総力取材記事

コエドビール、うなぎ蒲焼、つけめんと、小江戸川越の美味が揃いぶみ

コエドビール、うなぎ蒲焼、つけめんと、小江戸川越の美味が揃いぶみ

古くから周辺地域における産業、経済、文化の中核として発展してきた川越。室町時代には、上杉持朝の命により、太田道真・道灌父子が河越城を築城。江戸時代には、北の城下町として栄え、蔵造りと呼ばれる建築様式の土蔵や商家が立ち並び、江戸情緒あふれる街並みを今に残す。

蔵造りの街並みが今も残る小江戸川越は、週末になると多くの観光客で賑わいを見せる

そんな川越市の返礼品には、発展を続けるまちの魅力が詰まっている。川越を代表する「コエドビール」もその一つ。協同商事コエドブルワリーでは、ビールの本場ドイツより醸造技術を継承、職人たちの手で丁寧にビールを造っている。もともと有機野菜を取り扱っていた協同商事が地元名産のさつまいもを使って、ビール造りに着手したのがはじまりだとか。日本の伝統色を冠した定番6種のうち、開発当初からある紅赤は川越産さつまいもを使用している。「小江戸川越のクラフトビール6種を飲み比べながら、お楽しみください」(同社・山口裕己さん)

(右から)上質麦芽と地元・川越産さつまいもを使用、芳醇な味わいの紅赤。香ばしさとまろやかさのバランスの取れた黒ビール、漆黒。鮮やかな苦みと香りが特徴の伽羅(きゃら)。果実を思わせる香りと優しい味わいを楽しめる、白。さわやかな飲み口でどんな料理にも合う、瑠璃(るり)。華やかな柑橘の香りとキレのある苦みを両立させた、毬花(まりはな)

1967年創業、川越を中心に埼玉県内に10店舗を構える大穀のうなぎ蒲焼も地元で人気の味。静岡県浜名湖や鹿児島県大隅地区などの養鰻場から、生きたままのうなぎを仕入れて、注文が入ってから職人がさばき、秘伝のたれにくぐらせて、紀州備長炭でふっくらと焼き上げる。

店内では、活うなぎを職人が一つひとつさばいて、秘伝のたれをつけ、紀州備長炭でふっくら焼き上げる

返礼品のうなぎ蒲焼は、「お店と同じ方法で調理し、細胞を壊さない特殊技術で瞬間凍結していますので、湯煎にかけるだけで焼きたてのおいしさが味わえます」と大穀の宮田義晴さんは話してくれた。

熱湯で3分30秒、湯煎するだけで、焼きたて・ふっくらのうなぎ蒲焼が味わえる

最後は、川越でつけめんといえば、頑者と言わしめるほど有名な絶品つけめんを紹介する。15時間以上、豚骨・鶏がらを煮込んだ濃厚スープに、和風だしを合わせたつけだれが、もちもち食感でコシある極太麺によく絡む。

濃厚ながらもサラッとしていてキレがあるつけだれと、もちもちしているけれどコシのある極太麺。毎日食べても飽きない味
「お店と同じ味が楽しめます」(頑者代表取締役 大橋さん)

「旨み濃厚だけど、くどくないつけだれと、追従を許さない極太麺をご堪能ください」(頑者代表取締役 大橋英貴さん)

川越市のお礼の品のクチコミ

埼玉県川越市

No.094 【ちふれグループ】綾花 スキンケア4品セットK / 化粧水 乳液 美容液 部分用ジェル状美容液 埼玉県(29,000円)

2022年9月26日 17:49

じじさん

丁度切らしそうだったのでこの機にふるさと納税をしました。すごくよかったです。

参考になった

埼玉県川越市

No.218 【国産ニホンウナギのみ使用】大穀のうなぎ蒲焼3袋、うなぎの骨唐揚げ1パックセット【要冷凍】 / 真空パック 紀州備長炭 特殊凍結 秘伝のたれ 埼玉県(21,000円)

2022年7月20日 11:47

nakoさん

ふっくらしていてとても美味しかったです。
また頼みたいです。

参考になった

自治体情報

埼玉県川越市(かわごえし)

こちらの自治体詳細

バックナンバー

ふるさと納税ニッポン!SNS
Loading ...