺のざるそばセットは、噛みしめるほどに清々しい香りが抜け、そばの旨みを感じられます。

さいごに

実りの秋は魅力的な食べ物が本当にたくさんあります。

旬のある食べ物は、旬の時期に食べることでよりおいしくいただくことができます。

 

ふるさと納税の返礼品は生産者さんから直送のものが多いので、採れたて作りたての味覚を新鮮でおいしく家でも味わえます。

ぜひふるさと納税で秋の味覚を楽しんでみてくださいね。

オススメのランキング

Loading ...