ふるさと納税ニッポン!

map

早わかり「ふるさと納税」入門

あなたにとって最もオトクな寄付金額は?

同じ収入でも 家族構成で違う

自己負担額2000円で、各地の特産品がもらえる「ふるさと納税制度」。

実は、この「ふるさと納税」自体は、寄付行為なので、無制限にいくらでもできます。

しかし、自己負担額2000円を除いた「寄付額の全額」を控除しようと思ったら、コツが必要です。

所得によって、寄付の控除額に上限があるのです。それを、ここでは「寄付目安額」といいます。

その一覧表が上にあります。自分がどこに当てはまるのか、ふるさと納税をする前に、チェックしておく必要があります。

この表を見ると、同じ収入でも、家族構成によって控除額がまったく違うということがわかると思います。

例えば、年収500万円のケースをみてみましょう。

「夫婦と子ども2人(高校生と大学生)」の場合、寄付目安額は2万9000円。「夫婦のみ」の場合は、4万8000円。そして、「単身者」の場合は5万9000円です。

つまり、寄付目安額は、配偶者控除や扶養控除といった、税制上のメリットをすでに受けている人は、その額が低く設定されています。要するに、たくさん税金を納めている人のほうが、得られるメリットが大きいのです。

下記の一覧表は、あくまでも目安です。実際には、医療費控除、住宅ローン控除などがある人の場合、記載されている額よりも少なくなります。そして、年によっても変わります。

より正確な数字を知りたいという人は、お住まいの自治体のふるさと納税を担当する課に、源泉徴収票や課税所得証明書を参考に、今年の扶養家族の有無などの情報を伝えて相談してみましょう。たいていは計算してもらえるはずです。インターネットのポータルサイト(下記)でも、簡単なシミュレーションができるので、活用してください。

自己負担金が2000円で済む
あなたの寄付目安金額
独身・共働き夫が会社員、妻が専業主婦
給与収入寄付目安額(自己負担額)寄付目安額(自己負担額)
300万円26,000円 (2,000円)19,000円 (2,000円)
350万円33,000円 (2,000円)25,000円 (2,000円)
400万円40,000円 (2,000円)33,000円 (2,000円)
450万円48,000円 (2,000円)40,000円 (2,000円)
500万円59,000円 (2,000円)48,000円 (2,000円)
550万円67,000円 (2,000円)59,000円 (2,000円)
600万円75,000円 (2,000円)67,000円 (2,000円)
650万円83,000円 (2,000円)75,000円 (2,000円)
700万円106,000円 (2,000円)84,000円 (2,000円)
750万円116,000円 (2,000円)107,000円 (2,000円)
800万円129,000円 (2,000円)119,000円 (2,000円)
850万円141,000円 (2,000円)132,000円 (2,000円)
900万円153,000円 (2,000円)144,000円 (2,000円)
950万円165,000円 (2,000円)156,000円 (2,000円)
1000万円177,000円 (2,000円)168,000円 (2,000円)
1100万円214,000円 (2,000円)195,000円 (2,000円)
1200万円242,000円 (2,000円)233,000円 (2,000円)
1300万円271,000円 (2,000円)261,000円 (2,000円)
1400万円353,000円 (2,000円)341,000円 (2,000円)
1500万円386,000円 (2,000円)375,000円 (2,000円)
夫が会社員、妻が専業主婦で
子ども2人(高校生と中学生以下)
夫が会社員、妻が専業主婦で
子ども2人(高校生と大学生)
給与収入寄付目安額(自己負担額)寄付目安額(自己負担額)
300万円11,000円 (2,000円)2,000円 (2,000円)
350万円17,000円 (2,000円)6,000円 (2,000円)
400万円25,000円 (2,000円)14,000円 (2,000円)
450万円32,000円 (2,000円)22,000円 (2,000円)
500万円40,000円 (2,000円)29,000円 (2,000円)
550万円48,000円 (2,000円)37,000円 (2,000円)
600万円59,000円 (2,000円)45,000円 (2,000円)
650万円67,000円 (2,000円)52,000円 (2,000円)
700万円76,000円 (2,000円)65,000円 (2,000円)
750万円85,000円 (2,000円)74,000円 (2,000円)
800万円110,000円 (2,000円)85,000円 (2,000円)
850万円122,000円 (2,000円)109,000円 (2,000円)
900万円134,000円 (2,000円)121,000円 (2,000円)
950万円146,000円 (2,000円)133,000円 (2,000円)
1000万円158,000円 (2,000円)145,000円 (2,000円)
1100万円186,000円 (2,000円)173,000円 (2,000円)
1200万円223,000円 (2,000円)200,000円 (2,000円)
1300万円251,000円 (2,000円)237,000円 (2,000円)
1400万円330,000円 (2,000円)266,000円 (2,000円)
1500万円363,000円 (2,000円)347,000円 (2,000円)

65歳以上の公的年金受給者で専業主婦の妻あり
年金収入寄付目安額(自己負担額)
100万円2,000円 (2,000円)
150万円2,000円 (2,000円)
200万円2,000円 (2,000円)
250万円8,000円 (2,000円)
300万円19,000円 (2,000円)
350万円28,000円 (2,000円)
400万円35,000円 (2,000円)
450万円44,000円 (2,000円)
500万円56,000円 (2,000円)

※社会保険料は年収を12分の1として計算し上限を反映、保険料控除は所得税の上限12万円、住民税の上限7万円として試算しています。
※公的年金受給者の妻の年金は、70歳未満で試算しています。
※表中に「夫が会社員で妻が専業主婦」とあるものは、男女を入れ替えても同じです。

監修/備順子(備順子税理士事務所)

計算に便利なインターネットサイト

株式会社さとふるが運営する、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」の控除シミュレーションが比較的簡単だ

さとふるトップ
さとふる

株式会社サイネックス運営のサイト「わが街ふるさと納税」でも寄付目安額がわかる

わが街ふるさと納税トップ
わが街ふるさと納税

株式会社トラストバンクが企画・運営する、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」では寄附金控除シミュレーション結果が会員マイページと連動し、自己負担2,000円であといくら寄附できるか一目瞭然!(会員登録した場合)
※会員登録しなくても、シミュレーションできます

ふるさとチョイストップ
ふるさとチョイス
ページ内のトップへもどる