総力取材記事

佐渡金銀山の歴史を感じる無名異焼と朱鷺を守るお米、人気の生サラミも必見

佐渡金銀山の歴史を感じる無名異焼と朱鷺を守るお米、人気の生サラミも必見

V字に割れた山は、佐渡金銀山の中でも開発初期の採掘地とされる江戸時代の露頭掘り跡「道遊の割戸」

新潟県の沖合に浮かぶ日本で2番目に大きい離島・佐渡島。かつては10の市町村に分かれていたが、2004年に合併し、島の全域が佐さ渡ど市しとなった。古来より金が採れる「金の島」として知られ、江戸時代には世界有数の産出量を誇り、幕府の財政を支えた。金の生産技術にかかわる遺跡や鉱山集落跡などが現存しており、佐渡市ではこれらの文化遺産を後世に伝える貴重な財産と考え、世界遺産登録に向けて取り組みを進めている。

かつて東洋一の鉱石処理場と言われた「北沢浮遊選鉱場」

金銀山の歴史とともに受け継がれてきた伝統工芸が、鉱脈付近から採れる赤土「無名異」を使った「無名異焼」だ。酸化鉄を多く含む土を高温焼成するため、叩くと澄んだ金属音が鳴り、使うほどに光沢を増す。返礼品では人間国宝・伊藤赤水の窯元「赤水窯」のビアマグや伊藤赤水が手がける無名異焼「窯変」シリーズも出品。窯変とは焼いたときに炎が当たった部分が黒く変色する現象で、赤水はあえてこの黒を活かし、変色していない赤色部分の美しさを際立たせている。唯一無二の芸術作品をぜひご覧いただきたい。

佐渡産コシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」は、「生きものを育む農法」によって栽培していること、農薬・化学肥料を通常の半分以下に抑えることなど、5つの厳しい基準をクリアしたお米である。かつて佐渡に生息していた朱鷺の個体数増加・野生復帰を目指して13年前にスタートした認定制度で、現在では目標数を上回る朱鷺が定着しているという。認証米を食べて朱鷺が安心して暮らせる環境作りに協力しよう。

最後に紹介するのは人気の返礼品「へんじんもっこ」の生サラミ。EUの国際コンテストで金賞受賞経験を持つ逸品で、中でも「たまとろサラミ」は生肉のようにとろける食感と濃厚な味がたまらなくおいしい。一度食べたらやみつきになることは間違いない。

上品なデザインが魅力的な赤水窯の無名異焼。クリーミーな泡が立つので、いつものビールが何倍、何十倍もおいしく感じられる
「へんじんもっこ」とは佐渡の言葉で「頑固者」の意味。本場ドイツの味へのこだわりがうかがえる名前だ
おいしくて安心・安全な特別栽培米。返礼品では単品の他、2ヵ月、3ヵ月、半年、1年間の定期便も充実している

お礼の品の詳細

佐渡市のお礼の品のクチコミ

新潟県佐渡市

【6ヶ月定期便】食味鑑定コンクール金賞 新潟県佐渡産こしひかり 5kg(60,000円)

2022年7月21日 17:24

バルバルーさん

さすが新潟のお米という感じです。一粒一粒のきめ細やかさが素晴らしかったです。

参考になった

新潟県佐渡市

佐渡産コシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」(10,000円)

2022年7月13日 15:49

パーチさん

知人から佐渡のお米が美味しいと聞いたので、ふるさと納税で頼んでみました。
届いて直ぐに食べましたが、炊飯器を開けた瞬間のお米のキラキラ感が凄い、本当に美味しいお米でした。
リピートしようと思います!

参考になった

新潟県佐渡市

特選へんじんもっこソーセージセット(20,000円)

2017年1月20日 01:05

ΨあやΨさん

ふるさと納税のお礼の品で、特選へんじんもっこソーセージセット(新潟県佐渡市)をいただきました。
チョリソー(140g)2袋、ディベリッツィーナ(140g)2袋、あらびきウインナー(160g)2袋、焼きソーセージ(160g)2袋、たまとろサラミ(160g)1袋。

佐渡の方言でへんじんもっこは「頑固者」を指すそうで、こだわり職人が作った渾身のソーセージセットです。
ソーセージは5本ごとにパッキングされ、冷凍状態で届きます。
焼きソーセージをスキレットでしっかりめに焼いたところ、プリッとした食感がおいしかったです。

参考になった

自治体情報

新潟県佐渡市(さどし)

こちらの自治体詳細

バックナンバー

バックナンバー

Loading ...