ササニシキ 10kg 鯉のアラを堆肥に使用した「恋の舞」

寄附金額
11,000 円

お気に入りにする

共有する
事業者名
仁賀保有機農業研究会
店舗名
仁賀保有機農業研究会
特徴
  • 常温
関連カテゴリー

ササニシキ 10kg 鯉のアラを堆肥に使用した「恋の舞」

■本商品は、鯉のアラをぼかしにした堆肥を使用しております。元々、他のお米に比べてモチモチとした食感が少ないササニシキですが、甘み、旨味、さらに冷めても美味しいお米に仕上がっております。
■以前は日本を代表する銘柄であったササニシキですが、管理が大変なことなどから全国的に少ない品種となりました。当研究会では、趣向をこらしながら食味の向上と高温障害でも乳白米(食味が落ちたお米)が少ないお米作りを目指しております。今後も、皆さまのご自宅に美味しいお米をお届けできるよう頑張ってまいります。
※無くなり次第終了になります。お早目にお申込下さい。

内容量:
■秋田県産ササニシキ(精米)「恋の舞」
■10kg×1袋

商品区分:
通常商品

注意書き:
※画像はイメージです。
※直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
(保存は冷蔵保存をお勧め致します)
※商品コード: 56852618

にかほ市(にかほし)のご紹介

象潟や雨に西施がねぶの花――「東の松島、西の象潟」と並び称される秋田県象潟。同地を訪れ、松尾芭蕉が詠んだ句が冒頭のものだ。「雨にけぶる九十九島象潟。そんな中、雨にしおたれたねむの花は、まるで西施(楊貴妃や貂蝉と並ぶ中国の四大美女のひとり)の寝姿のようだ」。芭蕉も感嘆した象潟は秋田県にかほ市を代表する景勝地だ。
にかほ市は秋田県南西端に位置し、南に鳥海山、西に日本海を臨むまち。降雪量は比較的少なく、温暖な地域だ。九十九島、鳥海山以外にも、ブナの巨木が群生する中島台レクリエーションの森、鳥海山の北麓に広がる仁賀保高原など観光スポットも多い。電子部品・デバイスの製造業も盛んだが(TDKの創業者である齋藤憲三は同市の出身である)、農業・漁業も盛ん。特に、岩牡蠣は名物として広く知られている。

にかほ市の総力取材記事

総力取材記事はまだありません。

おすすめのお礼の品

この自治体のお礼の品

Loading ...