ふるさと納税ニッポン!

map

千葉県銚子市(ちょうしし)

千葉県銚子市
2018夏

大人気のお得な訳あり干物に、甘~いもぎたて生食トウモロコシ。話題沸騰中のサバ缶も登場!

ボリュームにびっくり!ドカンと届く訳あり干物

 関東地方の最東端にある銚子市。
 日本一の水揚げを誇る漁港を有する銚子市だけに、なんといっても魚や水産加工品の人気が高い。
「訳あり干物詰め合わせ」は魚のまち、銚子市で加工された魚の干物がどっさり13~15枚入る。届いた時には、そのボリュームに驚くに違いない。
「生産途中でアタマや尾が外れたもの、身が割れたり、左右の身が離れてしまったものなどが入っています」と話すのは、一政水産株式会社の佐藤学さんと神代典彦さん。
「材料の魚の品質や製造過程は正規品と全く同じ。銚子の干物の加工技術の高さには定評があります。厳しく衛生管理された工場で干物にしています」
干物は解凍してから焼くのがベスト。フィレはフライパンで、開きはグリルで焼くのがおすすめだ。内容はおまかせ。何が届くか楽しみにしてほしい。

一尾ずつ釣り上げる!ブランド魚「キンメダイ」

 銚子の魚の中でも、群を抜くブランド魚が「銚子つりきんめ」だ。銚子沖の豊かな漁場で手釣りされた、700g以上のものだけが「銚子つりきんめ」と呼ばれる。脂の乗りが抜群で、煮つけ、鮨と何でも美味いが「銚子つりきんめのしゃぶしゃぶ」は格別だ。
「しゃぶしゃぶにすると、適度に脂が落ちて身が締まります。凝縮された甘みがたまりません。きんめの脂は例えるなら、白身と赤身の中間。上品な旨みを感じてください。美味しくいただくコツは沸騰前の90度くらいでしゃぶしゃぶすること。箸から離さず5~6秒で十分。霜降り状態が食べ頃です」話してくれたのは、銚子プラザホテル板長の山﨑均さん。板長が丁寧に下ごしらえするきんめをぜひ食卓に。

自分で採ったトウモロコシを畑でガブリ!

 想い出に残る美味しい体験ができるのがへネリーファームの「畑でまるかじり!収穫体験 恵味とうもろこし10本」だ。代表の坂尾英彦さんが収穫方法や美味しいトウモロコシの見極め方をレクチャーしてくれる。
「収穫する恵味は甘くて皮が柔らかく、生でも美味しい品種。糖度はメロンに匹敵する18度前後です。畑は潮風を受けミネラルが豊富で、肥料は主に鶏糞と藁を発酵させて作る自作の堆肥を使います。甘くて安心なトウモロコシをぜひどうぞ」

サバの町ちょうしが誇る、メディアで人気爆発のサバ缶

 水揚げ量日本一を誇る銚子漁港。その6割をサバが占める。しかし今年早々、サバ事情に異変が起こった。テレビで特集が組まれ、サバ缶需要が急上昇。DHA、EPAが豊富なことや、缶詰にすれば長期保存が可能なこと、何より美味しさが人気の理由だ。
 銚子の老舗メーカー信田缶詰の「さば水煮缶」は主に銚子産のサバを原料とし、缶のなかにはぶつ切りにしたサバと塩水のみという潔さ。自信の表れといえよう。アッサリとした塩味にサバのだしが溶け込み身も骨もやわらかい。そのままでおかずの一品にもなる。
 銚子は言わずと知れた海のまち。これからも魅力を押し出していきたいと銚子市企画財政課の山田浩市さんが話してくれた。
「銚子の美味しいもののイメージを広げていきたいですね。納税者の方の目にとまるような、お得なもの、新しいものを開拓していきます」。まだまだ続く銚子市の魅力発信に注目だ。

特典

最新のクチコミ

この記事の特典に関するクチコミはまだありません。

お問い合わせ先

銚子市企画財政課

0570-666-532 0570-666-532

お申し込み時に「ふるさと納税ニッポン!」を見たとお伝えください。

銚子市
掲載情報は最新の情報でない場合がございます。
詳細は上記お問い合わせ先、または各自治体のホームページなどでご確認ください。
ページ内のトップへもどる